あのコの夢を見たんです。第2話医療事務の医院モンスター倒した場所ロケ地感想?

ドラマ

第2話の妄想の女優は芳根京子!

笑うことが苦手な彼女は勇者になって町を救うことになったが、仲間の裏切りにあってしまい、勇者としての自分を見失ってしまう。その時、元祖勇者の言葉に励まされた勇者が取った行動とは?!

あのコの夢を見たんです 第2話(芳根京子出演回)あらすじ

30年前に滅ぼされた魔王が突如、復活した。
当時、魔王を倒した勇者ら“光の騎士”たちは再集合するが、30年という時が彼らを弱体化させていた。世界に平和を取り戻すべく、新たな勇者を求め、山里(仲野太賀)らは試行錯誤を始める。

そんな中、平凡で内気な医療事務の京子(芳根京子)が、新たな勇者に任命されてしまう。世界を救うという大役を背負わされてしまった京子は、訳も分からず、魔王討伐に向かうのだった…。

<引用>あのコの夢を見たんです。 公式

あのコの夢を見たんです。 第2話(芳根京子出演回)のロケ地

カフェビィオット 東京都千代田区神田美倉町1番地

山里亮太がマネージャーに写真を撮られてバカにされたので、また妄想を始めた喫茶店

西田小児科医院 静岡件御殿場市茱萸沢1347番1号

勇者である芳根京子が医療事務として働いていた山里診療医院

富士白糸ワンダーミュージアム 静岡県富士宮市佐折599番

勇者芳根京子が最初にモンスターを倒した場所

あのコの夢を見たんです。 第2話(芳根京子出演回)撮影協力一覧(エンドロール)

西田小児科医院 エイワ ロケ応援団!富士宮 御殿場フィルムネットワーク 御殿場フィルムコミッション

あのコの夢を見たんです。 第2話(芳根京子出演回)感想

妄想なので、何でもありかと納得して見ることができた今回は、山里亮太は女優をきちんと考えて、その女優にあった妄想をしているのだと感じることができました。芳根京子は勇者のイメージなのだなと思って見ると、話を理解することができましたし、山里亮太の妄想を純粋に楽しませてもらいました。勇者が取材を受けるシーンとかは現実離れしているようで今時のようで、妄想という世界を壊さずに展開しているところが良かったです。次回は森七菜なので、どんなシチュエーションで妄想するのかが楽しみです。
妄想なのだから、山里亮太本人はいくらでも良い役を演じられるのに、今回は儲けることしか考えないダメ人間で、逮捕までされてしまう役をあえて選んだのには笑ってしまいました。きちんとオチをつくるところが芸人らしいなと感じました。

あのコの夢を見たんです。 第3話(森七菜出演回)予告

天真爛漫でいつも明るい人気者・七菜(森七菜)は、男友達は多いものの恋人ができず悩んでいた。幼馴染で内気なヤマ(仲野太賀)と話していると、七菜は、モテる女性は、少しか弱い悲劇のヒロインタイプであることに気づく。七菜は悲劇のヒロインになるべく、一大プロジェクトを立ち上げる。それから放課後、2人は自由にアイデアを出し合い、悲劇のヒロインに近付くために試行錯誤をするが、ヤマには秘めたる想いがあり……。

<引用>あのコの夢を見たんです。 公式

あのコの夢を見たんです。 今すぐ無料で見る

「あのコの夢を見たんです。」は、
動画配信サービス「Paravi」で配信。
今すぐ お試し無料
Paravi」は、2週間無料
無料期間の解約で違約金なし
ボタン一つで、簡単解約可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました