先生を消す方程式1話義澤が着任した学校朝日と訪れたラーメン店ロケ地感想?

ドラマ

「アンサング・シンデレラ」「キワドい2人-K2-」と連続ドラマの出演が続く田中圭さん。そんな田中圭さんが主演を務めるドラマ「先生を消す方程式。」が10月31日よりテレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠でスタートしました。

数々のヒット作を生み出した鈴木おさむさんのオリジナル脚本でおくるこの作品。進学高校を舞台に描く異色の学園サスペンスドラマです。

開始わずかで飛び出した衝撃シーンの数々に、早くも多くの反響を呼んでいます。どんな展開だったのか、ご紹介していきますね。

スポンサーリンク

先生を消す方程式 第1話あらすじ

名門私立高校“帝千学園”に、ひとりの教師がやって来る。彼の名は、義澤経男(田中圭)。セレブの子息たちが多く、東大進学率も高いこの学校で、今日から3年D組の担任を務めるのだ。義澤は“ある覚悟”を胸に、強烈な笑顔を作って校門をくぐっていく。
義澤は3年D組の副担任・頼田朝日(山田裕貴)から、このクラスにはいろいろと問題があり、半年の間に3人もの教師が担任を辞めていることを教えられる。朝日によると、3年D組には父親が検察のトップで優等生の藤原刀矢(高橋文哉)をはじめ、母親が有名な女医で自らも人気インフルエンサーの長井弓(久保田紗友)、人気飲食チェーンの社長を父に持ち、自身は高校生にマッチングアプリで“パパ活”をさせている大木薙(森田想)、父親が大企業の社長で、おじが政治家だという剣力(高橋侃)ら、裕福でハイステータスな親を持つメンバーがそろっているが、やさしくて人気者の刀矢以外の3人が、親の権力を笠に着て好き勝手にやっていると話す。
義澤が教室に入ると…刀矢を除く生徒全員が自習中で、義澤の挨拶に耳を傾けようともしなかった。弓、薙、力らに反抗的な態度を取られても義澤は一向に気にすることなく、「日々笑っていれば、幸運はついてくる」と、自分が大切にしている“方程式”を笑顔で語る。
やがて、反抗的な生徒たちは義澤がどんな嫌がらせにも動じず、笑顔を絶やさないことにいら立ちを募らせていき…ついに学校一の厄介者・剣力が義澤に対して、危険な攻撃を仕掛けていく! それは義澤と生徒たちの戦いの幕が切って落とされた瞬間だった…!

<引用>先生を消す方程式 公式

スポンサーリンク

先生を消す方程式 第1話のロケ地

豊海ビル 東京都中央区豊海町3-16

義澤経男が着任した学校法人 帝千学園高等学院の外観

中華料理 龍山 東京都江東区大島8-30-8

義澤経男と朝日が訪れたラーメン店

HP(食べログ):

龍山 (東大島/中華料理)
★★★☆☆3.48 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

スポンサーリンク

先生を消す方程式 第1話撮影協力一覧(エンドロール)

東日印刷 studio K

先生を消す方程式 第1話感想

冒頭の微笑ましいカップルの朝のシーンから一転、中盤からは想像を超える凄まじさでしたね。

生徒の嫌がらせにより精神を病んでしまう担任が続出。クラスの問題児の保護者は名高く、学校にとっても大切な相手。

そこに新たに着任した担任。初めは拒絶されるものの、次々と生徒の問題と向き合い、やがてクラスはひとつになる。

義経(義澤経男)の着任シーンこそ、そんな既視感のあるような学園ドラマを想像するものでしたが、その後の展開はその想像を簡単に飛び越えていきました。

土下座して床を舐めるシーンでは、生徒の嫌がらせに屈したかのようにも見えましたが、そのあとに見せた笑みには背筋が凍るほどの恐怖を感じました。

その後、現代では教師のほうが弱者だと語り、証拠を突き付けパワハラ訴訟について、加害者生徒を裁く。諭すかのように淡々と語ったのちの怒鳴り声。義経をそこまで駆り立てているのは、最後のシーンで明かされた、恋人の現状なのでしょうか。

更に、義経を慕っていたかのように見えていた朝日の裏の顔。山田裕貴さんの怪演は、かつて山田さんが主演されていた「ホームルーム」での教師役を思い出しました。

初回からの怒涛の展開に、一刻も早く続きが見たいという気持ちにさせてくれるドラマですね。

先生を消す方程式 第2話予告

義澤経男(田中圭)に叩きのめされた剣力(高橋侃)が意気消沈する一方、頼田朝日(山田裕貴)にあおられるように、藤原刀矢(高橋文哉)が義澤を“消す方程式”を立てようと言い出す。力だけでなく、長井弓(久保田紗友)や大木薙(森田想)はあまりに行き過ぎた刀矢の発言に戸惑うが、それぞれがリーダー格の刀矢に頭が上がらず結局従うことに。
義澤は恋人の前野静(松本まりか)のもとを訪ね、ある決意を語る。義澤の脳裏には、かつて静との間に起きた衝撃の出来事が去来するが…。
刀矢たちには義澤を悪だと言う朝日だが、当の本人の前では慕うそぶりを見せる。そんな朝日に義澤は長く不登校を続ける生徒の伊吹命(秋谷郁甫)のことを相談。後日、命の家を訪ね、命を驚かせるようなことを告げる。
刀矢は力に一刻も早く義澤を消す方程式を立てるよう、プレッシャーをかける。弓は刀矢の目に狂気が宿っていることに気付きおびえてしまう。
一方、朝日に呼び出された薙は、脅迫にも近い言葉であることを命じられる。

<引用>先生を消す方程式 公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました