七つの魔剣が支配する最新第14話あらすじネタバレ情報?

漫画

今回みなさんにご紹介するのは、月刊少年エースAで連載中の『七つの魔剣が支配する』です。原作は宇野朴人さん。漫画はえすのサカエさん。キャラクター原案はミユキルリアさんです。

さておき、以下からネタバレ等していきますね。まだ見ていないよ!という方は、書店やネットで漫画をご覧下さい^^

【七つの魔剣が支配する 最新話 第14話あらすじ?】

最新話はエースA10月号 「第14話 エピローグⅠ」です。

腕が切り落とされ、魔剣が発動したが隠すことにしたオリバー。カティを助けてシーンが変わりました。

カティは目を覚まし、今までのことをオリバーから聞きます。カティの予想外の成果を目にしたミリガン先輩が黒幕だったことを告げられたが、悲しい表情ではなく、良い結果だね。と言います。

感謝の気持ちということで、オリバーの頬にキスをします。カティが空元気?な姿をみたオリバーは眼から涙を流します。この事件はこれで終わったのだ・・・

一週間後深夜、迷宮深層のシーンになり、オリバーたちが入学する直前に魔に呑まれた生徒の工房に来るため、錬金術教師のダリウスと魔獣を倒しに来ました。その工房には「門」が開いたまま残っていた。

そのときに、オリバーがダリウスに話しかけます。先日の事件の話をしだしました。先生もミリガン先輩に手を貸しているなどを話したあと、もう一個質問をします。その質問を聞いた後のダリウス先生は顔の血相を変えます。「俺の母に何をしたか!」と問うと、剣をとり戦い始めます。

ミリガン先輩の生死はわかりません。カティは助けていましたね。魔剣が開眼したことは追求しないようにしていましたね。追求するんじゃないかなと予想していました。

【七つの魔剣が支配する 最新話の感想?】

決着がついての後日談な感じですね。カティは悲しい顔をしないで、「良い結果だね。」と話しているところはなんかグッときました。ほっぺにちゅもいいですね。微笑ましいです。

その後は、ポジティブになる感じで、ここはキンバリーだから落ち込んでいられないよ!と前向きになる姿もいいですね。かわいらしさも感じられました。これで終わったんだろう?といっていましたが、ここで言葉の隣に丸がついているのでなにかあるなあとは思いましたね。

一週間後に先生と二人っきりで魔獣を倒しに行っていましたね。先生はやっぱり人に教えているのもあるため、強いですね。あっという間に倒していきます。オリバーも一撃で倒している!と思っているシーンがありましたね。

工房に着くと、門が開かれたままで残っていたので、そこからきた魔獣が居座っていたのですね。それを先生は一撃で倒しているのは、すごいですね。この門を閉める作業の時にオリバーを二つ質問していましたね。一つはこの前の事件について。先生も荷担していたということでしたね。

しかし二つ目はオリバーのお母さんのことを聞いていましたね。そこで先生との一騎打ちが始まってしまいましたね!オリバー一人でどうなるのでしょう。オリバーも十分強いですけどね・・・。先生もすごく強いですね。次回はどうなるのでしょう。

【七つの魔剣が支配する 次号ネタバレ考察?】

次回の12月号の第15話ですね。

先生と深夜に二人っきりで、迷宮深層にいくところからオリバーは決めていたのでしょう。先生と戦うことを。

次回は、剣と剣がぶつかり合っているところからの始まりですね。どちらも強いと思います。これは、オリバーが勝つかなと予想します。でもこの迷宮深層、実は二人っきりではなく、誰かが後ろからついてきていたら面白いですね。

ナナオがついてきてもいいですね。コレで終わったんだろう?と確認していました。そこでなにかをお互い汲み取っていたように感じました。オリバーだけではもしかするときついかも知れません。二人っきりだともしかすると先生が勝つかも知れません。でもそんなすぐに終わるのは面白くありませんよね。

なので、ナナオが後からついてきていてこの戦いに加勢するのかなと思いました。次回は、二人っきりで戦うとしてもオリバーが勝つのではないでしょうか。また、負ける方になったとしても、ナナオが後からついてきて戦いに加勢をしてくれて、オリバーとナナオが勝つと予想します。

【まとめ】

今回は、『七つの魔剣が支配する』を取り上げました。

次回はお休みですね。気になる終わり方もしていました。再来月まで待ちましょう!

見たことがない方も、これを読んで興味を持った方は読んでみて下さいね^^

『七つの魔剣が支配する』をお得に読む方法

『七つの魔剣が支配する』は、コミックで読むだけでなく、U-NEXTでも読むことが出来ます。

U-NEXTでは、お試し登録は31日間無料で利用することができ、登録時に600ポイントを無料でもらうことができます。これで約1冊分無料で読むことができます。

また、月ごと更新時には1200ポイントもらえますので、毎月マンガ約2冊分を無料で読むことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました