だから私はメイクする第1話熊谷すみれが働くショップロケ地感想? 

ドラマ

2020年10月からテレビ東京系「ドラマパラビ」でテレビドラマ化された「だから私はメイクする」

「メイクする理由」を通して見えてくる現代女性たちの生き様を描いていて、女性なら共感間違いなし!だとか。シバタヒカリさんの劇団雌猫によるエッセイ集『だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査』(柏書房)を原作としているオムニバス形式の作品です。ドラマの続きが気になる!というかたはそちらを読んでみるのもいいかもしれませんね!今回はこのドラマのロケ地・撮影協力についてまとめてみました!

だから私はメイクする 第1話公式あらすじ

学生時代は地味なオタク女だった。“人並み”になれたらと始めたメイクは次第にエスカレート!すっかりメイクの沼にハマってしまった会社員・錦織笑子(島崎遥香)。彼女が愛するのはお人形のような濃いメイク。それゆえ職場ではちょっと浮いてしまっている。
ある日、話題のコスメショップでアイシャドウを見ていると、ビューティーアドバイザーの熊谷すみれ(神崎恵)がお試しを提案する。
笑子は自分が陰で「マリー様」と呼ばれていることを話し始める…。
好きな自分でいるためのメイクとは?

<引用>だから私はメイクする 公式

だから私はメイクする 第1話ロケ地

西武池袋本店 東京都豊島区南池袋1丁目28−1

本当に西武池袋本店内の化粧品店をお借りして撮影をしているようです!

熊谷すみれがBAとして働いている店も行ってみたらわかるかもしれませんね。
タッチアップのシーンもリアルでした。

西武池袋本店
★★★★☆ · デパート · 南池袋1丁目28−1

だから私はメイクする 第1話撮影協力一覧(エンドロール)

西武池袋本店 たちかわ創造舎 四谷ひもの屋 JINNAN CAFÉ

だから私はメイクする  第1話の感想

始まってすぐにたくさんのコスメが登場して、心躍りました!シャネルのアイシャドウやエクセルのアイシャドウなど、本当に実在する化粧品も沢山紹介されていて、化粧品を見たり買いに行きたくなりました。リアルユーチューバーの吉田朱里さんも出演していて、作中でもユーチューバーのような動画が流れて一瞬CMかな!?と驚きました。ユーチューブ的映像と本編にもエクセルのアイシャドウだけ2~3回登場したのでちょっと実際の目で見てみようかなぁと思います!

錦織さんの「私の価値は私が決める」という発言に感心してしまいました。着飾ったりオシャレするのは異性のためではありません。化粧の濃さや薄さで、ありのままかそうでないのかなど判断されるのもたまったもんじゃないですね。女性は勿論、男性にも見てもらいたいドラマだと思いました。化粧が濃いから強そうと言っていた男性、個人的に「イラッ」がマックスになりました。

漫画の実写化、かつ化粧という女性なら誰もが通る道を題材にしていて、親しみやすい内容だったのではないでしょうか。実際の化粧品店を利用しての撮影も、セットよりもぐっとリアルで実感がありますね。もしかしたら、自分が知らないだけで本当にこういう人いるのかも…と思うようなドラマでした!1話30分の短いドラマですので隙間時間にさくっと見ることもできます!

だから私はメイクする 第2話公式あらすじ予告

締め切りに追われる少女漫画家・川松奏子(阿部純子)。
メイクやおしゃれに無頓着な奏子の生きがいは漫画と男性アイドルグループ・ボイメン!
推しメン本田剛文くんの笑顔を頭に浮かべながら新連載に向け奮闘していると、ファンからピンクのマニキュアが送られてきた。
本田くんのイメージカラーで気分もアガる!
はずだったが、慣れないネイルはぐちゃぐちゃに…。そんな中、熊谷(神崎恵)と芽生(志田彩良)に偶然出会う。いつでも自分の“大好き”が目に入る日常とは…?

<引用>だから私はメイクする 公式

だから私はメイクする 今すぐ無料で見る

「だから私はメイクする」は、動画配信サービス「Paravi」で
第1話から最新話まで配信されます。
見逃した人、見れなかった人は、今すぐ おためし無料
Paravi」は、2週間無料
無料期間の解約で違約金なし
ボタン一つで、簡単解約可能です。

「だから私はメイクする」の原作漫画をお得に読む方法

「だから私はメイクする」の原作漫画は、劇団雌猫によるエッセイ集『だから私はメイクする 悪友たちの美意識調査』(柏書房)を原案、『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載されました。全1巻のコミックスです。

U-NEXTだと無料で読むことができます。お試し登録は31日間無料で利用することができ、登録時に600ポイントを無料でもらうことができます。月ごと更新時には1200ポイントもらえますので、全部読むことができますね。

今すぐ おためし無料>

コメント

タイトルとURLをコピーしました