映画版映像研には手を出すな 撮影ロケ地はどこ?主題歌はなに?

映画

大人気女性アイドルグループの乃木坂46、可愛いですよね。その清楚で可憐なビジュアルからは想像できないキレキレのダンスパフォーマンスはもちろん、美しいお顔があれだけ大人数で並ぶと圧巻で、男女問わずファンの方は多いのではないでしょうか。

そんな乃木坂46の人気メンバーたちが出演している映画『映像研には手を出すな!』が2020年9月25日に公開となります。4月に深夜ドラマとして放送していた同作が映画になって帰ってくるとあって期待している方も多いはず。そんな映画版『映像研には手を出すな!』について調べてみました。

原作のアニメ「映像研には手を出すな!」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐ視聴無料お試し!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

映画版映像研には手を出すな 撮影ロケ地はどこ?いつ撮影?

まずは『映像研には手を出すな!』について簡単にご説明させていただきます。

『映像研には手を出すな!』は「月刊!スピリッツ」で2016年より連載されている人気漫画です。3人の女子高生を主人公とし、個性豊かで性格もバラバラの3人が「映像研」を立ち上げアニメ制作活動をしていくというもので、アニメで「最強の世界」を作るべく3人が奮闘していく姿を追います。

そのかつてないストーリーは話題となり、作者の大童澄瞳さんにとって初めての漫画連載作品にも関わらず2020年1月にはNHK総合にてアニメ化しました。

そんな『映像研には手を出すな!』の実写化となる今作ではドラマ版に引き続き乃木坂46のメンバーたちが主人公3人を演じています。

人付き合いが苦手で小心者でありながら天才監督でもある浅草みどりを齋藤飛鳥さん、浅草の中学からの親友でお金に目がないプロデューサーの金森さやかを梅澤美波さん、カリスマ読者モデルでありながらアニメーターの夢を追いかける水崎ツバメを山下美月さんが演じます。

そんな乃木坂46人気メンバーの彼女たちが訪れたロケ地、気になりますよね。今回の映画『映像研には手を出すな!』は本来2020年5月15日に公開予定だったものが新型コロナウイルス感染拡大の影響により後ろ倒しになったもので、4月に放送のドラマはその公開に先駆けてのものでした。

そのため、おそらくですが放送時期が映画公開時期と近い予定であったドラマ版と映画版の撮影はほぼ同時期に同じ場所で撮影していたのだと思われます。映画はまだ公開前ですが、ドラマのロケ地はその多くが明らかになっています。

主に関東近郊で撮影していたようで、東京都内だと洗足池や晴海埠頭公園など、茨城県内では茨城県庁旧庁舎や稲敷郡美浦村にある廃工場などでロケが行われていたようです。その他にも群馬県の臨江閣や群馬大学工学部、栃木県の株式会社トチセンや岩舟山採石場跡、千葉県の千葉都市モノレール千城台駅・桜木駅、埼玉県の深谷市リトルリーググラウンド、神奈川県の恩廻公園調節池などなど、非常にたくさんの場所で撮影されていたことが分かります。

撮影時期に関しましてはエキストラの募集記事などを見る限り、2019年10月~2020年1月にかけて行われていたようです。作中では長袖の制服姿であることが多いので、季節的にちょうど良い撮影時期だったかもしれませんね。

主題歌は 劇中歌は何?

主演を務めるのが乃木坂46の人気メンバーということもあって、映画の主題歌や劇中歌について気になっている方も多いのではないでしょうか。

乃木坂46といえば、秋元康さんのプロデュースで「AKB48の公式ライバル」として2011年にデビューしてから数々の楽曲を発表してきました。AKB48グループとは違い専用劇場を持たず、選抜総選挙にも参加していない彼女たちですが、その人気は高く、日本レコード大賞を2年連続で受賞し大賞連覇の偉業を成し遂げるなど、その活躍ぶりは凄まじいものがあります。

乃木坂46のあまりに高い人気から、後に「坂道シリーズ」として欅坂46や日向坂46なども誕生していきました。今やそのファン層は男性だけでなく、若い女性たちの憧れともなっています。

ちなみになぜ「坂道シリーズ」は「48」ではなく「46」なのかというと、「ライバルであるAKB48よりも人数が少なくても負けない」という意気込みを込めて秋元さんが命名したのだとか。そこまで見通していたとは、さすが名プロデューサーですね。

では映画『映像研には手を出すな!』の主題歌はやはり彼女たちの楽曲になるのでしょうか?

調べてみると映画の主題歌に関してはすでにドラマ版放送前に発表されており、乃木坂46の楽曲『ファンタスティック三色パン』であるとのことです。こちらの楽曲は2020年3月25日発売の乃木坂46 25thシングル『しあわせの保護色』通常版に収録されています。

『ファンタスティック三色パン』は映画『映像研には手を出すな!』の主題歌であることが発表される前から、歌唱メンバーとして齋藤飛鳥さん・梅澤美波さん・山下美月さんの名前が発表されていたため、ファンの間では主題歌ではないか?と噂されていたようですね。

劇中歌の存在については、映画公開前ということもあってかその有無すら明らかにはなっていませんでした。

もしかしたら乃木坂46の別の楽曲であったり、ドラマ版の主題歌である『Heavenly ideas』を歌っている4人組ロックバンドのThinking Dogsの楽曲が使われるという可能性はありますが、予想の範囲でしかありません。映画公開を楽しみに待ちましょう。

まとめ

『映像研には手を出すな!』の見どころといえば、やはり個性豊かな3人のメインキャラクター達です。電撃3人娘と称される彼女たちのくるくる変わる表情やその熱量を齋藤さん・梅澤さん・山下さんの3人がスクリーンでどう演じてくれるのか、今から楽しみですね。

映画の公式サイトでも、あらゆる技術を総動員した「エンターテインメント超大作」と銘打っているので期待値は高まります。果たして3人の目指す「最強の世界」は実現できるのか、映画も見逃せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました