トレンディエンジェル斉藤撮影中に骨折?番組、ケガの状態、今後の活動は?

芸人

今回は、とても心配なニュースです。

お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司さんが、テレビの撮影中に骨折をしていたことが明らかになりました。

斎藤さんのケガの状態や今後の活動について調べましたので、ぜひ最後までお読みください。

トレンディエンジェル斉藤 撮影中に骨折?番組はなに?

「トレンディーエンジェル」の斎藤さんが骨折してしまったのは、フジテレビ系「でんじろうのTHE実験」のロケ中でした。

ロケは、10月8日群目県内で行われました。

午後2時頃、「エアバッグをお尻で爆発させたら宙に浮くことはできるか?」という実験を行った時、斎藤さんが地上1m30㎝ほどの高さまで浮き上がってしまったのです。

その後右手から落下、左の腰を強打したため、群馬県内の病院に救急搬送されました。

制作者側の関係者の話によると、本番前にスタッフが事前に試したときは30㎝ほどしか浮かなかったとのことです。

斎藤さんにもこのスタッフによる事前の検証については「30㎝も浮かない」と伝えていたそうです。
斎藤さんは、その言葉を信用していたら、本番では1m30㎝も浮いてしまいびっくりされたと思います。
バラエティ番組では、これまでも数えきれないほど撮影中の事故が起きています。
制作者側は、安全対策をどのようにされているのでしょうか?
TBSで2019年9月15日にお笑いトリオ「ネルソンズ」の青山フォール勝ちさんがバラエティ番組「笑いが無理なら体張れ」収録中に大けがをされました。
右肩甲骨関節窩(かんせつか)骨折など、全治8週間のけがです。
その時の、TBSの説明では、「青山さんご本人をはじめ、所属事務所ほか関係各所の皆様に大変ご迷惑をおかけしました」と謝罪。番組の収録にあたっては「参加する方にヘルメットと、首・肘・膝の3か所にサポー ターを着用していただき、怪我防止の対策をとっていました。また、事前のシミュレーション を9月8日、14 日(収録前日)と2日かけて実施するなど、安全面には注意を払っておりましたが、青山さんが怪我をされたことについては大変申し訳なく思っております”
引用:https://www.oricon.co.jp/news/2144754/full/
これほど入念に事前に安全対策をとっていても突発的な事故は起こります。
しかし、今回の斎藤さんの事前の安全対策は、1度だけスタッフが検証しただけでした。
専門家と言えばフジテレビ系「でんじろうのTHE実験」の米村でんじろうさんです。
都立高校教師を経て、現在はサイエンスプロデューサーとして活躍されています。
でんじろうさんは、子供たちが実験を通してもっと驚き、笑って楽しめるようにしたい。
理想はドリフターズだと言われています。
子供たちが楽しめるような番組にするために、これからはしっかりと安全対策をしてロケをしてほしいと思います。

テレビバラエティ番組撮影中の事故

 

これまでに、テレビのバラエティ番組撮影中に起こった事故を紹介します。

★1991年8月 フジテレビ系の深夜番組『1or8(ワンオアエイト)』の収録中の大惨事です。

お笑いタレントヒロミさんが、大量のロケット花火を背負って空中に飛び上がるのを目指す企画です。

ヒロミさんは、耐火性のスーツを着用しているものの、約6000発ものロケット花火を背負って発射台に立ち点火されると少しは浮き上がりました。

しかし、火が瞬く間にヒロミさんを包み込み、撮影スタッフは非難するほどの火災現場に一転します。

ヒロミさんは、意識不明のまま救急搬送されました。

お尻から両足の後ろ側に重度のヤケドを負い、移植手術を受け1か月後には退院できています。

★2008年3月に放送された「オールスター感謝祭’08 超豪華!クイズ決定版」。
お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんがローションをつかった相撲のコーナーで、「体格差のある者同士の対決企画」に参加し、右肋骨骨折をされ全治1か月の重傷を負う事故に遭いました。
★2012年2月お笑いコンビ「ずん」のやすさんがバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」のロケで腰の骨を折る大けがをしました。
★2019年年5月 お笑いコンビ「ANZEN漫才」みやぞんさんが日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」で、左足首の距骨(きょこつ)が約7ミリ欠ける事故に遭いました。
内容は、火の輪くぐりでした。
★2019年5月23日放送の「ぐるぐるナインティナイン 2時間SP」では、お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之さんが乗馬中に落下してしまいました。
そして番組中に馬の下敷きになるという映像が流れ、お茶の間に衝撃が走りました。
矢部さんは足を負傷しましたが、大事には至りませんでした。
★2019年9月 お笑いトリオ「ネルソンズ」の1名がTBS「笑いが無理なら体張れ」で腕をひねり右肩甲骨関節窩(か)骨折しました。
★2019年11月6日 日本テレビ「ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル」で俳優の佐野史郎さんが、「ペットボトルが破裂する力で空中に浮く企画」で第3腰椎を骨折する大事故に遭いました。

★2019年12月 正月番組『ウルトラマンDASH』(日本テレビ系)の収録中にTOKIOの城島茂さんが事故に遭っています。

城島さんは、80㎝ほどの梯子から転落し、背中を強打され骨にヒビが入りました。

翌日には職場に復帰できたので、大事には至らなかったようでよかったですね。

ここに紹介したのは、一例です。

もっと深刻なケースもありました。

一歩間違えれば大惨事になりかねません。

視聴者は、安全に行っているのだと思うからこそ笑えるのです。

危険を冒してまで笑いを取る必要はありません。

安全対策を万全にした上で、番組の収録をして欲しいと思います。

 

トレンディエンジェル斉藤 ケガの状態完治はいつ?今後の活動はどうなる?

お笑いコンビ「トレンディーエンジェル」の斎藤さんは、2020年10月8日午後2時頃、バラエティー番組「でんじろうのTHE実験」のロケで事故に遭い救急搬送されました。

そして、病院でエックス線などの検査を受けた結果「第11胸椎の圧迫骨折」と「右手首捻挫」と診断されています。

「第11胸椎の圧迫骨折」とは、背骨を形成している、胸椎の11番目の骨を圧迫骨折したということになります。

治療方法は、コルセットを装着し安静を保つことです。

担当医から「痛みは1カ月ほど続くが、日常生活に支障はない」と、説明を受けています。

幸い入院には至らず検査後、斎藤さんはご自宅に戻られました。

斎藤さん自身は、腰の痛みはあるが通常の会話も出来る為、9日以降も仕事を予定通り行いたいと希望されています。

斎藤さんの所属事務所「吉本興業」は、事故を認めた上で「9日以降の仕事についてはわからない」とコメントしています。

そして、フジテレビはこのようなお詫びのコメントを発表しました。

弊社のバラエティー番組「でんじろうのTHE実験」の収録中にトレンディエンジェルの斎藤司さんが、ケガをされたのは事実です。負傷された際の状況など詳細については現在確認中です。本日の診断では、コルセット等で固定すれば日常生活を続けていくのは可能とのことですが、明日以降改めて精密検査を受ける予定だとのことです。斎藤さんおよび関係者の皆様に心よりお詫び申し上げるとともに、今後の治療等につきましては誠意を持って対応してまいりたいと考えております。

引用:ヤフーニュース

2020年10月9日にフジテレビお昼の情報番組「バイキングMORE」の中でお笑いコンビ「ココリコ」の遠藤章造さんは、斎藤さんのロケで大けがをした件についてこのようにコメントをされました。

「斎藤もまだ小さい子供が生まれたばっかりだったりで、大変やなと思う。

一生懸命仕事をしているので、仕方ないことなんで、こういうことは」

と、先輩らしくねぎらいの言葉を書けていました。

そして、「代わりが必要だと思うので、僕で良ければ何でもやりますので、これからもよろしくお願いします」とさりげなく自分をアピールし笑いをとっていました。

 

まとめ

今回は、フジテレビ系「でんじろうのTHE実験」のロケ中に、「トレンディーエンジェル」の斎藤さんが骨折してしまった話題を紹介しました。

ロケの内容は、2020年10月8日午後2時頃、「エアバッグをお尻で爆発させたら宙に浮くことはできるか?」という実験でした。

本番で実験を行った時、斎藤さんが地上1m30㎝ほどの高さまで浮き上がってしまい、その後右手から落下、左の腰を強打しました。

病院でエックス線などの検査を受けた結果「第11胸椎の圧迫骨折」と「右手首捻挫」と診断されています。

本人は、9日からの仕事復帰を希望されていますが、所属事務所「吉本興業」は、「未定」とのことです。

「ココリコ」の遠藤さんも言われてましたが、まだお子さんも小さいので、早くケガを治して元気にテレビの中でまた私たちを笑わせて欲しいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました