半沢直樹アルルカンと道化師あらすじネタバレは?新作クライマックスは?

ドラマ

今回は大人気ドラマ「半沢直樹」の新作「アルルカンの道化師」のあらすじやネタバレを書いていきます!

テレビドラマの方も最終回を迎えてしまいましたね。今後の作品や、どうなっていくのかも調べていきましょう!!半沢直樹好きは必見です!原作を読んだことがない!という方も是非覗いて行って下さい!

原作小説「アルルカンと道化師」は
配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐ無料お試し!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

半沢直樹新作「アルルカンと道化師」あらすじ、ネタバレは?

「アルルカンの道化師」は池井戸潤による小説となっています。2020年9月17日に講談社より刊行されました。皆さん大好き、半沢直樹シリーズの第5作目です!

ストーリーは第1作目「俺たちバブル入行組」のよりも前、半沢直樹は大阪西支店時代の話となっています。ここではあらすじ、ネタバレを書いていくので自分で読みたい方は飛ばしてください!

タイトルである「アルルカンの道化師」とは伝説となったアーティスト・仁科譲がその名を知らしめた一連の「コンテンポラリーアート」。仁科が突然自殺してしまったこともあり、さらにその価値を高めたその作品がこの話のポイントとなっています!

半沢直樹が所属する大阪西支店の取引先にも仁科の「アルルカンの道化師(リトグラフ)」があった。その取引先に無理やり同行してきた大阪営業本部・伴野は常識がある人はしないような、買収トークをして社長や半沢をかなり不快にさせます。

この買収の案件は半沢の天敵で業務統括部長・宝田が糸を引いていました。宝田の同期は大阪営業部副部長の和泉。懐かしの大阪西支店店長・浅野と先輩後輩の間柄で、岸本頭取が力を入れようとしているM&Aを成功させ、自分たちの出世の足掛けにしようとしていました。

取引先・仙波社長は無礼な買収をはねのけますが、起死回生の策であった企画展がおじゃんになってしまい、資金として2億円必要となってしまいます。経営計画を修正しようとするも、うまくかない。

そんな中、再び近づく伴野が提示する買収価格は15億円。その買収相手はIT企業・ジャッカル。ジャッカル社長・田沼は生前からの仁科のパトロンで多くの作品を所有しています。半沢は、宝田の顧客である田沼の意思に沿うため強引な買収を持ちかけているのだろうと納得。しかしその破格の金額で買おうとする理由がわからず疑惑を深めていきます。

仙波の思いもあり、買収を受け入れず投資で仙波工藝社を救おうと奮闘する半沢。連続赤字で無担保の会社が融資を受けるのは簡単ではないです。さらに、縁戚関係にある堂島商店の倒産に加担したのではないか?と嫌疑まで抱かれてしまいます。

その流れで半沢は仙波工藝社のあるビルがもともと堂島商店があったビルであること、
そこに仁科が在籍していたこと、社長の堂島が死の床でそこにある「宝」を仙波に託そうとしていたことを知ります。

仁科はなぜ自殺したのか。田沼が多額な値段で買収しようとする理由は?「宝」とは何なのか。疑問が積もっていくばかりです。

その疑問は半沢が堂島社長の遺品を組み合わせることで一気に疑問が解かれていきます。カフェで見つかった巨額の価値がついた落書き。堂島商店のデザイン室で撮影された写真。

その壁に映っていたのは「アルルカン」と「ピエロ」でした。その写真を頼りにデザイン室を捜索すると、現在かなりの高値がついている仁科の代表作のモチーフとなった、
「アルルカン」と「ピエロ」が確かに壁に残されていました。仁科の作品であれば現在の価値だと、10億円は下りません。

この先はラスト、クライマックスとなるので次のタイトルで書いていきます!ラストは自分で確かめたい!という方はここでストップしてください!

クライマックス(ネタバレ)・ドラマ終了後どうなる?

何らかの理由でそれを知った田沼が誰にも知らせず、この作品を手に入れようとしていました。この価値をさらに高めるために田沼が仁科を殺したのか、、?と半沢には疑問が生まれます。

しかし、壁に描かれた「アルルカン」と「ピエロ」の下に書いてある署名は仁科のものではなく写真で仁科の隣に映っていた青年・佐伯のものでした。半沢は既に亡くなっていた佐伯の故郷に向かいます。

そこで「アルルカン」と「ピエロ」は佐伯がオリジナルである事を知ります。仁科はパリに修行に行くも、行き詰ってしまい藁にも縋る思いで描いたのが「アルルカン」と「ピエロ」。その作品で出世をしてしまいます。

仁科は佐伯に謝罪しますが、自分では出来なかったことを仁科がやってくれてうれしい!と返事をし、翌日病死してしまいます。

仁科の死の真実は自殺。おそらく佐伯への罪悪感が要因となってしまったことを半沢は察します。「宝」は幻となったが、仙波社長は経営計画を練り直し何とか立て直そうとします。そして堂島の目にもかない、倒産から守り抜いた物件を仙波工藝社の担保にすることを承諾します。

それでもなお、融資部担当調査役の猪口など宝田に力を貸す連中により怒涛の妨害が続いていきます。資金が無くなってしまうのか。買収を受けてしまうのか。佐伯の過去は闇に埋もれてしまうのか。

以上ここまでがクライマックスとなります!いかがでしたでしょうか??ここからは半沢直樹ドラマ終了後どうなるのか調べていきます!

今のところ特に続編や、特別篇とうの放送予定はなさそうです。ネットでは視聴者からの半沢ロスの声が多く届いていました!!

ドラマ本編エンディングでは「みなさん、応援ありがとうございました!」のテロップが!番組公式ツイッターでも「さらば!半沢直樹!」と別れの言葉が、、
視聴者からは第3弾を待ち望んでいる声がかなり多いのですが。
果たしてどうなるのか、、。かなり望みは少ないですが、期待をするのは自由なので待っていましょう!

「半沢直樹」は、動画配信サービス「Paravi」で
第1話から最新話まで視聴できます。
ダイジェスト&次回予告の配信です。
今すぐ お試し登録
Paravi」は、2週間無料
無料期間の解約で違約金なし
ボタン一つで、簡単解約可能です。

【まとめ】

以上!今回は半沢直樹について調べてきました!!いかがでしたでしょうか??
人気ドラマが最終回を迎えて話題にもなっていますが、こんなにも反響が凄いのか!
と私自身、知らべながらビックリしてしまいました!

半沢ロスで第3弾も是非やってほしい!!と祈願する声が多かったです!最終回終了後はSNSは半沢直樹の話題で大変なことになっていました。可能性は少ないですが、絶対ない!という訳ではないので期待は無くさず待ちましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました