久保帯人BURN THE WITCHネタバレあらすじは?BLEACH本編との繋がりは?

漫画

久保帯人という日本のマンガ家を、みなさんは知っていますか?久保帯人は、週刊少年ジャンプで連載がされていた『BLEACH』という大人気シリーズ作品を描いていたマンガ家です。

そんな『BLEACH』の久保帯人が描いた新作、『BURN THE WITCH』に注目!『BURN THE WITCH』のストーリーのあらすじやネタバレについて、また『BLEACH』とは繋がりがあるのかどうか。これらについて、調べていきたいと思います!

 

久保帯人作「BLEACH」は
配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐ読む!無料お試し!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

[BURN THE WITCH]ネタバレあらすじは?

さて、久保帯人の新たに描いたマンガ作品である、『BURN THE WITCH』。まずは、そのあらすじについて、話をしていきたいと思います。

物語の舞台となる場所は、ロンドンです。私たちにとって空想上の生き物であるドラゴン、これが当たり前のように飛び交っている世界を舞台に、物語が展開していきます。

ロンドンの”表”側に住む人々は、ドラゴンの姿を確認することができません。そんな世界のロンドンの亡くなってしまった人々の死亡した原因は、全体の72%を占める割合で、ドラゴンが関係していました。

ドラゴンたちは、いとも簡単に人の命を奪ってしまっており、これを管理することが必要だと考えられるようになりました。そこで、リバース・ロンドンと呼ばれる”裏”のロンドンに暮らす人々によって、自然ドラゴン管理機関ウィング・バインドという組織が結成され、この機関に所属している魔女たちによって、ドラゴンたちは管理がされるようになります。

この機関に所属している魔女の、ニニー・スパンコールと新橋のえるの2人の主人公たちが、リバース・ロンドンで、事件解決に挑んでいくのでした。

そんなあらすじの『BURN THE WITCH』ですが、現在第4話まで連載がされています。現在連載がされている分のネタバレについても、簡単に話していきましょう。

表世界ではアイドルの魔女ニニーと、学生をしながら魔女の仕事で生計を立てていたのえるの2人は、バルゴというドラゴン憑きの男の管理を任されていました。そんなニニーとのえる、バルゴの前に、元々は普通のドラゴンだったものが、人間の負の感情を吸収することによって凶暴化した、ブラックドラゴンが姿を現します。

ブラックドラゴンがロンドンに出現したのは、約100年ぶりのことでした。原因だと考えられるのは、ドラゴン憑きのバルゴの存在。これによってバルゴの討伐をウィング・バインドは決定し、魔陣隊の長官であるブルーノは、バルゴが害竜指定されるとその命を狙います。

しかし、竜を見る者という魔力の高い人間である、ニニーと同じアイドルグループに所属していたメイシーのドラゴンのエリーが、月光で羽化し、シンデレラという童話竜という幻のドラゴンに変貌。これによって、バルゴの討伐は中断されます。また、バルゴの持っていた笛が剣に代わり、シンデレラの討伐に成功しました。

そしてウィング・バインドは、バルゴの害竜指定を解除し、童話竜討伐に利用しようと考えるのでした。

BLEACH本編との繋がりは?

さて、魔女とドラゴンの戦いを描いた久保帯人のマンガ作品『BURN THE WITCH』。

そんな『BURN THE WITCH』ですが、実は『BLEACH』の世界観と比べた時に、似たような点が多いです。そこで、『BURN THE WITCH』と『BLEACH』の世界観には、つながりがあるのでしょうか?これについても、調べていきたいと思います!

『BLEACH』では、空座町と尸魂界が舞台になっていましたが、『BURN THE WITCH』も表世界であるフロント・ロンドンと、裏の世界であるリバース・ロンドンという世界があります。2つの表と裏の世界がある、という設定は2つの作品の共通点ですよね。

『BLEACH』の尸魂界には、魂魄の管理を務めている護廷十三隊という組織がありますが、『BURN THE WITCH』には、ドラゴンの管理を務めているウィング・バインドという組織があること。

また、この2つの組織を構成する、死神と魔女という存在も、置き換えられる存在と言えますし、共通点ですね。

そして、『BURN THE WITCH』に登場するドラゴンは、フロント・ロンドンに暮らしている人々からは、その存在を確認することができません。これも『BLEACH』との共通点で、霊などの存在を現世を生きている人は、通常見ることができないです。

それ以外にも、穿界門で現世と尸魂界を行き来していた『BLEACH』に対して、『BURN THE WITCH』でのロンドンでは、フォンゲートという電話ボックスからリバース・ロンドンへ行けることがわかっています。

これだけ共通点が多いですから、つながりがあっても不思議ではないですよね。ただ、同じ作者が描いている作品ですから、似てしまうのも仕方ないと思う方も多いと思います。しかし、実はつながりがあることが判明していました!

なんと、読み切り版の『BURN THE WITCH』のラストに、リバース・ロンドンでドラゴンを管理している組織、ウィング・バインドの別名には、尸魂界・西梢局(ソウルソサエティ・ウェスト・ブランチ)という名称があることが判明しています。

また、そのラストシーンで大きく描かれた”BURN THE WITCH”という文字の中にBLEACHという文字が隠されている演出もされており、つながった世界であることが示唆されています。

まとめ

今日は、週刊少年ジャンプで連載がされていた大人気マンガ作品である『BLEACH』を描いた作者、久保帯人の新作マンガ作品『BURN THE WITCH』について、そのストーリーのあらすじやネタバレについて。また、『BLEACH』の世界とのつながりがあるのかについても、調べてみました。

久保帯人の新たなマンガ作品かと思いきや、つながりのある世界でのストーリーという展開には、ファンにとって嬉しい演出になっているのではないでしょうか?また、『BURN THE WITCH』の主人公であるニニーとのえるは二人共可愛いですよね。

ストーリーの内容もとっても面白い内容になっていますし、先のストーリーも気になる作品だと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました