ロシア国家総動員令や戦争宣言は近い?プーチンは発令するのか?

ニュース
画像出典:yahoo.co.jp

ロシアのプーチン大統領は、5月9日の対独戦勝記念日の式典で演説し、ロシア軍がウクライナで祖国を守るため戦っていると演説しました。

首都モスクワの赤に広場でプーチン大統領は、ロシア軍はウクライナでナチズムと戦いを続けていると語りました。

次に、ロシアの国家総動員令や戦争宣言について調べました。

ロシア日本に侵略開始か?北海道北方領土の攻撃か?日本近海どこを通過?
夕刊フジは、最近の記事で、ロシアが北方領土の不法占拠を続け、更に北海道を武力侵略する危険性について指摘しています。 プーチン大統領は2018年12月のモスクワ人権評議会で演説し「アイヌ民族をロシアの先住民族に認...
スポンサーリンク

ロシア国家総動員令や戦争宣言は近い?

プーチンは「ロシア領内にいるロシア系住民を守るために、特別軍事作戦を行っている」と言いました。5月9日の対独戦勝記念日の演説で、プーチン大統領は“戦争宣言”を行いませんでした。

プーチン大統領が“戦争宣言”すると、ロシア国内の予備役や民間企業などを国家総動員して、戦争に突入することになります。

特別軍事作戦の間はロシアの一般国民は戦争に行きませんが、戦争に突入すると一般国民も徴兵されて戦争に行くようになります。

“戦争宣言”すると、徴兵されるロシア国民に反発が広がります。また今までの特別軍事作戦がうまくいっていないことを明らかにすることになります。

ロシア国内の一部のメディアや討論番組で「欧米との戦争」という言葉が使われつつあり、戦争に対する国内世論作りを始めています。

ロシアは5月9日以降、ウクライナ東部2州を完全制圧するまで侵略を続けます。南東部全体の支配地域の拡大を目指し、支配地域をロシア化したあと住民投票をへてロシアへ編入することを考えています。

マリウポリでは完全制圧を目指して攻撃を続けています。同時に、標識をウクライナ語からロシア語へ付け替えました。

親ロシア派武装勢力「ドネツク人民共和国」は、「標識の交換作業は
解放された地域で今後も続けられる」と発表しました。

ウクライナの東部ドンバス地方で支配拡大を目指すロシア軍とウクライナ軍の攻防が続いています。

英国情報筋は「ロシア軍の(難点だった)長い補給線は短縮されたが、肝心の軍事物資の不足が一段と深刻化している」と指摘しています。

ウクライナ国境付近のロシア西部で4月以降、補給用の燃料貯蔵所や国防関連施設などで爆発や火災が相次いでいます。

爆発などが少なくとも19件に上り、ウクライナによる破壊工作の可能性が指摘されています。

ロシアは対ロ経済制裁の影響で、電子部品の調達ができず、精密誘導兵器の部品補充にも影響が出ています。

米国防総省高官によると、ウクライナ東部のドンバス地域で攻撃を続けるロシア軍の一部の中級将校が指揮官の命令に反抗していると明らかにしました。

ロシア軍の士気低下が、幹部級にまで広がっていると語っています。

命令に従わず移動を拒否したり、命令に迅速に反応しない事例が複数見られたと述べています。

ロシア軍のウクライナ東部への補充は、兵士および武器の両方で滞っています。

スポンサーリンク

プーチンは発令するのか?

モスクワで行われた対独戦勝記念式典で、プーチン大統領はウクライナ侵攻について「ドンバスのロシア軍や民兵は祖国の将来のため、ナチスの場所をなくすために戦っている」「去年12月に安全保障システムを築くことを提案したが、NATOは聞き入れなかった」と述べました。

ロシア情勢に詳しい軍事アナリスト・小泉悠氏はプーチンの演説について「勝利宣言、戦争宣言、核使用示唆する発言がまったくありませんでした。中身は、軍事侵攻の正当化、国民への理解、欧米への批判に終始するものでした。これまで語ってきた内容と差がないと思います」と語りました。

プーチンは、演説の中で犠牲になった兵士に対して哀悼の意を表明しました。今後、ウクライナ侵攻で亡くなったロシア軍兵士の数が明らかになると、反戦ムードがロシア国内で高まる可能性があります。

犠牲者への補償を手厚くすることで国民の反戦ムードを抑えようとしています。

プーチン大統領が勝利宣言、戦争宣言をしなかったのは、ウクライナ東部でロシア軍が後退していて、軍事的に勝っていると言えないためです。

プーチン大統領は、特別軍事作戦を、これまで通り継続すると言われています。今回のプーチン大統領の演説は、戦時モードに切り替えず、国民の負担がない特別軍事作戦を継続するためです。

ロシアは東部ハリコフ州のロシア占領地域で病院の空きベッドを増やし、追加の野戦病院を建設しています。ウクライナに隣接するロシア西部のロストフナドヌーの軍病院へ遺体の保冷設備を搬入しました。

5月9日の対独戦勝記念日を終えて、ロシア軍はウクライナへ大規模攻勢をかけるつもりです。ロシア軍は、東部ドネツク、ルガンスク、南部へルソンを完全制圧し、2014年に併合した南部クリミア半島と陸路で結ぶことを計画しています。

6月には、ウクライナへの欧米から支援された武器が揃います。それから本格的にウクライナの反撃が始まります。欧米の最新武器が使われるようになると、ロシア軍が追い詰められることが予想されます。

追い詰められたときに、プーチンが何を出すのか注目されています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、5月9日の旧ソ連の対独戦勝記念日のプーチン大統領の演説について調べました。戦争宣言、勝利宣言などはありませんでした。

今後、ウクライナ侵攻の犠牲になったロシア軍兵士の死体がロシアへ帰ってくると反戦ムードが高まる可能性があり、戦争宣言をすることができませんでした。

ロシアのウクライナ侵攻が終わることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました