三浦春馬遺作主演映画「天外者」撮影現場での姿を共演者三浦翔平達はどう見た?

映画

今回は、三浦春馬さんの遺作となってしまった映画「天外者(てんがらもん)」の話題です。共演者三浦翔平さんはじめ関係者たちは映画「天外者」を演じる三浦春馬さんの姿をどう見たのか?ということについて書いていきます。

タイトルの「天外者」の意味は「すさまじい才能の持ち主」です。てんがらもんとは、鹿児島弁です。

映画「天外者」は、2020年12月11日から全国でロードショーが決まりました。

「天外者)」のあらすじは、幕末から明治初期に薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、商都・大阪の基礎を作り上げた男・五代友厚の半生を描いています。

キャストは。
五代友厚(ごだいともあつ)役:三浦春馬
坂本龍馬役:三浦翔平
三菱財閥を築く岩崎弥太郎役:西川貴教(T.M.Revolution)
初代内閣総理大臣・伊藤博文役:森永悠希
遊女はる役:森川葵
五代の妻・豊子役:蓮佛美沙子
五代の両親役:生瀬勝久と筒井真理子

脚本は大河ドラマ「天地人」の小松江里子さん。
監督は、「海難1890」の田中光敏さんです。

この記事では、三浦春馬遺作主演映画「天外者」の撮影現場での姿を共演者三浦翔平たちはどう見たのかを紹介していきます。ぜひ、最後までお読みください。

三浦春馬 遺作主演映画「天外者」 撮影現場での姿を共演した三浦翔平はどう見た?

こちらのツイートにあるように三浦春馬さんの密葬に三浦翔平さんも参列していました。三浦春馬さんととても仲のよかった三浦翔平さんは、三浦春馬遺作主演映画「天外者」で坂本龍馬を演じています。

そして、映画「天外者」についてこのようにコメントしています。

“クランクイン前には、春馬と何度も読み合わせして、才助、利助、弥太郎との関係性を築きあげ、自分なりの新しい豪快な龍馬を思いっきり演じる事ができました”

三浦翔平さんからのコメントはこちらです。

「坂本龍馬を演じることができると聞いてとても光栄でした。歴史上の偉人でありファンが多い坂本龍馬の役は重圧をものすごく感じたのは事実です。

それを払拭するために、龍馬のお墓、霊山歴史館を学び、土佐弁のけいこに励みました。初めての太秦(うずまさ)での撮影でした。期間は長くなかったのですが、濃密で貴重な体験ができとても感謝しています。

この映画は、幕末から明治時代にかけて、同じ志を持った者たちの生き様が描かれています。ぜひ、劇場でご覧になってください。三浦春馬と五代さんも天国で映画「天外者」を一緒に観てくれることを願います。」

映画「天外者」は、2013年に田中光敏監督がプロジェクトを立ち上げました。そして、撮影は2019年中に終了しています。その撮影期間中、三浦翔平さんは、三浦春馬さんと京都の撮影所で一緒でした。

2020年7月18日に三浦春馬さんが急逝されたことは、寝耳に水だったと推測されます。三浦春馬さんが演じた五代とは、東の渋沢栄一、西の五代友厚(ごだいともあつ)と称された実在の人物です。

2015年にNHK連続テレビ小説「あさが来た」でディーン・フジオカさんが演じたことでも有名です。

映画「天外者」のキャスティングは、三浦翔平さんが坂本龍馬。
T.M.Revolutionこと西川貴教さんが三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎。
森永悠希さんが伊藤博文を演じています。

三浦春馬 遺作主演映画「天外者」 その他の共演者達は?

9月24日ツイッターに歌手の西川貴教さんは、三浦さんへの思いをツイートしています。

そして、三浦春馬遺作主演映画「天外者」については、このようにコメントしています。

岩崎弥太郎は、近代日本の経済の礎を築いた人物です。そのような人物を演じることができて心から誇りに思います。岩崎弥太郎は過去に多くの名優が演じられてきました。

「天外者」では、自分なりの弥太郎像を模索し撮影に挑みました。撮影は、かつら作り、着付け、土佐弁、所作など緊張の連続でした。

しかし、春馬、翔平、森永君、キャスト全員で作品を生き抜いた時間はかけがえのない瞬間でした。今、世界中が大きな変化を求められています。そのような今だからこそ皆様に観ていただきたい作品です。

ぜひ、劇場にお越しください。春馬と一緒にしっかりとみなさまに届けてまいります。

そして、西川さんは、このようにツイートされています。
“この作品のお知らせをすることが出来ることは本当に心の底から嬉しいのですが、そこに春馬がいないことが悔しくて、寂しくて仕方ありません”

田中光敏監督は、このようにコメントされています。

“「オリジナル作品で五代友厚の作品を作る。」その時、イメージで浮かんできた俳優は三浦春馬くんでした。透明感があり強い信念を持ち、そして美しく…。

春馬くんに声をかけてから2年の歳月が流れ、集まってきてくれた役者達は、みんな春馬くんの仲間のような俳優たちでした。

三浦翔平、西川貴教、森永悠希、森川葵、蓮佛美沙子と、春馬くんと交流のある友人達が、偶然にもこの作品に関わってくれました。京都撮影所でのリハーサル後、三浦翔平く んとはオフでも落ち合って、映画のために本読みをしてくれたと春馬くんから聞きました。

主演三浦春馬を中心に役者達が、登場人物に生き生きと命を吹き込んでくれたのです。三浦春馬くん、参加してくれてありがとう。そして主演を支えるそれぞれの役者達の素晴らしい生き生きとした芝居を是非ともスクリーンでご覧いただきたいと思っています。

最後に…ただただ残念なのは三浦春馬くんに出来上がった作品を見てもらえなかったことです。スタッフ、キャスト全員で紡いだ作品の全てを、春馬と一緒にしっかりと皆様に届けて参りたいと思います”

田中光敏さんは、7月18日もコメントを発表されています。

“あまりの突然の訃報で、ショックです。残念です。まだ、信じたくありません。次に会う時、春馬君に、ちゃんと伝えようと思っていたことがあります。春馬君、作品に参加してくれてありがとう。春馬君の芝居、素晴らしかった。最高でした。まだ、信じられないので別れの言葉はいいません”

五代の妻の豊子を演じた蓮佛美沙子さんは、五代はこの世を変えたい、誰もが夢を見られる国にしたいと願った男です。

映画「天外者」は、そんな強い思いを胸に一心不乱に生きた人間の物語です。妻豊子は、そんな彼の強さやまっすぐすぎるほどの瞳を受け止め心を交わしました。作品の中にいる三浦春馬君は、五代友厚そのものです。

三浦春馬君が五代として生きたその瞬間を、作品を愛してもらえたらと心から願っています。

とコメントしています。

まとめ

今回は、映画「天外者」が2020年12月11日から全国でロードショーが開始されることを受けて、撮影現場での三浦春馬さんの姿を共演者三浦翔平さん達はどう見たのかを調べました。

三浦翔平さんから直接三浦春馬さんへの言葉はありませんでしたが、五代(映画の主人公)と天国で一緒にこの映画を観て欲しいと言われていました。

そして、西川貴教さんが三浦春馬さんと三浦翔平さんはオフの日にスタジオに来て本読みをしていたとエピソードを語ってくれました。

今回は、2020年7月18日に他界された三浦春馬さん主演映画「天外者」で共演した三浦翔平さんたちの撮影現場での三浦春馬さんをどう見たのかを紹介しました。結論としては、撮影現場では映画「天外者」をより良く作るため主役三浦春馬さんを三浦翔平さんはじめキャストやスタッフで支えていたと推測されます。

撮影中の三浦春馬さんと三浦翔平さん達とのプライベートな会話や行動について情報が入りましたら、追記していきます。

最後になりましたが、三浦春馬さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

「三浦春馬」が出演した過去作品は、
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
U-NEXT<ユーネクスト> 31日間無料お試し
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました