キングダム王騎将軍大沢たかお全治2か月腹直筋断裂撮影は継続?上映は間に合うか?

映画

今回は、「キングダム」王騎将軍大沢たかおさんファンにとっては、ちょっとびっくりする報告です。

映画「キングダム」で王騎将軍を演じる大沢たかおさんが全治2か月腹直筋断裂の大けがをされたことが発覚したのです。

2019年に映画化され興行収入57億円という大ヒットを記録した、映画「キングダム」は、続編の制作が2020年5月に発表され、同年の6月にクランクインしていました。

大沢たかおさんが全治2か月腹直筋断裂の大けがをされて、果たして撮影は継続できるのでしょうか?

そして、「上映は間に合うのか?」についてこの記事でひとつずつ解説していきます。

「キングダム」ファンならとても気になる出来事だと思います。

いったい何をしていて全治2か月「腹直筋断裂」の大けがなんかされたのでしょうか?

「腹直筋断裂」とは、どんなケガなのかも気になりますよね?

それでは、早速始めましょう。

 

王騎将軍大沢たかお 全治2か月腹直筋断裂 何してできた?どんなケガ?

映画「キングダム」続編に出演されている大沢たかおさんが、撮影が一時休止中だった8月初旬に、ハードな筋トレが原因で「腹直筋断裂」という全治2か月の大けがをされていました。

大沢たかおさんは、映画「キングダム」第1作で王騎将軍を演じるために、体を徹底的に肉体改造して役作りされたことで有名です。

超人である王騎将軍を再現するために15kgも体重を増やし撮影に挑まれました。

大沢たかおさんは、”王騎将軍の身長は2mだった。

身長は伸ばせないけれど筋肉を増やすことで役作りをした。”と俳優要潤さんとの対談で話していました。

大人気まんがを実写化するときは、まんがの「キングダム」ファンにも納得してもらわないと映画はヒットしません。

「キングダム」のキャラクターの中で、一番再現が難しいと思われたのは、大沢たかおさんが演じることになった王騎将軍でした。

超人であり独特のしゃべり方、そして不敵な表情の王騎将軍です。

結果的には、そんな王騎将軍を大沢たかおさんは、まるで原作から抜け出て来たかのように忠実な演技とビジュアルで観ている者を圧倒しました。

まんが「キングダム」ファンからも大絶賛をされ「王騎が王騎すぎてやばい」とまで言われたのです。

またSNSでは、王騎将軍の「ンフ」という笑い方が原作通りだったため「まさに王騎将軍がそこにいた」「王騎将軍にしか見えなかった」と次から次に投稿されました。

もちろんツイッターでは、トレンド入りです。

大沢たかおさんも、王騎将軍は主役ではないけれど「キングダム」の象徴となるキャラクターだと分析していました。

続編でもますます重要な役回りをする王騎将軍を演じるために、大沢たかおさんは、ハードな筋トレをされていました。

その結果「腹直筋断裂」という大けがに見舞われてしまったのです。

「腹直筋断裂」とは、わかりやすくいえば腹筋の肉離れという状態。

腹筋がまだ固い状態で急激に運動を始めた場合などに起こりやすいとされています。

軽い場合は安静にすれば1,2週間で完治です。

しかし、大沢たかおさんは全治2か月なので重症だったと思われます。

重症の場合は日常生活で、「立つ」、「座る」、「歩く」等何をするにも痛みが伴います。

重症でありながら大沢たかおさんは、発症後2週間で撮影に挑まれました。

共演者には何も告げずに、終日馬に乗り撮影をこなされたのです。

いかにも、プロ意識の高い大沢たかおさんらしいエピソードです。

だけど、大沢たかおさんファンにとってはとても心配ですよね。

 

王騎将軍大沢たかお 撮影は継続?上映は間に合うか?

大沢たかおさんは、8月の初旬に「腹直筋断裂」という大けがをされました。

全治2か月ということなので、現在(2020年10月8日)本来ならば完治しているはずです。

しかし、通常「腹直筋断裂」を完治させるには、安静が必要です。

大沢たかおさんは、「腹直筋断裂」発症2週間後から撮影に挑まれていました。

しかも、大きく腹筋を使う乗馬を終日です。

「腹直筋断裂」は、一度発症すれば、再発する恐れがあります。

再発させないためには、筋肉を使う運動をする前にしっかりとストレッチを行い、筋肉の柔軟性を高めた上で運動をすることが必要です。

大沢たかおさんは、週刊文春の取材を受けたときに、「かなり痛みはありました」と述べています。

苦笑されていたとのことですが、相当痛かったと思います。

ところで、映画「キングダム」は今回の続編だけでなく、パート4までの制作が決まっています。

そのため、パート2、パート3、パート4の3作品を一気に撮影しているのです。

映画ファンにとって朗報であっても、制作者側はとてもハードなスケジュールだと思います。

しかし、撮影は順調に進み上映についても予定通り、問題なしと推測できるのでよかったですよね。

まとめ

https://twitter.com/megu8910/status/1269260941629128705

今回は、「キングダム」ファンや大沢たかおさんファンが、びっくりするような報告でした。

続編の制作が2020年5月に発表された映画「キングダム」が、同年の6月にクランクイン。

そして、撮影の休止中の8月初旬に王騎将軍を演じる大沢たかおさんが、筋トレ中に全治2か月「腹直筋断裂」の大けがをされたという内容でした。

しかし、プロ意識の高い大沢たかおさんは予定通り撮影をこなされました。

映画「キングダム」続編の上映も間に合うとのことなので一安心ですよね?

「いったい何をしていて全治2か月大けがなんかされたのか?」という疑問に対しては、まだ腹筋が固いうちに急激に運動をしたためでした。

王騎将軍を演じるためにハードな筋トレをされていたと聞いています。

「腹直筋断裂」再発防止のためにも撮影が終わったら安静に過ごしていただきたいと思います。

そして、大沢たかおさん出演映画「キングダム」続編の上映がとても楽しみですネ!

映画キングダムを今すぐ無料で見る

大沢たかお出演「映画キングダム」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
今すぐ おためし無料
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました