ミキを支える脇役がスゴい!座付き作家マネージャーの凄さプロフィールは?

バラエティ

今回は、よる11時56分スタートTBSの「わき役カメラ」というバラエティー番組の話題です。「わき役カメラ」は、お笑いコンビミキがMCを務めています。

2020年9月29日は、MCであるミキの座付き作家とマネージャーが出演しました。ミキを支える脇役の座付き作家とはなんなのか?そして、ミキのマネージャーの凄さや、プロフィールを紹介します。

最後まで、お楽しみください。

ミキを支える脇役がスゴい!座付き作家の仕事とは?プロフィールは?

『わき役カメラ』9/29(火) 芸能人を支えるわき役にあえて密着!! スターの裏の顔や新事実が次々と明らかに!?【TBS】
9月29日(火)よる11時56分『〜わき役にピンスポ当てたらスゴかった!〜わき役カメラ』 ▽芸能人を支えるわき役にあえて密着!ミキの知らないところでマネージャーと作家がまさかの行動連発!ミキ大混乱! ▽三代目JSBのNAOTOは大親友と世界的振付師に密着 ☆番組公式HP
https://twitter.com/nyanko_doctor/status/1306946722879344642

この記事では、TBSの「わき役カメラ」9/29(火)よる11時56分スタート 芸能人を支えるわき役にあえて密着!! スターの裏の顔や新事実が次々と明らかに!?という番組の中で紹介されている話を掘り下げていきます。

まず最初に、9月29日の放送の内容をざっと説明します。

ミキを支えるマネージャーは、実はミキに興味がないとのことです。

そして、ミキが全幅の信頼を寄せている座付き作家さんはミキの元から去ろうとしていたことが判明します。次から次に出てくる事実に番組の中でミキが大絶叫。しかし、最後には大感動になります。

この記事では、まず最初は座付き作家について調べました。ミキの座付き作家は、山田泰葉(やまだ やすは)さんです。

山田さんのプロフィールを紹介します。

兵庫県出身。

元々は脚本家を志望していたが、お笑い芸人「マドンナ」の松浦さんに誘われ構成作家の道に進む。

松浦さんと昴生さん(兄)が親友だったため山田さんと出会い、ミキの構成作家になる。かわら長介塾15期生。卒業後、5upよしもとで先輩作家のイベントの手伝いをしながら、TVラジオ、イベントなど幅広く構成担当。

座付き作家とは、漫才の構成を考えることが主な仕事ですが、とても大変な仕事内容です。漫才の構成は、まず最初にミキの二人がどんなことをしたいか聞きながら、全体の構成を考え、台本を作ります。そして、単独ライブの場合は、オープニングのVTRの撮影、編集まで行います。

山田さんは、ミキと出会ってから漫才が好きになったと話しています。当初の希望は脚本家だったので、物語を書くことへの興味を捨てきれずにいたけれど、ミキの人柄に触れて、芸人さんのために頑張ろうと思ったとのことです。

初めての単独ライブの2か月前に山田さんにお願いしたところ、山田さんは「無理」と断りました。山田さんは、そんな大役を任せられても困ると思って断ったのです。

しかし、昴生さんは「今がんばらないといつまでも人のコバンザメのようなアシスタントの仕事しか回ってこなくなる」と説得しました。

そして、結局山田さんが単独ライブを見事勤め上げ大成功を収めたのです。それが4.5年前のことなので、それ以来ずっと3人でがんばってきました。

昴生さんは、山田に構成を頼むとき奥さんのマミちゃんがわかってるかどうかを考えるそうです。マミちゃんが解ってなかったら、観客もわからない。ネタの相談をするのは、山田さんかマミちゃんだということです。

お客さん目線の人が身近にいるからこそ、二人に相談をしてネタを決めるとお客さんに笑ってもらえると考えています。

山田さんは、ミキにたいして、自分たちは面白いと思ってこの世界に入ってきているので、ここのボケはこうしろとか細かいことは言いにくいとのことです。

そして、ミキが今売れているのは、兄弟という珍しさだけだとは思っていません。ハングリー精神があるから売れていると山田さんは分析しています。ただ、ミキが売れていると言うことに気が付いたのは、つい最近だそうです。

映画「ライオンキング」を観ていて声優が亜生さんだったので「あれ、ひょっとして売れているのか?」と思ったとのことです。

ミキを支える脇役がスゴい!マネージャーの凄さ、経歴は?

https://twitter.com/sk830woo/status/1099646634252619777

それでは、ミキのマネージャーはどのような人物なのでしょうか?ミキのマネージャーのプロフィールを紹介します。

河合将平さん

誕生日: 1992年8月30日

出身地は、東京です。

ミキ“完全東京進出”に暗雲も? 大ブレークには人気者の弟・亜生の覚醒が必要か
 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の兄弟コンビ「ミキ」が、4月から東京を拠点に活動することを発表した。関西でのレギュラー番組は、3月いっぱいで降板...…

それでは、どんな風に河合さんは凄いマネージャーなのでしょうか?

河合さんがミキのマネージャーになったのは、2019年の春です。ミキは、2019年の春に大阪から拠点を東京に移しました。このことで関西のマネージャーから東京のマネージャーに変わったというわけです。

2019年4月のミキはすでに東京のバラエティー番組に多数出演していました。世間から求められていたのはいじられキャラとしての昴生さんだけでした。いじられキャラの昴生さんは、どっきり番組でターゲットとして活躍していたのです。

この時の東京のバラエティー番組で亜生さんは、昴生さんが先輩芸人から厳しくいじられている時横にちょこんと座っているだけでした。

昴生さんは、体を張る企画やゲームの時リアクションが面白いのでいろいろな場面で活躍が期待されていました。「計算できる芸人」として重宝されていたのです。

しかし、このままでは二人で上京したのはいいけれど、テレビには昴生さんばかり映ることになりかねません。

大阪では、アイドル的存在としてビジュアルの良い亜生さんの方に人気が集まりました。しかし、皮肉なことに東京で需要があるのは昴生さんの方だったのです。大阪で散々人気のなさをいじられていた昴生さんが、東京では仕事を増やす可能性が高くなってきました。

しかし、東京吉本の制作サイドの考え方は、亜生さんにこそ期待をしていました。人気があってなおかつ面白いという芸人こそ最も求められているのです。

そこで、登場するのが敏腕マネージャーの河合将平さんです。吉本特有の事情でマネージャーが有能であるのとないのとでは、芸人の未来を大きく左します。

ミキの場合は、有能なマネージャーがついてくれたので、2020年9月の時点でテレビのレギュラー9本、ラジオ4本、ウェブテレビ2本、CM2本、2020年10月2日公開予定アメリカ3Dアニメーショントロールズ ミュージック★パワーの吹替にも挑戦しています。

不安材料だった亜生さんも活躍ができて、兄弟芸人を前面に推し出し二人一緒に売れるようにしてくれたマネージャーの腕はほんとにすごかったと言えます。

まとめ

今回は、9/29(火)よる11時56分スタートTBSの「わき役カメラ」というバラエティー番組の話題を紹介しました。

兄弟コンビのミキがMCを務める「わき役カメラ」に登場した座付き作家とマネージャーについて徹底調査をしました。

座付き作家は、山田泰葉(やまだ やすは)さんで、兵庫県出身の女性でした。最初は、脚本家になりたかったのですが、昴生さんに誘われて構成作家になりました。

そして、ミキのマネージャーは河合将平さんです。東京吉本の敏腕マネージャーで、現在の大人気ミキを作った一人でもあります。

この記事では、ミキを支える脇役の座付き作家とはなんなのか?そして、ミキのマネージャーについて、プロフィールを紹介しました。

最後まで、お読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました