2020「紅白歌合戦」出場者は誰?司会者や審査員には誰が抜擢される? 

ニュース

2020年大晦日に放送される第71回NHK紅白歌合戦は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、無観客で行われることになりました。NHKの前田会長が、定例会見で、初めてNHKホールに観客を入れないで放送することを発表しました。

出演者やスタッフについても、感染防止のため、密にならないように工夫して感染防止対策を徹底します。放送は、大晦日の午後7時30分から午後11時45分までの予定です。

出場組数は2020年9月現在は未定で、担当者は「無観客を逆手にとるような演出にしたい」と言っています。リモートを使って、放送を見ている、各地のお茶の間と直接つないで、感想を言ったり採点したりするのでしょうか?

2020紅白歌合戦出場者は誰?

第71回NHK紅白歌合戦には、人気アーティストと2020年に売れたアーティストが出場することが予想されます。出場組数は、例年通り紅白両組それぞれ20組から30組と思われます。

2020年大晦日の紅白歌合戦出場者の予想を、紅組と白組について行います。

紅組で去年出場した歌手で、今年も出場が予想される歌手は、aiko、島津亜矢、天童よしみ、AKB48、坂本冬美、丘みどり、TWICE、Little Gree Monster ECHO、欅坂46、水森かおり、椎名林檎、乃木坂46、Perfume、石川さゆり、Superfly、いきものがかり、松田聖子、MISIAです。

2020年にヒット曲があり、紅組から出場が予想される歌手に、Lisa、Uru、あいみょんがいます。

Lisaは、TVアニメ「鬼滅の刃」オープニングテーマの「紅蓮華」が2020年7月に100万ダウンロードを達成しました。Lisaは、1987年生まれで、岐阜県関市出身の歌手です。2011年に「Lisa」としてソロデビューし、アニメとのタイアップを中心に活躍しています。2019年NHK紅白歌合戦に出場しました。

Uruは、2020年TBS日曜劇場「テセウスの船」の主題歌「あなたがいることで」がヒットしました。Uruは本名・生年月日・出身地などが非公表であり、謎だらけのシンガーと言われています。紅白歌合戦への出場は微妙です。

あいみょんは、2020年に「マリーゴールド」がヒットしました。あいみょんは1905年3月6日生まれ、兵庫県西宮市出身のシンガーソングライターです。中学2年生から作詞を始め、高校1年生から曲作りを始めました。2015年に作詞家デビューし、2016年にシングル「いきていたんだね」でメジャーデビューしました。

ネットには、紅組出場の候補に、松田聖子、日向坂46、Forrin、JUJU、Niziu、松任谷由実、高橋真梨子、浜崎あゆみ、家入レオ、E-girls、市川由紀乃、今井美樹、安斉かれん、中島みゆき、宇多田ヒカル、西野カナなどを候補に挙がっています。

白組で去年出場した歌手で、今年も出場が予想される歌手は、郷ひろみ、Hey Say! Jump、Kis-My-Ft2、山内恵介、三浦大知、King Gnu、福山雅治、五木ひろし、DA PUMP、King&Prince、三山ひろし、関ジャニ∞、星野源、菅田将暉、ゆず、氷川きよし、嵐がいます。

2020年にヒット曲があり、白組で出場が予想される歌手には、Official髭男dism、米津玄師、GReeeeNがいます。

Official髭男dism(オフィシャルひげだんディズム)は、日本のピアノPOPバンドです。藤原聡が、島根大学在学中に軽音楽部の先輩・楢崎誠、後輩・松浦匡希、学外の小笹大輔と2012年に結成しました。2020年には、TBS系火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」主題歌「I LOVE」、映画「コンフィデンスマンP」主題歌「Pretender」がヒットしました。

米津玄師(よねづけんし)は、1991年3月10日生まれで、徳島市出身のシンガーソングライターです。中学3年生からオリジナル曲の制作を開始しました。徳島商業高等学校を卒業後、大阪の美術専門学校へ通いながらバンド活動を行いました。2018年にシングル「Lemon」がヒットし、紅白歌合戦に出場しました。2020年はシングル「パプリカ」をリリースさせヒットしました。

GReeeeNは、男性4人組ボーカルグループで、歯科医師とアーティストを兼業していて、顔や姿を公表していません。2020年前記放送のNHK連続テレビ小説「エール」主題歌「星影のエール」がヒットしました。紅白歌合戦への出場があるかどうかは微妙です。

ネットでは、白組出場の候補に、瑛人、純烈、三代目J Soul Brothers、鈴木雅之、YOSHIKI(X JAPAN)、SixTONES、Snow Man、EXILE、細川たかし、Sexy Zone、SEKAI NO OWARI、サカナクション、コブクロ、ゴールデンボンパー、 サザンオールスターズ、山下達郎、Mr.Childrenなどが挙がっています。

2020紅白歌合戦司会者や審査員には誰が抜擢される?予想される?

紅白歌合戦の司会者は、2018年紅組・広瀬すず、白組・櫻井翔、2019年紅組・広瀬はるか、白組・櫻井翔でした。2020年に予想される司会者をネットで調べました。総合司会は2019年まで3年連続で内村光良が務めていて、2020年も務める可能性があります。

2015年から5年間の紅組司会者は、綾瀬はるか2回、有村架純2回、広瀬すず1回でした。2020年の紅組司会者は、この3人の中から選ばれることが考えられます。若手で人気があり、朝ドラ「エール」に出演した女優の二階堂ふみが抜擢される可能性があります。

2015年から5年間の白組司会者は、井ノ原快彦、相葉雅紀、二宮和也が各1回、櫻井翔が2回でした。2020年の白組司会者は、この4人の中から選ばれることが考えられます。嵐が2020年12月31日で活動休止するので櫻井翔が3回目で抜擢される可能性が高いです。

2020年紅白歌合戦の審査人についても予想しました。2019年の審査員は、井上尚弥、上沼恵美子、サンドイッチマン、渋野日向子、瀬戸大也、田中圭、戸田恵梨香、中西摩耶、長谷川博己、広瀬すず、吉野彰の計11の2019年に活躍した人でした。

2020年の審査人に予想される人は、2020年に活躍した人で、長谷川博己、2021年大河ドラマ「青天を衝け」で渋沢栄一を演じる吉沢亮が予想されます。NHK連続テレビ小説から「エール」の二階堂ふみ、「おちょやん」から杉崎花が審査人に選ばれることも考えられます。

日本アカデミー最優秀男優賞の松坂桃李、最優秀主演女優賞のシム・ウンギョン、将棋界から藤井聡太、芸能界から神田伯山、テニスの大坂なおみなどが審査人に選ばれることも考えられます。

まとめ

2020年大晦日に放送されるNHK紅白歌合戦の出場歌手、司会者、審査人について調査しました。9月末現在では、詳細な内容の報道はされていないので、昨年までの実績から予想しました。

2020年の第71回紅白歌合戦は、無観客で行われることが、NHKから報道されています。コロナウイルス感染症の感染防止のために、無観客にして、出演者、司会者、審査人が密にならないようにして撮影されるので、例年とは、かなり異なった内容になることが予想されます。

感染症対策を万全にして、安全安心な環境で、楽しいNHK紅白歌合戦の放送が行われることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました