ダチョウ倶楽部上島竜兵死亡理由は?なぜ自害?真相真実は?太田プロダクション

ニュース

5月11日未明、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが亡くなったことが分かりました。61歳でした。

所属事務所によると、家族が上島さんが首をつっているのを発見しました。警視庁関係者は自殺だと話しています。

ダチョウ倶楽部上島竜兵死亡理由を調べました。

スポンサーリンク

ダチョウ倶楽部上島竜兵死亡理由は?なぜ自害?真相真実は?

ダチョウ倶楽部上島竜兵さんの死亡は、あまりにも突然であったため芸能界を始め一般の人も深く悲しんでいます。

太田プロは公式サイトで「弊社所属のダチョウ倶楽部・上島竜兵が本日未明自宅で倒れているところを家族に発見され、病院へ搬送されましたがその後死亡が確認されました」と経緯を説明しています。

4月25日には、ダチョウ倶楽部のイベントが行われ、元気な姿を見せていました。ここ最近は、ドラマにも出演し、俳優として際立ったキャラを見せていました。

上島竜兵さんが自殺したのは、借金があったからではないかと言われます。多額の借金に、コロナで仕事が激減したのが追い打ちをかけたと言われます。

しかし、借金があったとしても、61歳という若さと最近俳優として活躍していて返せない金額でないので、理由とは考えられません。

2022年3月まで日本テレビ系連続ドラマ「真犯人フラグ」に謎の男・強羅誠役で出演しました。現在放送中のフジテレビ系ドラマ「やんごとなき一族」に出演しています。

上島竜兵さんがレギュラー出演中のドラマ「恋に無駄口」の漫画原作者・福山リョウコさんが「上島さん演じる守見さんはドラマのそこかしこに花を添えてくださいました。心よりお悔やみ申し上げます」と悼んでいます。

コロナ禍で、仕事に行き詰っていたのではと言う人もいます。

コロナ禍での仕事の変化について、上島竜平さんは「やってることが熱湯風呂とか熱々おでんを食べたり、番組によっては筒を作ってもらってそれにおでんを通して長い箸でやるっていうんですけど、口に通すまでにちょうどいい温度になっちゃうんですよね。けんかしてチューができないからね。もうこんなの俺としては商売あがったりですよね」と苦労していました。

コロナ禍でテレビの仕事の内容が変わってきて、コメンテーターの仕事が増えていますが、上島竜兵さんの出演するようなお笑い番組が減っています。

志村けんさんが、コロナで亡くなったのも大きな理由と考えられます。上島竜兵さんと志村けんさんは子弟を通り越して、兄弟みたいな関係でした。

志村けんさんが2020年3月29日に亡くなってから2年経って、悲しみが急に襲ってきたのかもしれません。

志村けんさんという大きな存在がなくなって、相談できる人がいなくなったのもひとつの理由と考えられます。

上島竜兵さんは、志村けんさんが亡くなったときにブログで「プライベート、仕事に本当にお世話になりました。志村さんがいらっしゃったので今のダチョウ倶楽部があるのだと思います。いろいろなコントを共演させて頂きありがとうございました」と感謝しています。

2021年1月のラジオで、上島竜兵さんが志村さんに言及し「やっぱりショックでしたね。1人でお酒を飲んでいても、ふと志村さんを思い出して涙ぐんだりするときがあるんです」と胸の内を語っていました。

テレビ局の関係者は「上島さんにとって、長年かわいがってもらった志村さんが亡くなったのはとてもショッキングだったと思いますし、定期的に行われていた志村さんとの食事会もなくなってしまった。竜兵会の後輩タレントにも既婚者が増えていたし、コロナ禍が追い打ちをかけ、自然と機会が減っていった。仲間たちとの集まりが激減してしまったのは、やはり大きかったのではないでしょうか」と上島竜平さんが自殺した理由を語っています。

上島竜兵さんのプロフィール

上島竜兵さんは本名:上島龍平、1961年1月20日-2022年5月11日、兵庫県丹波市春日町に生まれ、神戸市垂水区・神戸市北区で育ち、神戸市立鈴蘭台中学校、神戸村野工業高等学校卒業、太田プロ所属のお笑いタレント、ダチョウ倶楽部の大ボケ担当です。リアクション芸人と呼ばれました。

俳優志望で、青年座研究所、テアトル・エコー附属養成所に在籍したことがあります。

テアトル・エコー附属養成所の同期の寺門ジモンに誘われて、渡辺正行さんに会い、お笑いを目指しました。

1980年に上島竜兵、肥後克広、寺門ジモン、南部寅弾の4人で「ダチョウ倶楽部」を結成しました。1985年に、太田プロに所属しました。

1987年にリーダー南部寅弾が脱退し、肥後克広がリーダーになりました。1992年から日本テレビ系「スーパージョッキー」にレギュラー出演しました。

「スーパージョッキー」の中で、熱湯風呂のリアクション芸を確立し、人気者になりました。「聞いてないよォ」(93年の流行語大賞大衆部門・銀賞)「ヤー!」「ムッシュムラムラ」などのギャグで人気を博しました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、61歳という若さで死去した上島竜兵さんについて調べました。

コロナ禍で仕事ができないことや志村けんさんが亡くなったことが引き金になって死去したと思われます。

上島竜兵さんのご冥福をお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました