アメリカ大統領選レッドミラージュ、ブルーシフトの意味とは?トランプ、バイデン日本への影響は?

ニュース

2020年11月3日(現地時間)に投開票されたアメリカ大統領選挙は、7日になって、ジョー・バイデンが、過半数の選挙人を確保し当確になりました。それにより、7日夜に、ジョー・バイデンは、勝利宣言を行いました。

トランプは、郵便投票の有効性を裁判で争う姿勢で、バイデンを「勝者を装っている」と言って、敗北を認めていません。

アメリカの大統領選挙は、50州とワシントンの有権者が投票し、各州の勝者が選挙人を総取りします。過半数の選挙人(270人)を獲得した候補が、大統領に当選します。

2020年は、共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン候補が、次期大統領の座を巡って争いました。今回の選挙はコロナ過のため郵便投票を利用する人が多く、激戦区において、票差が少なかったため、勝者を決めるまでに時間がかかりました。

バイデンが、激戦州のペンシルバニア州を取り、当選に必要な過半数に達し、大統領に当選しました。今後は、12月14日の選挙人投票をへて、2021年1月21日に新大統領に就任する予定です。

ジョー・バイデンは、1942年11月20日生まれで、米国ペンシルバニア州スクラントン出身の政治家です。デラウエア大学、シラキューズ大学ロースクールを卒業し、1973年からデラウエア州の上院議員を務め、2009年から2017年までバラク・オバマ大統領の副大統領を務めました。

アメリカ大統領選挙バイデン勝利で政策の変化が起きる?日本への影響は?
2020年11月3日に実施されたアメリカ大横領選挙は、ジョー・バイデンが290票対ドナルド・トランプが214票という大差で、ジョー・バイデン候補が当選しました。 ドナルド・トランプ大横領は敗北を認めず、選挙に不正があったと主張し、法廷...

アメリカ大統領選レッドミラージュ、ブルーシフトの意味とは?

アメリカ大統領選挙で、開票・集計作業の途中に、一時的に共和党が優勢な情況になるのを、レッドミラージュ(赤い蜃気楼)と言い、逆に解氷・集計作業の途中に、一時的に民主党が優勢な状態になるのを、ブルーミラージュ(青い蜃気楼)と言います。

開票・集計作業を報道するときに、共和党が優勢な州を赤で表し、民主党が優勢な州を青で表すことに由来しています。今回の2020年の大統領選挙の開票・集計作業中は、レッドミラージュ(赤い蜃気楼)が多くでました。

開票初日は、トランプ大統領(共和党)の票が先行して、赤い州が多くを占めていました。11月4日未明に、ドナルド・トランプ大統領は、レッドミラージュを見て、一方的に勝利宣言をしました。しかし、ブルーに変わる州が多く、トランプは大統領に当選しませんでした。

今回の選挙で、投票日に投票に行ったのは、共和党支持者が多く、民主党支持者は、コロナ感染を恐れて、郵便投票をする人が多くいました。

開票は、投票所で投票されたものから始める州が多く、郵便投票は開票と確認に時間がかかるため、集計が遅くなりました。そのため、開票日に、多くの州でレッドミラージュが現れました。時間が経過して、郵便投票の開票が進むと、バイデン候補(民主党)が逆転する州が多くなりました。

ブルーシフトは、最初は共和党が優勢で、州の地図が赤く塗られていた州が、開票が進むにつれて、民主党が優勢になり、青く塗られることを示します。今回の大統領選挙で、多くの州でブルーシフト現象が起こりました。レッドシフトを起こした州は、少なかったです。

レッドが共和党のシンボルカラーで、ブルーが民主党のシンボルカラーであるため、以上のようにレッドミラージュ、ブルーシフトの呼び方ができました。

トランプの勝利バイデンの勝利での日本への影響は?

トランプ勝利の場合は、今までの継続になるので、改めて変わったことはなかったと推測されました。しかい今回、バイデンが、アメリカ合衆国の大統領に当選したので、トランプとは違う政策が行われると思われます。

バイデン大統領になって、日本への影響について調べました。2020年10月23日に開催された、第二回アメリカ大統領選挙討論会におけるバイデンの主張を参考にしました。

討論のテーマは、新型コロナウイルスとの戦い、アメリカの家族、アメリカの人種問題、気候変動、国の安全保障、リーダーシップでした。バイデンは、コロナウイルスに関しては、慎重な立場を取っています。大統領になったら、コロナ対策を最初に取り組むと言っています。

アメリカは、現在、全世界でコロナ感染者が最も多く、トランプの「コロナ軽視」「経済重視」の政策が裏目に出ています。バイデンは、外交より、最初はコロナ対策に全力で取り組むと思われます。コロナ感染症のワクチンでは、日本も協力できると思います。

バイデンは、オバマ大統領の副大統領を務めたことがあり、人種差別に反対しているので、黒人、ヒスパニック、日本人を含むアジア人の差別問題は、少なくなると期待できます。

中国政策は、トランプ大統領よりは、融和政策をとると思われます。中国がアメリカの脅威になっているのは事実です。日本と協力して、対中政策を進めると思われます。北朝鮮に対する締め付けは、バイデン新大統領の方が、トランプより厳しくなると予想されます。

バイデン新大統領の対中国政策、対北朝鮮政策では、日本に期待される部分が大きくなると思います。日米が協力して、東アジアの安全、開かれたインド・太平洋地域の平和・繁栄を確保することになります。

まとめ

トランプ大統領が、大統領選挙に不正があったと訴訟の準備を進めています。トランプが、大統領の座にしがみつく理由は、トランプの借金による「破産危機」が理由と話している人がいます。

トランプは、ゴルフ場やホテルで巨額の損失を出しています。選挙資金に集めた募金も、借金の返済に充てられたと言われています。ニューヨークタイムズは、トランプの借金を、4億ドル(440億円)と報道しました。トランプは「4億ドルなんて、はした金だ」と部分的に借金を認めています。

アメリカ大統領が、トランプからバイデンに代わり、日本の役割も重要になることが予想されます。バイデン新大統領の、今後の動きに注目したいと思っています。

Huluでドラマ映画を無料で見る方法料金解約退会方法を紹介
日本のドラマに限らず海外のドラマが観たいひいてはアニメや映画も多くのジャンルをたくさん観たい。そんな方にお勧めしたいのが動画配信サービス(VOD)のHulu。 本記事ではそんなHuluのメリットデメリットや登録、解約の流れなど基本的な...

    ↓   ↓   ↓すぐに登録したい方はこちら ↓   ↓   ↓

 

U-NEXTドラマ漫画を無料で見る方法料金解約退会方法を紹介

↓   ↓   ↓すぐに登録したい方はこちら ↓   ↓   ↓

 

Paraviでドラマ映画を無料で見る方法料金解約退会方法を紹介
日本のドラマに限らず海外のドラマが観たいひいてはアニメや映画も多くのジャンルをたくさん観たい。そんな方にお勧めしたいのが動画配信サービス(VOD)のParavi。 本記事ではそんなParaviのメリットデメリットや登録、解約の流れなど...

↓   ↓   ↓すぐに登録したい方はこちら ↓   ↓   ↓

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました