映画「るろうに剣心 伝説の最後編」あらすじネタバレ結末は?

映画

今回は2014年9月13日に公開となった、人気実写映画「るろうに剣心」の第3作目「伝説の最後編についてまとめていきます!

この作品は第2作目の「京都大火編」との2部作になっています!片方見るよりは、両方見た方がより楽しんでいただけると思いますよ!この記事ではがっつりネタバレしていくので自分で見たい!という方はスクロールしてください!

映画るろうに剣心京都大火編あらすじネタバレは?結末は?
みなさんは、『るろうに剣心』という作品をご存知でしょうか?集英社の週刊少年ジャンプで連載がされていた、根強い人気のあるマンガ作品です。そんな『るろうに剣心』シリーズは、俳優の佐藤健を主演に、何度も実写映画化がされています。シリーズの中でも、...
「るろうに剣心伝説の最期編」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐクリック31日間無料お試し!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

映画「るろうに剣心 伝説の最後編」あらすじ、ネタバレ。

まず最初に作品の登場人物をまとめます!

・緋村剣心(佐藤健)

・神谷薫(武井咲)

・高荷恵(蒼井優)

・相楽佐之助(青木崇高)

・斎藤一(江口洋介)

・四乃森蒼紫(伊勢谷友介)

・巻町操(土屋太鳳)

・瀬田宗次郎(神木隆之介)

・比古清十郎(福山雅治)

・志々雄真実(藤原竜也)

2部作の1作目で剣心は志々雄と戦い、薫を助ける為に海に飛び込みます。そして気を失い砂浜に打ち上げられていた剣心を謎の男に救出されるシーンで幕を閉じます。

ここからは伝説の最後編のネタバレになります!

目を覚ました剣心は、自身の名と剣術を与えてくれた師匠、比古清十郎と久しぶりの再開を果たします。比古は偶然見つけた剣心を自宅に運び救いました。
剣心は志々雄を止める為に奥義「飛天御剣流」の伝授を願い出ます。

その頃、志々雄は東京湾に到着。大久保の後継者である伊藤博文を呼び出し海岸で会合します。志々雄は都合の悪いことはすべて闇の中に葬る伊藤のやり方に対し「俺を焼いたのも政治なのか。」と問いかけます。

昔、体を焼かれたせいで発汗が出来なくなり高熱を常に身体に宿しています。生きているのも不思議な身体です。「命が惜しくば剣心を探し、民衆の目の前でさらし首にしろ」と志々雄に恐喝された伊藤は、政府に剣心の指名手配を命じます。

一方、京都では佐之助と弥彦が剣心と薫の安否を心配していました。京都にも剣心の指名手配の情報が入ってきます。そのことに佐之助は激怒しますが、弥彦は剣心はまだ生きているという証拠であり、きっと薫も無事だと希望を持ちます。

その時、葵屋に届けられた手ぬぐいを持ってきた客から事情を聞き、病院に向かうと眠る薫の姿がありました。

剣心は奥義を伝授してもらうため、師匠に木剣で挑むが全く及ばす軽くあしらわれてしまいますが、剣心は命を引き換えにしてでも奥義を会得しようとします。しかし、比古は愚かだと首を振り「今の自分に欠けているものを理解しろ。」と告げます。

翌日、比古は「今のままではまた人斬りという過ちを犯すだろう。そんなお前に道を示すのが師匠の務めだ。」と言い真剣を構えます。戦いの中で剣心は恐怖を覚えるが、それは師匠へではなく死への恐怖だと気づきます。

無我夢中の一振りに感心する比古は、剣心に足りなかったものは生きようとする意志であり、命の重みこそ奥義会得への一歩だと伝えます。ようやく奥義を得た剣心は比古と別れます。

出発の時に駆け付けた操は剣心に薫の無事を伝え、共に京都へ向かいます。剣心は自分の指名手配を知り、抜け道で向かうもそこで蒼紫との激闘が繰り広げられます。戦いの末に剣心は勝利し、後を操に任せそのまま一人で東京へと進んでいきます。操により葵屋に保護された蒼紫は自信を殺すように操に促します。しかし生きるように操に告げられるのであった。

結末は?

ここからは結末のネタバレになります!結末は知らないまま映画を見たいという方はここでストップしてくださいね!

東京の神谷道場に到着した剣心のもとに警察官が乱入してきます。剣心は戦う理由がないと刀を置き、そのまま捕まってしまいます。逮捕は表向きのものであり、警察本部についた剣心は拘束を解かれ伊藤と面会します。

剣心は浦賀の海岸で斬首刑に処されることになり町では号外が配られ、薫たちは海岸へ向かいました。刑場へ向かう剣心に立ち会う志々雄一派の中に本人の姿はありません。

ついに処刑人の刀が振り落とされるが、その刀は剣心を縛る縄を切っただけだった。
処刑人の正体は斎藤一で、警察隊と剣心は志々雄勢と一斉に交戦します。そこに佐之助も合流し、剣心と佐之助の二人は煉獄へ乗り込んでいきます。

煉獄で再び会った、宗次郎を打倒した剣心は志々雄の元へたどり着きます。しかし志々雄の無限刃から出る、紅蓮の炎に燃える焔霊が剣心を襲います。そこへ佐之助、斎藤、蒼紫が合流し戦うが、志々雄は一歩も引きません。そんな戦いの中、軍隊が海岸から放った砲弾が煉獄に命中。伊藤率いる軍隊は剣心たちを巻き添えにし、煉獄と志々雄一派を海の中に葬ろうとしていたのでした。

燃え盛る炎の中、剣心と志々雄は一騎打ちとなります。志々雄は自身の身を犠牲に庇おうとした愛人の由美を盾にして剣心に致命傷を与えます。剣心は愛する人の命を奪ってまで勝とうとする志々雄に対する怒りから再び剣を向けます。

戦いに中、剣心は逆刃刀を鞘に納め抜刀術の構えをとります。剣心は独特の足捌きで抜刀術を繰り出し、志々雄を弾き飛ばし「飛天御剣流奥義・天翔流閃」と告げます。かなりのダメージを負いながらも再び立ち上がろうとする志々雄でしたが、体内温度が限界となり人体発火を引き起こします。

「お前の勝ちではなく時代がお前を選んだだけだ。」と言い残し、志々雄は高笑いしながら炎に包まれ息を引き取ります。

煉獄から脱出し薫に迎えられた剣心たちは政府や警察の敬礼に見送られながら元の生活に戻っていくのでした。

まとめ

以上!今回は映画「るろうに剣心 伝説の最後編」についてまとめました!いかがでしたか??楽しんでいただけましたでしょうか?

文字で読むより映画を実際に見た方が臨場感もすごいですし、入り込めると思います!
出演者もかなり豪華ですし、何よりアクションシーンが凄いです!!

るろうに剣心の原作を知らないっていう方も気になる方は是非見てほしいです!4作目も公開予定なので予習にはもってこいですね!是非素敵な映画時間を楽しんで下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました