ロシア戦勝記念日でプーチン大統領は何を発言する?ウクライナ侵攻の勝利宣言か?

ニュース
画像出典:yahoo.co.jp

ロシアの対ドイツ戦勝記念日の軍事パレードの総合リハーサルが、モスクワの「赤の広場」で約1万1千人が参加して、5月7日に行われました。

第2次世界大戦で旧ソ連がナチスドイツに勝利したことを祝うパレードは毎年5月9日に実施されています。

ロシア戦勝記念日でプーチン大統領は何を発言するのか調べました。

NATO首脳会議合意事項とは?ロシアに対しての制裁は?ウクライナ加入できるか?
2022年3月24日、NATO(北大西洋条約機構)の首脳会議がブリュッセルで開催され、ロシアに侵略されたウクライナへの支援およびロシアに対する経済制裁について協議しました。 24日にはG7、EUの首脳会議も行われ、いずれの会議にもウク...
ロシア日本に侵略開始か?北海道北方領土の攻撃か?日本近海どこを通過?
夕刊フジは、最近の記事で、ロシアが北方領土の不法占拠を続け、更に北海道を武力侵略する危険性について指摘しています。 プーチン大統領は2018年12月のモスクワ人権評議会で演説し「アイヌ民族をロシアの先住民族に認...
スポンサーリンク

ロシア戦勝記念日でプーチン大統領は何を発言する?

ロシアのプーチン大統領はウクライナ侵攻について「(ウクライナとベルラーシとロシアはひとつの民族であり)ウクライナで起きていることは間違いなく悲劇だが、ほかに選択肢はなかった」と侵攻の意義を以前から強調しています。

しかし、ひとつの民族であるウクライナ各地で、両手を後ろ手に縛られながらロシア軍に撃たれて死亡した人など、ロシアによる戦争犯罪が明るみになっています。

戦勝記念日は毎年5月9日に、第二次世界大戦で旧ソ連がナチスドイツに勝利したことを記念する行事です。

プーチン大統領が出席して演説を行います。

一部のマスコミは、プーチン大統領がウクライナに対して正式に宣戦布告を行い、国家総動員令を発令するのではと報道しています。しかし、ロシア政府は否定しています。

ロシアの独立系メディアが、連邦保安局の統計として、ウクライナ侵攻後にロシアから国外に出た人が388万人になったというデータを報じました。

統計によると、今年1月から3月にかけて、観光なども含みますが、ロシアから388万人が国外へ出国しました。

旧ソ連構成国への渡航が急増し、ジョージアへ3万8千人で去年の4.5倍、アルメニアへ13万4千人で去年の3倍になっています。

ウクライナ侵攻をめぐり、プーチン政権との意見の相違などから「国外脱出」するロシア人が増えています。国家総動員令の発令があれば、兵役につきたくない人の「国外脱出」が増える心配があります。

ウクライナに侵攻するロシア軍兵士の中に、位置情報を使ってマッチングされた男女がチャットする出会い系アプリ「ティンダー」に興ずる者が出ています。ロシア兵の中で、士気の低下がみられます。

ウクライナの国際政治学者アンドリー・グレンコ氏は「元々、外国を侵攻する軍隊が自国を守る軍隊より士気が低いのは一般的なことです。征服する側の軍隊は守りの軍隊より3-4倍の軍がないと勝てません。さらに、今回は戦うための目的意識がないロシア兵が多いと思います」とロシア兵の士気低下の理由を説明しています。

さらにグレンコ氏は「なぜウクライナに派兵されたか分からない兵士も多いようです。それに加え、長引く戦争により物資や食料不足になっているので、中には一刻も早く戦地から抜け出したい、遊びに行きたい兵士もいるのはないでしょうか」とロシア兵が出会い系アプリ「ティンダー」に興ずる理由を解説します。

プーチン大統領が宣戦布告しても、ロシア国民が士気をあげてウクライナへ喜んで戦争に行くのか不明な状況です。

スポンサーリンク

ウクライナ侵攻の勝利宣言か?

ウクライナのデニセンコ内相顧問は、5月9日の旧ソ連によるナチスドイツ戦勝記念日に、プーチン大統領が、東部ドネツク、ルガンスク2州を含む実効支配地域の「併合」に言及する可能性があると話しています。

米国ニューヨーク・ポスト紙によると、「プーチン大統領は医師から、がんの手術を受けなければならないと宣告された」と伝えています。英国デーリー・メール紙なども同様の報道をしています。

手術中はKGB出身の元ロシア連邦保安庁長官のニコライ・パトルシェフ氏が指揮権をとります。

期間は2・3日間ですが、ニコライ氏はプーチン大統領より狡猾で陰湿な人物と言われ、戦争が激しくなることが予想されています。

プーチン大統領は、胃がんで手術する予定です。パーキンソン病、甲状腺がんなどの病気の可能性もささやかれています。

5月6日、ウクライナ軍参謀本部は東部ハルキウの郊外で4つの集落をロシア軍から奪還したと発表しました。米政策研究機関「戦争研究所」は「(ウクライナ軍がハルキウで)局所的ではなく、より広範な反撃に転じている」と分析しました。東部での攻防が激しくなっています。

5月9日のプーチン大統領の演説で、ウクライナ軍が善戦している状態で勝利宣言ができるのか注目されています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は5月9日の旧ソ連のナチスドイツ戦勝記念日を迎えて、プーチン大統領の発言について予測しました。プーチン大統領は、胃がんの手術が控えています。

戦争宣言や勝利宣言をしたいと思っていても、ウクライナの反撃が激しい現状において何を語るのか注目されています。

ロシアのウクライナ侵攻が早期に終わることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました