映画罪の声あらすじネタバレは?キャストは?小栗旬星野源他

映画

みなさんは、映画『罪の声』をご存知でしょうか?

映画『罪の声』は、2020年10月30日に公開が予定されている映画作品で、小栗旬と星野源が初共演すると話題になっている作品です。

そんな映画『罪の声』について。いったい、どのような内容のストーリーになっているのか、そのあらすじやネタバレに関する情報や、また小栗旬や星野源の他に、どのようなキャストが出演しているのか。これらについて、調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

罪の声あらすじネタバレは?

映画『罪の声』は、いったいどのような内容のストーリーになっているのでしょう?
本作品のあらすじやネタバレについて、話していきたいと思います。

京都で亡くなってしまった父親のテーラーを継いだ曽根俊也。彼は、その仕事に誇りを持っており、妻と娘、そして母親とともに平凡ながらも、幸せに暮らしていました。

そんなある日、体調を崩してしまい入院していた母親から、アルバムと写真を持ってきて欲しいと頼まれます。母親の願いのため、曽根俊也はアルバムを探すことに。そして、探している最中に、父親の遺品が入っている引き出しの中に、黒い革のノートと古いカセットテープを見つけました。

見つけたカセットテープを再生してみると、幼い頃の自分が、風見しんごの曲を歌っている声が聞こえてきます。

ノートに書かれている内容も確認してみると、英文で書かれた文章と所々に日本語が書かれているといった内容になっていました。

日本語で書かれているのは、”ギンガ”や”萬堂”といった有名なお菓子メーカーの名前です。

テープとノートを通して、曽根俊也の頭の中に、とある事件の名前が浮かびます。
それは、”ギン萬事件”という事件です。

“ギン萬事件”は、お菓子メーカーのギンガの社長の身代金誘拐事件。これを発端にして、複数のお菓子や食品メーカーが恐喝され、毒入りのお菓子がばら撒かれた事件で、2000年に時効を迎えたという事件でした。

この事件の特徴は、被害を受けた企業との接触をはかる際に、女性や児童の声が録音されたテープを使用していたこと。

曽根俊也は、インターネットを使って、事件で使用されていた音声を検索すると、自分の手元にある音声テープと同じものであることを知ります。

いったいなぜ父親の遺品から、このテープが出てきたのか。どうして幼い頃の自分の声が、事件の使用されてしまっていたのだろう?曽根俊也は悩むも、誰にも相談できず、更に悩むこととなりました。

そして悩んだ末に、父親の幼馴染で、お店の常連でもある堀田信二を頼ることにしました。

スポンサーリンク

出演キャストは?小栗旬星野源他

さて、そんな内容のあらすじになっている映画『罪の声』ですが、出演しているキャストも豪華な名前が連なっています。

小栗旬や星野源が出演していますし、その他にも多くの俳優が本作品の撮影に参加していますよね!そこで、どのようなキャストがいるのかについても、調べてみました!

市川実日子/曽根亜美

市川実日子は、映画『罪の声』で星野源が演じる曽根俊也の妻である曽根亜美、という役を演じます。

そんな市川実日子は、2003年に公開がされた初主演を飾った映画『blue』で、第24回モスクワ国際映画祭の最優秀女優賞を受賞しています。

また、2016年に公開された映画『シン・ゴジラ』では、毎日映画コンクール女優助演賞や、第40回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞している実力のある女優ですよね!

市川実日子出演『シン・ゴジラ』は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
無料お試し!今すぐクリック!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
U-NEXTの解約など詳細はこちらをクリック

その他にも、宮崎あおいが主演を務めていた大河ドラマ『篤姫』に出演していたことや、『凪のお暇』にも出演していました。

梶芽衣子/曽根真由美

映画『罪の声』では、曽根真由美という星野源が演じている曽根俊也の母親役を演じる梶芽衣子。

梶芽衣子といえば、ブルーリボン賞主演女優賞や、報知映画賞主演女優賞、キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞といった、数々の賞を獲得してきた名女優です。

そんな梶芽衣子は、多くのテレビドラマや映画に出演しています。1970年の日活映画『野良猫ロックシリーズ』の4作で主演を務めていたことや、『鬼平犯科帳シリーズ』で、密偵のおまさ役で長年の間出演していたことも印象的です。

最近では、『きのう何食べた?』などといった作品にも出演しており、いま現在でも精力的に活躍されています。

松重豊/水島洋介

松重豊は、小栗旬の演じる阿久津英士が勤めている大日新聞の広告子会社の社長の水島洋介という役を務めています。

彼は、第22回東京スポーツ映画大賞で男優賞を受賞していたり、第11回ドラマオブザイヤーで助演男優賞を受賞していたりするほどの、名俳優ですよね。

そんな松重豊も数々の作品に出演しています。中でも、『孤独のグルメ』が印象に残っている方が多いのではないでしょうか。その他にも、『ソロモンの偽証』や『HERO』、『ハナミズキ』とった作品にも出演しています。

スポンサーリンク

まとめ

今日は、映画『罪の声』について。そのストーリーがいったいどのような内容のあらすじになっているのかについてや、本作品の撮影に参加しているキャストについても、調べてみました。

映画『罪の声』で初共演するという小栗旬と星野源。この二人の共演によって、どのような作品になるのかどうか、気になるという方も多いと思います。

また、監督は『ビリギャル』などを手掛けた土井裕泰が務めており、脚本を『逃げるは恥だが役に立つ』や『図書館戦争』シリーズを手掛けた野木亜紀子が担当していて、そのストーリーは面白いこと間違いなさそうです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました