半沢直樹退職願い提出か?銀行辞めた後どうする?半沢の仲間の今後は?

ドラマ

いよいよ半沢直樹最終回が始まります。最終回の予告編では半沢の退職をにおわせていました。半沢が提出していたのは退職願いなのか気になりますよね?

もし退職だとすれば辞めた後どうなるのか?そして半沢と共に活躍してきた仲間の今後についても気になります。さっそく解説していきましょう。

「半沢直樹」は、動画配信サービス「Paravi」で
第1話から最新話まで視聴できます。
※本編の動画が配信されました。
今すぐ お試し登録
Paravi」は、2週間無料
無料期間の解約で違約金なし
ボタン一つで、簡単解約可能です。
半沢直樹八話で黒崎検査官が飛ばされた先は?公務員は異動左遷出向どれが正しい?
令和のナンバーワン大ヒットドラマである『半沢直樹』もいよいよクライマックスとなってきましたね。ドラマ『半沢直樹』といえば、個性的でアクの強い数々の人気キャラクターたちを出演者の皆さんが見事に怪演なさっていることでも話題を呼んでいます。中でも...
半沢直樹柄本明箕部幹事長モデルは?中野紀本と癒着か?ネタバレ
現在大ヒットとなっているドラマ『半沢直樹』も後半戦に差し掛かり、ますます盛り上がってきましたね。特に半沢直樹が帝国航空に着手してからというもの、これまで以上にメディアでも多く取り上げられ、大変な注目度となっています。 そんな帝国航空編...
半沢直樹黒崎検査官モデルは実在か?原作ドラマ名言名セリフは?
今回はあの人気ドラマ「半沢直樹」の登場人物でもある黒崎駿一について書いていきます。歌舞伎俳優の片岡愛之助(48)が演じる黒崎はかなり人気のキャラクターとなっています。 なかなかのキャラクターの濃さに私もビックリです!独特の口調やギャッ...

半沢直樹は銀行辞めた後どうする?

最終回の予告では半沢が銀行を退職すると言っていました。もともと自分から退職を申し出たのではなく、中野渡頭取から辞令を伝えられていましたね?

だから実際のところ退職ではないという可能性があります。そもそも辞令というのは会社を辞める以外にもいくつかの特徴があります。

辞令の内容としては

・人事異動

・転勤

ということもありますので一概に銀行を辞めるとは言い切れません。

しかし、万が一銀行を去るのだとしたら最後の最後で倍返しになる可能性があります。原作では半沢は退職していません。原作では箕部啓治の不正を半沢が暴いています。原作では乃原が中野渡頭取たちに債権放棄を発表させる為に記者会見の会場をスタンバイしていたんです。

乃原は中野渡頭取に債権放棄を自白させることで手柄にしようと考えていました。

しかし会見の会場に現れたのは半沢でした。

半沢は記者の目の前で「銀行の与信判断は世間に左右されるものではありません」と発表してしまうのです。債権放棄を公の場で否定するんですね。

しかし乃原は半沢に対して不正融資の事実を公表すると脅しますが、半沢は債権放棄を拒否し続けます。そして半沢は不正融資について話し始めるのです。たくさんの記者の前で今までの不正の証拠を発表されたことで箕部は離党することになってしまうのです。

そしてタスクフォースを解散に追いやられた白石は責任を問われて辞任します。さらに紀本や中野渡頭取も辞職となりました。また調査を進めていた富岡も出向になってしまいます。

そして半沢は中野渡頭取や富岡のあとを引き継ぐのが自分の役目だと決意していました。原作から考えると半沢の退職は0に近いですね。

しかしドラマのオリジナルストーリーになる可能性もあります。最終回の予告を見る限りでは、記者会見の様子も出ていたので原作の要素も大きく反映されると思われますね。

半沢の仲間(渡真利、苅田、富岡、森山など)の今後は?

もし原作通りの結末になった場合は、半沢や大和田が頭取になる可能性が高いですね。半沢は最終回予告での辞令が出向や退職でないとすれば頭取になる可能性は十分あります。

頭取になるにはまだまだ若い年齢かもしれませんが、今までの活躍を考えると十分にあり得る展開です。ちなみに今作半沢と共に活躍してきた仲間達は次のようになることが予想されます。

⦿渡真利

もともと半沢の同期として活躍してきましたね。さらに今作でも東京中央銀行の人間として半沢の手伝いをしていました。渡真利といえばかなりの情報通なので今後も銀行に勤めながら半沢の支えとなっていく可能性が高いでしょう。

生放送の時は常に半沢の為に動いていることを突っ込まれ「もしかしたら半沢にしか見えない妖精なんじゃないか?」と言われていました。

⦿苅田

苅田も半沢の同期として今作で初登場していました。ドラマ版と原作ではキャラクターの設定が少し違っているので、今後の動向は謎に包まれています。ちなみに原作での所属は法務部です。ドラマ版ではシステム情報部でしたね。

もともと半沢の同期トリオといえば、渡真利と近藤と半沢だったのですが今作では近藤が海外に出張中のため苅田が登場していたんですよ。だから次回作では苅田を含めた4人の同期になるか、近藤復活になるかもしれません。

⦿富岡

富岡は今作で半沢と一緒に不正を暴くための調査を進めていましたが、原作では出向となっています。

富岡といえば「トミさん」の愛称で半沢のサポートをしていました。富岡は半沢が新人だった頃から面倒を見ていたこともあり、半沢にとっては師匠のようなものですね。

どこに出向になったのかはっきりしていませんが、半沢の師匠という事もあり続編で半沢に助けられる可能性もありますね。

⦿森山

森山は今後どうなるか明かされていません。

しかし、同級生だった東京スパイラルの社長・瀬名と一緒に働く可能性もあります。今作の序盤では森山が半沢らと一緒に瀬名の会社を救う展開があったので、今後も関わっていくでしょう。

まとめ

この記事では「半沢直樹」の退職や、半沢の仲間の今後について紹介しました。

今回の内容をまとめると

・予告編で頭取が言っていた辞令というのは退職の他にも昇進の意味がある

・原作では半沢は退職しない

・原作では箕部が離党していて、紀本や中野渡頭取も辞職となっている

・半沢と共に活躍していた富岡は出向になる可能性がある

・半沢の同期「苅田」は原作と設定が異なるので今後の動向は明らかになっていない
です。

あっという間の最終回ですが、さっそく続編について話題になってます。視聴率も高く人気ドラマなので続編に期待ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました