バベル九朔2話満大目覚めた地下、満大飛んだ景色ロケ地、感想?

ドラマ

10月19日より放送中、菊池風磨さん(Sexy Zone)主演のドラマ「バベル九朔」。マンションの管理人としてやってきたビルで起こる奇妙な出来事を描いた作品です。

その奇妙な世界を描くために用いられたCG技術のクオリティーの高さが、作品の世界観をより良いものにしています。

10月26日放送の第2話では、四条さんの秘密が明らかになると共にバベルの謎にも一歩ずつ近づいていきます。そんなバベルの世界を、早速ご紹介していきます。

バベル九朔 第2話あらすじ?


“バベル”という不思議な世界に巻き込まれたことが、夢か現実か分からぬまま、満大(菊池風磨)は、地下の物置部屋の前で目を覚ます。ここのところ四条さんの様子がなにかおかしいと気がかりだった満大。

その翌日、パチンコに行く予定だという市川さん(アキラ100%)たちから「約束の時間になっても、四条さんが現れない」と聞かされる。
違和感を感じた満大は、おぼろげな記憶の中で、白い服の少女(川上凛子)に「現実世界で夢を諦めてしまった人が“バベル”に取り込まれる」と教えられたことを思い出す。

満大は「まさか、四条さんが…」と半信半疑で再び“バベル”の世界に行ってみることに。
そこには、娘・紗耶香と幸せそうに暮らす四条さんの姿があった。しまいには「宝くじが当たったので、探偵事務所を畳もうと思う」と言い出す。満大が何度「ここは現実じゃない」と伝えてもまったく聞き入れない四条さん。満大は四条さんを現実世界に連れ戻すために “バベル”の世界と現実世界を往復し、“四条さんの過去に何があったのか”手がかりを探す。すると、思いもよらない事実を知ることに。果たして、満大は四条さんを無事に現実世界に連れ戻せるのか!?

<引用>バベル九朔 公式

バベル九朔 第2話に登場したロケ地・撮影場所は?

本田ビル 東京都大田区大森北1-36-5

現実世界に戻るシーンで映る「バベル九朔」の外観(第1話と同じ)

内藤ビル 東京都町田市原町田4-7-3

バベルにつながる扉のある「バベル九朔」の地下(第1話と同じ)

満大が倒れていたスナックの前の通路

内藤ビル
建造物 · 原町田4丁目7−3

バベル九朔 第2話撮影協力(エンドロール)は?

浜住研株式会社 買い取りショップ お金のなる喜

バベル九朔 第2話の感想

バベルの入り口は地下の部屋、現実に戻るにはビルから突き落とされるということのようですね。でも、「ぼくはここにいる」と言うと戻れなくなってしまうなんて、夢の世界にいたらつい言ってしまいそうな言葉ですよね。

バベルのエネルギー源が人々の無駄な時間ということも明らかになりましたね。ターゲットとされる人にとって、「あの頃はよかった」なんて思った瞬間をバベルは狙っているのでしょうか。

そういえば四条さんは、探偵業が繁盛していないと嘆いましたよね。せっかく娘さんと共に立ち上げた事務所だったのに、その娘さんはもういない。それならこの生活を続ける意味もない。そんな気持ちが四条さんをバベルに導いたということなのかもしれないですね。

現実に戻った四条さんが犬探しの依頼に嬉しそうに応じていた姿に、バベルの出来事は記憶にはないけれど無意識の中での記憶としては残っているような気もしました。

四条さんの一件が解決して、新たな謎も出てきましたね。普通の人が忘れてしまうバベルの世界での記憶、それを覚えていられるという九朔家の血とはなんなのでしょうか。最後に出てきた白い服の人。男性のように見えましたが、もしかして満大のお父さんだったりするのでしょうか。少女のブローチにも何か意味がありそうですよね。

次回は健がバベルの世界へと誘われてしまうようですね。満大は救い出せるのか、展開が楽しみです。

バベル九朔 第3話 予告


無事に四条さん(池田鉄洋)も現実世界に帰ってきた。そんなある日、満大(菊池風磨)は郵便受けに封筒が届いているのを見つける。「日本映像シナリオコンクール事務局」からの審査結果だ。
封筒を手に取った満大のもとに、興奮気味の健 (髙地優吾)が勢いよく駆け込んでくる。
健は、ティッシュ配りのバイト中に、かつて満大と健の自主映画でヒロインを務めた涼子(鳴海唯)を見かけたのだと言う。

「もし涼子に会えたら、告白するわ」
初恋の相手との再会に浮き足立つ健は、探偵である四条さんに涼子の調査を依頼するが…。
自分の脚本がまたもコンクールに落選したと知った満大は、健に向かって「もう脚本を書くのはやめる」と言い出す。一緒に夢を追いかけていたはずなのに、相談もせず勝手にやめると決めてしまった満大の態度がどうしても受け入れられない健は、管理人室を飛び出してしまい、ついには連絡が取れなくなってしまう。
「まさか健も“バベル”に…」と物置部屋の鍵を開けた満大の目の前には、健と涼子、なんと満大自身も現れて!?

その頃“バベル”では、この世界を維持するためのエネルギー(=人々の無駄な時間)がゼロに近づいていた。少女(川上凛子)は、「健を連れ戻すために現実世界に戻って調べる時間がない」と言うが「大丈夫、あいつのことは俺が一番知っている」ときっぱりと答える満大…
果たして満大は、親友・健を救うことはできるのか?

<引用>バベル九朔 公式

バベル九朔見逃し動画を無料で見る

バベル九朔」は
日本テレビの動画配信サービス「Hulu」
第一話から最新話までフル動画で配信。見逃しても大丈夫!
今すぐ 無料おためし
「Hulu」は、2週間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし
ボタン一つの簡単解約可能。
バベル九朔実写化あらすじ原作とドラマの違いは?結末か?
万城目学さんの自伝的小説である『バベル九朔』が実写ドラマ化されることが発表されました。万城目学さんといえばこれまでに『鴨川ホルモー』や『鹿男あをによし』や『プリンセス・トヨトミ』など、数々の作品をヒットさせてきた売れっ子の小説家です。 ...
バベル九朔1話九朔満大が管理するビル、周辺の街並みロケ地、感想?
日本テレビが月曜深夜に送るドラマ「シンドラ」。2020年10月期スタートの第13弾作品は「バベル九朔(きゅうさく)」です。 原作は、万城目学さんの同名小説。執筆活動と共に務める雑居ビルの管理人業が、作品をよりリアルのものにしてくれてい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました