YOASOBI紅白2020出場?嵐にしやがれ出演効果か?櫻井翔も絶賛!

女性芸能人

大晦日の風物詩、紅白歌合戦。そんな今年2020年の紅白歌合戦は無観客で開催されることが先日発表されましたが、例年とは異なる状況に注目が集まることでしょう。

そして、こちらは毎年話題になる注目ポイント、出場歌手ですが、毎年様々なメディアで出場歌手の予想がされますが、今年は「YOASOBI」の出場が有力視、そして希望されています。

今大人気のYOASOBIですが、どういったアーティストなのでしょうか?また、なぜ有力候補に挙がっているのか?

そんなことを調べてみましたので、今回ここでご紹介させていただきたいと思います。

YOASOBI 紅白2020出場なるか?YOASOBIとは?

名前は聞いたことがある、という方も多くいらっしゃるかと思いますが、まずYOASOBIとはどういった方々なのでしょうか?

読み方はそのまま“ヨアソビ”で、音声合成ソフト、VOCALOIDで楽曲を制作する、いわゆる「ボカロP」と呼ばれるAyase(あやせ)さんと、シンガーソングライターであるikura(いくら)さんの二人から成る音楽ユニットであり、結成はなんと2019年の11月で、まだ約1年しかたっていない新進気鋭のアーティストです。1年足らずでこの人気ぶりはすごいですね。

そんなYOASOBIにはコンセプトがあるようで、それは「小説を音楽にするユニット」とのこと。このコンセプトこそがYOASOBIの最大の特徴であると言えそうです。

そんな彼らの代表曲は、彼らのデビュー曲でもあり、星野舞夜の小説『タナトスの誘惑』を原作とした曲でもある「夜に駆ける」です。この曲は2019年11月16日にミュージックビデオを公開すると、公開からわずか5ヶ月ほどで、YouTubeにおいて再生回数1000万回を突破したという記録を打ち出しました。

そのほかTikTokなどのSNSを中心に話題となり、拡散され、Spotifyのバイラルトップ50(日本、2020年1月)やLINE MUSICの月間ランキング(2020年4月)で1位を記録するなど様々な功績を残しました。そして言うまでもなく、YouTubeの再生回数は現在も伸び続けています。

そしてその後、2020年1月に2ndシングル「あの夢をなぞって」、5月に3rdシングル「ハルジオン」、7月に4thシングル「たぶん」、5thシングル「群青」のほか、様々な曲をこれまでに配信・YouTubeでのMV公開を行っており、YouTubeにアップロードされたMVはどれも100万再生を軽く突破しています。

これほど人気・実力がともにあり、勢いに乗っている旬なアーティストですので、また、Ayaseさん本人もインタビューで紅白出場を夢と語っており、意欲を見せていることから、世間が出場を待望し、噂がささやかれるのも何ら不思議ではありません。

2018年、2019年ともに出場歌手の公式発表は11月でしたので、今年の発表もあと1か月ほどでしょうか。

ファンの皆さんは発表を楽しみに、期待して待つこととしましょう。

YOASOBI 嵐にしやがれ出演効果か?櫻井翔も絶賛!人気のわけ?

そんなYOASOBIが先日9月26日オンエアの人気番組、「嵐にしやがれ」に出演したことも話題になっています。

そこで櫻井翔さんが曲を聞いていると発言するなど、YOASOBIの人気の波が多方面に広がっていることが改めて実感されます。

また、芸能人ですとAAAの宇野実彩子さんや、元SMAPの香取慎吾さんがYouTubeにカバー動画をアップロードするなど、やはりその知名度はすごいものです。

ではYOASOBIの魅力とはいったい何なのでしょうか?その人気の理由について見てみましょう。
一つにはやはりボーカルのikuraさんの歌声の美しさが挙げられるでしょう。

YOASOBIの結成にあたってAyaseさんは、あらゆるSNSやインターネット上でボーカルとなる人探し回り、辿り着いたのがikuraさんのInstagramに上がっている歌唱動画だったそうで、それを聞いたAyaseさんがメッセージを送りスカウトしたのだそうです。

言ってみればAyaseさんが一目惚れ(というより一聞き惚れ?)するほどの歌声と歌唱力を持っていたと言えるでしょう。

もう一つにはピアノを5歳から習っており、国際コンクールにも出場した経験があるというAyaseさんが作る独特で美しいメロディーでしょう。

そしてもう一つはすでに書きましたが「小説を音楽にするユニット」というコンセプトではないでしょうか?このオリジナリティ溢れる特徴や試みが新鮮であり、話題の要因の一つとなっているようにも思われます。

また小説がベースとなっているので歌詞もどこか文学的であり、深みを感じさせます。さらに言うと曲を聴くとその原作が読みたくなりますし、原作を読んだ、読んでいたという方はより一層曲が楽しめる仕掛けになっています。

そういった音楽とは異なる別の面からも楽しむことができるというのはやはりYOASOBIの特徴であり、強みのように思われます。

こういった理由がYOASOBIの魅力・人気のわけとして挙げられるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今年の紅白はもちろんですが、これから益々の活躍が予想されるのでYOASOBIからは今後も目が離せませんね。

まだ聞いたことがないという方はぜひ一度聞いてみることを強くここでおすすめしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました