ロンハー50PA正体はぺこぱ松陰寺生き残るのはどっち?最強のライバル理由は?

バラエティ

2020年10月8日、18時45分から放送された「ロンドンハーツ3時間SP」。その中で、50TAの公式ライバルとして正式に発表された50PA(読み方:フィフピーエー)。

放送までは50PAが誰なのか、正体は謎に包まれていましたが、当日の放送にて、ぺこぱの松陰寺さんであることが明かされました。

50TAこと狩野英孝さんと、50PAこと松陰寺さんは、10月29日午後8時からTVerにて無料配信される生配信ライブの出演権をめぐって歌バトルを繰り広げました。

その結果出演権を得たのはどちらだったのでしょうか?

ロンハー 50PA正体はぺこぱ松陰寺 生き残るのは50TAか?

「時を戻そう」、「はい」の2曲を披露しながら登場した音楽界の歌舞伎者50PA。

特に「はい」は、「はいはいはいはーい」と松陰寺さんが歌った後に観客も同様の掛け声をする演出があったためライブシーンにはぴったりの盛り上がりを見せました。それを見た狩野さんは、歌詞の内容がパワハラであるといちゃもんを付け対抗する様子を見せます。

そんな2組が生配信ライブをかけて対決しました。その内容は3曲、それぞれ曲を作りそれをオンエア。番組後半の生放送で視聴者投票が行われ、勝った方が生配信ライブを行うことができるというものでした。

それぞれ助っ人の力も借りながら3曲作成。狩野さんにはいつものごとく、番組MCロンドンブーツ1号2号の田村淳さんから曲のタイトルをリクエストされます。

そのタイトルは「ギリシャのサリー」。サリーと聞くと狩野さんのかつての交際相手の顔が誰しも浮かんできそうですが、おかまいなし。そして、かつて一緒に数々の即興ソングを作成した50TA初期のプロデューサー吉岡一政さんも登場。再び一緒に即興ソングを作成します。

一方の松陰寺さんは、助っ人なくともすでに4曲もの曲を作り始めていました。しかし、50TAにだけ助っ人をつけてはフェアではない、ということで登場した50TAの助っ人はなんとヒャダインさん。一緒に新感覚の歌を作りげました。

そして、曲を披露し対決することとなりました。50TAこと狩野さんは、「ギリシャの女神」(女神と書いてサリーと読む)をはじめとした3曲、50PAこと松陰寺さんは、「決定的(ヒャダインアレンジ)」をはじめとした3曲を披露しました。狩野さんには応援として事務所の後輩である三四郎の小宮さんがサプライズで登場、松陰寺さんには相方のシューペイさんがエアギターで応援に参戦しました。

3曲の曲対決の結果、勝利を手にし、生配信ライブの権利を得たのは50PAこと松陰寺さんでした。50PAのライブは10月29日午後8時から、TVerで生配信されます。

勝ったのは何故、松陰寺さんなのか、何故最強なのか、次項で掘り下げていきます。

ロンハー 50PA正体はぺこぱ松陰寺 50TA最強のライバルとなる理由は?

公式ライバルとして、松陰寺さんが選ばれたのは、かつてミュージシャン志望で、自身での楽曲作成経験があり、50TAと共通する部分があったからであると説明されていました。

登場時、松陰寺さんは「毛量も世代交代しませんか?」と挑発していましたが、確かに毛量含め、第7世代のぺこぱには勢いがありますから、同じミュージシャン志望の過去を持つ勢いのある若手としてぺこぱ松陰寺さんはライバルとしてふさわしい人物でしょう。

ただ、個人的には登場時の「時を戻そう」という曲で一抹の不安を覚えました。松陰寺さんの決め台詞である「時を戻そう」を引用した歌なのですが、正直言っていまいち。一見、恋愛の歌なのですが、恋愛の歌としてキザに決めてくれれば良いものの、「時を戻そう 不倫する前に」という歌詞も出てくるのです。そんな歌詞を使うなら、今話題のアンジャッシュ渡部さんを想起させるものを曲に入れるなどいくらでも転がしようがありそうですが、そういう訳ではないのです。

そもそも、50TAというのは歌詞の意味は確かに不思議で、意味が分からないこともありますが、総じてそれがメロディーに乗ると不思議と何か響くものがある、良い歌なんじゃないか、と思わせるものがあるのです。

そこが50TAの魅力なのですが、50PAの「時を戻そう」は、そういった魅力を引き継ぐわけでも、対抗するために新しい切り口として毒を混ぜるわけでも、自分たちぺこぱの魅力を混ぜるわけでもなく、ただ、決め台詞が入っただけの曲だったので、これは公式ライバルとして出すにはぺこぱはまだ実力が不足している、失敗だったのではないかと思ってしまいました。

しかし、対決の際に披露された、「決定的」、「足りない」は最高、最強でした。

「決定的」は、謎の擬音や独特の歌詞、独特の言い回しがちりばめられながらも、愛を歌うポップな曲に仕上がっており、何故か良い歌なんじゃないかと思ってしまうものがありました。これは50TAに通じるものがある!50TAに対抗できる!と思わせてくれました。

また、「足りない」では、一転し松陰寺さんの経験から作られたのではと思わせる、番組での尺が足りないという趣旨の曲に仕上がっていました。これは最高でしたね。50TAと同じような独特の言い回しや曲調とは異なるのですが、今のぺこぱの番組に出る際の葛藤がよく表現されていました。

それだけではなく、曲の途中で「目を見て」という歌詞が出てくるのですが、そこでは相方のシューペイさんに近づきカメラに向かってポーズをするという演出も。ブレイク中の芸人さんにはアイドル的なオーラがありますから、こういった演出をするととにかく光るし面白いと思うのです。

今の松陰寺さんにしか書けない、今の松陰寺さんだから輝いて見える演出というのは50TAとは違った魅力、50PAらしさが良く出たのではないかなと思いました。

結果、勝利を手にした50PA。登場時は不安でしたが、対決の2曲を聴いて、これからが楽しみになりました。

もちろん、50TAの「ギリシャの女神」なんて面白すぎて涙がでました。しかし、そんな面白い歌よりも、今後も50PAは公式ライバルとしてやっていくにふさわしい素質があると思った視聴者が多かったことから、50PAが勝利したのではないでしょうか。音楽界の革命児50TAに対抗できると、視聴者が認めたのであれば、間違いなく50PAは最強でしょう。

まとめ

今回の放送で新たに誕生した50TA公式ライバル50PA。ライバルに刺激された50TAも、「ギリシャの女神」という名曲を生み出すことに成功し、まさに相乗効果の良いライバルなのではないでしょうか。

10月29日の生配信ライブが楽しみなのはもちろんですが、今後も50TA、50PAそれぞれの活躍がますます楽しみになりましたね。ぜひ、みなさんで50TA、50PAを応援しましょう。

ロンハー3時間SP 50PAは誰?50TAの最強ライバル?
2020年10月8日(木)18時45分~ロンドンハーツ「女性芸能人スポーツテスト」&「50TAに最強ライバルが登場!!」ゴールデン3時間SPが放送されます。 音楽界の革命児こと「50TA」の最強ライバルとして「50PA」が登場します。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました