映画浅田家!あらすじネタバレは?試写会舞台挨拶は?写真展がある? 

映画

映画浅田家は、写真家・浅田政志(あさだまさし)の写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案にした、浅田家の家族を主人公にした映画です。

写真家・浅田政志は、1979年7月6日生まれ、三重県津市の出身で、三重県立津高等学校から、日本写真映像専門学校(大阪市)へ進学し卒業しました。

浅田政志は、父・章さん、母・順子さん、兄・幸宏さんとの4人家族です。写真集「浅田家」では、ラーメン屋、消防団、バンドマン、レーサー、極道などのフィクションの設定にして、家族がなりきって撮影しています。

写真集「浅田家」は、仲睦まじい家族の写真が好評で、2008年度の木村伊兵衛写真賞(写真界の芥川賞といわれる)を受賞しました。映画浅田家は、この写真集と写真集「アルバムのチカラ」を原案に、中野量太監督が映画化しました。

中野量太監督は、1973年7月27日生まれ、京都市出身の映画監督です。京都産業大学から日本映画学校へ進学し卒業しています。代表作に「チチを撮りに」、「湯を沸かすほどの熱い愛」などがあります。「湯を沸かすほどの熱い愛」では、第40回日本アカデミー賞優秀監督賞・優秀脚本賞を受賞しています。

中野量太監督作品「チチを撮りに」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐ視聴無料お試し!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

映画浅田家!あらすじネタバレは?

映画浅田家は、2020年10月2日公開です。主人公の浅田政志役を二宮和也が演じます。出演者は、黒木華(幼馴染)、菅田将暉(写真洗浄のボランティア)、風吹ジュン(母・順子)、平田満(父・章)、妻夫木聡(兄・幸宏)などです。

写真家・浅田政志は、2000年に日本写真映像専門学校(当時:大阪市住之江区)を卒業しました。卒業制作に家族を被写体にして撮影しました。浅田政志は、日本写真映像専門学校の卒業制作で、家族の思い出をもとに、家族全員がコスプレして撮影しました。この卒業制作が、日本写真映像専門学校の学校長賞を受賞しました。

卒業後、パチスロ三昧の毎日を送っていましたが、2003年に上京し、2004年よりスタジオフォボスに勤務し、再び写真に向き合います。2004年5月と2006年10月に浅田政志写真展「浅田家」を開催しました。2007年に2年半勤務したスタジオフォボスを退社し、写真家として独立しました。

卒業後も消防士、レーサー、ラーメン屋、バンドマンなどに家族がコスプレして撮影して個展を開催しました。この個展を見た出版社が写真集を出版しました。2007年と2008年に「浅田家」、2015年に「アルバムのチカラ」を出版しました。

これらの写真集を原案にして、映画「浅田家」が作られました。映画「浅田家」は、家族の愛のきずなをテーマにした映画で、写真とは?故郷とは?家族とは?何かということを問いかけた映画です。

映画浅田家の原案は、「アルバムのチカラ」の内容を含んでいます。「アルバムのチカラ」は、東日本大震災の津波で泥だらけになった写真を洗って持ち主に返すボランティア活動に参加し、撮影した写真です。

東日本大震災のときに何が起こったのかを記録した写真です。家族の絆におよぼす、写真の持つ力が映し出されます。映画浅田家の撮影は、三重県・津市や関東周辺で撮影されました。三重県津市の高田本山専修寺、津新町駅、津ハーバーで撮影していたとの目撃情報がありました。

家族写真を撮り続ける写真家・浅田政志の実話を実写化した映画で、家族の絆にとって重要な写真の役割が分かるハートフルな映画になっています。

試写会舞台挨拶は?写真展がある?

舞台挨拶は、初日舞台挨拶が2020年10月2日に、TOHOシネマズ六本木において、14時50分の回の上映終了後/18時25分の上映開始前に行われます。初日舞台挨拶の模様は、全国の劇場で生中継されます。

登壇予定者は、二宮和也、黒木華、風吹ジュン、平田満、妻夫木聡、浅田政志(原案)、中野量太(監督)の7名です。

二宮和也は、1983年6月17日生まれで、東京都葛飾区出身のタレントです。ジャニーズ事務所の男性アイドルグループ・嵐のメンバーです。二宮和也の実家は、新小岩の株式会社ショージと言われています。ワイパーのゴム製品を作っている会社です。

1996年にジャニーズ事務所に入所し、1999年9月15日にアイドルグループ「嵐」としてデビューしました。2006年公開の映画「硫黄島からの手紙」で主演しました。2015年に映画「母と暮らせば」で、第39回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞を受賞しました。

二宮和也は、映画浅田家のなかで、主人公・政志役として、19歳から約20年間の演技をしています。2020年現在、37歳の二宮和也が、19歳でも違和感の無いのに驚きます。

中野量太監督は、二宮和也なら、19歳の役でも違和感がないと最初から思っていたと言っています。「二宮さんは誰よりも普通になれるし、誰よりも人を引き付ける不思議な魅力がある。そこがキャスティングの一番の理由でした」と話しています。二宮和也のファンにはたまらなく魅力ある必見の映画だと思います。

写真展は、映画公開を記念して、9月27日から10月31日迄、完全オンラインで開催されています。写真展では、①原案写真集「浅田家」、②映画「浅田家」コスプレ家族写真、③映画「浅田家」劇中衣装、④二宮和也撮影・映画「浅田家」キャストオフショットを見ることができます。
詳しくは https://asadake.jp/

まとめ

今回は、2020年10月2日公開の映画浅田家について、原作、監督、出演者、映画の内容についてまとめました。

写真家・浅田政志の写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案に、中野量太監督が撮影した映画で、家族にとって写真の大切さを考えさせらる作品です。

主人公・浅田政志役を二宮和也が、19歳から20年間を演じています。二宮和也の“人を引き付ける魅力”が出ている代表作になる映画だと思います。

コロナ過の中で暗くなりがちな昨今ですが、映画浅田家を多くの人が見て、家族の大切さを実感し、この映画から元気をもらうことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました