35歳の少女7話愛美就活デザイン事務所婚活パーティー結人実家ロケ地は?

ドラマ

日本テレビ系で毎週土曜日に放送中、柴咲コウさん主演のドラマ「35歳の少女」。11月21日放送の第7話で第1章完結を迎えました。

結人との生活の中で、身も心も35歳を迎えようとしていた望美。自分の置かれた現状を受け入れた生活を始めようとする一方、結人には夢を追い続けてほしいと願います。

そんな望美に、予告では多恵が結人との不穏な未来を予言するかのような言葉をかけていました。果たして2人の未来はどうなってしまったのでしょうか。

35歳の少女」は
日本テレビの動画配信サービス「Hulu」
第一話から最新話までフル動画で配信。見逃しても大丈夫!今すぐ 無料おためし
「Hulu」は、2週間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし
ボタン一つの簡単解約可能。


望美のぞみ(柴咲コウ)は喧嘩別れしてしまった家族のことが内心気になりつつも、これからは結人ゆうと(坂口健太郎)のために生きようと決める。しかし、両親に挨拶させてほしいと頼む望美に、結人は家族とは縁を切ったと濁す……。

一方、家庭内別居状態が続く進次しんじ(田中哲司)は、加奈かな(富田靖子)から離婚届を突きつけられる!さらに、謎の大金を手にした達也たつや(竜星涼)は本当の父親に会いに行ったと言い……。そしてデザイナーとして就職先の見つからない愛美まなみ(橋本愛)は、鉢合わせた相沢あいざわ(細田善彦)と藤子ふじこ(大友花恋)から結婚の報告を受け荒れていた。

教師としての理想を叶えられる小学校を見つけられない結人は人知れず追い詰められていた。そんな中、アナウンサーの夢を諦め洋食屋でアルバイトを始めた望美の元に多恵たえ(鈴木保奈美)が現れる。“普通の人生”を歩もうと焦る心の内を見すかされながらも、多恵の前で強がる望美。多恵は、“結人が望美の気持ちを受け止められなくなる”と、不吉なことを言い残す。

その日、再び両親に紹介してほしいと頼まれ根負けした結人は、望美を連れて実家へ。そこで望美は、今まで知らなかった結人の家族関係を目の当たりにする……。

<引用>35歳の少女 公式

スポンサーリンク

35歳の少女 第7話に登場したロケ地・撮影場所は?

HELLONET 本社 東京都新宿区西新宿6-18-1 住友不動産新宿セントラルパークタワー11F

愛美がデザイン事務所を訪ねた後、相沢と藤子から結婚の知らせを聞いたオフィス

公式HP:

株式会社ハロネット
ハロネットでは「挑戦が日本を変える」という経営理念の下、複雑化するネット社会の中でインターネットで繋がる世界をもっと便利に、もっと簡単に行えるように独自で開発したシステムを通じてSNS、メディア、Webサイト、などの様々なサービスを提供し、世の中に貢献する企業を目指しております。

STUDIO YOURS 成城スタジオ 世田谷区成城7-18-5

望美を連れて訪れた結人の実家

公式HP:

成城スタジオ -スタジオ ユアーズ-
スタジオ ユアーズは、洋館ハウススタジオ...

CRUISE CRUISE SHINJUKU 東京都新宿区新宿3-5-4 レインボービレッジ8・9F

望美が参加していた婚活パーティーの会場

公式HP:

302 Found

スポンサーリンク

35歳の少女 第7話撮影協力一覧(エンドロール)は?

エス・プランニング 埼玉県川島町 HELLONET 神奈川県立図書館
比企フィルムコミッション CRUISE CRUISE SHINJUKU

35歳の少女 第7話の感想

年齢と経験という現実を目の当たりにし、喫茶店でバイトを始めた望美。客の理不尽な申し出が許せず、クビになってしまいましたね。すっかり大人の女性になったように見えましたが、内面には汚れを知らない少女さを感じました。

愛美は、再就職が決まらず、元カレにも結婚を告げられ、婚活パーティーでまたも荒れてしまいましたね。無償の愛を求め、母を呼んだ愛美。なかなか素直になれないけれど、心の奥底ではずっと母を求めているのですよね。

突然家を売りたいと言い出した多恵も、淋しさと虚しさの表れのように思えてきました。

進次があの写真を捨てられないのは、家族への想いだけでなく、マイホームへの想いがあるからですよね。ただそれは、加奈には苦痛でしかないですよね。離婚の申し出も当然のように思います。

望美が「みんなが無駄にした時間、私に頂戴」というシーン、胸に突き刺さるものがありました。望美は25年分を失ったことで、35歳という年齢の重みを誰よりも感じているのですよね。履歴書に書かれた“本当だったら”の姿も、なんだか切なかったです。

結人は自分の信念を曲げてでも望美を守ろうとしましたが、望美にはそれを理解してもらえず、ついに望美は結人からも去ってしまいました。あんなにも大事にしていたデデを置いて。

頼るべきものを失った望美、どこへ行ってしまったのでしょうか。第2章の展開に注目ですね。

35歳の少女 第8話 公式予告あらすじ


望美のぞみ(柴咲コウ)は家族と結人ゆうと(坂口健太郎)の前から姿を消し、連絡もつかない状態になっていた……。望美を探しながらも再び教師として働き始めた結人は、クラスで浮いている生徒の力になりたいものの、成績第一の教育方針に馴染めずにいた。そんな中、結人は望美の手がかりを求めて愛美まなみ(橋本愛)に連絡。デザイナーの夢に挫折した愛美は結人がかつていた代行業の会社に登録していた……。

その頃、売りに出された時岡家では内覧が始まる。心ここにあらずの多恵たえ(鈴木保奈美)は、見学に来た家族の娘を思わず望美と重ねてしまう……。

一方、離婚危機の続く今村家では進次しんじ(田中哲司)が口をきいてくれない加奈かな(富田靖子)に手を焼く。さらに達也たつや(竜星涼)は加奈と実の父親から手に入れた大金を手に「でっかいことやってやる」と家を飛び出し、慌てて後を追う進次だが……。

ひょんなことからついに望美の居場所が判明する!25年間を奪われた望美は今、別人のような姿に豹変し意外な生活をしていた……。

そして、意外なところから、ついに望美の居場所が判明する!
25年の時間を奪われた望美の絶望と怒りは、彼女を別人のように変えてしまっていた。
何とか元の姿に戻ってもらいたい結人は、意を決して、ある人に会いに行く・・。

<引用>35歳の少女 公式

35歳の少女」は
日本テレビの動画配信サービス「Hulu」
第一話から最新話までフル動画で配信。見逃しても大丈夫!今すぐ 無料おためし
「Hulu」は、2週間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし
ボタン一つの簡単解約可能。

関連記事は、こちら ↓   ↓   ↓

35歳の少女原作モデルは韓国ドラマ?漫画大人スキップか?
こんにちは。 今回は、ドラマ「35歳の少女」の原作は韓国ドラマじゃないのかな?それとも漫画大人スキップ?という疑問に答えます。 ドラマ「35歳の少女」の設定はとても独特で10才の時に自転車事故に遭ってしまい25年間も眠り続け、な...
404 NOT FOUND | コミックダイアリー
多くの情報を取り扱うマルチメディア
35歳の少女第1話望美事故した坂道結人と訪れた図書館ロケ地感想?
柴咲コウさんが5年ぶりに民放ドラマの主演を務める「35歳の少女」が10月10日に初回放送を迎えました。 脚本を手掛けているのは、5年前「〇〇妻」で柴咲コウさんとタッグを組んだ遊川和彦さん。湯川さんの作り出すオリジナルストーリーは、どの...
35歳の少女2話望美と結人デートしたショッピングモール、レストランロケ地は?
10月10日より放送中の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。事故によって25年間眠ったままだった、身体は35歳、心は10歳という女性(少女)を柴咲コウさんが演じています。 無自覚なままに大人の女性になっていた望美。自分の知っている...
35歳の少女3話望美の塾、代行業パーティー会場、手紙書いたカフェロケ地は?
柴咲コウさん主演の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。柴咲コウさん演じる10歳の望美の姿が素晴らしいと話題を集めています。 結人と共に過ごし、小学校の同級生との再会を経て時の流れを実感した望美は、成長することを決意しました。望美の...
35歳の少女4話望美中学校、多恵と訪れたカフェ洋服店ロケ地は?
日本テレビ系で好評放送中の土曜ドラマ「35歳の少女」。回を重ねるごとに心が成長していく望美。それを演じる柴咲コウさんの表現力が素晴らしく、本当にその年齢の少女を見ているかのように感じます。 望美の成長に大きな影響を与えている同級生・結...
35歳の少女5話結人墓参りした墓地望美と歩いた並木道ロケ地は?
日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。長い眠りから目覚めたときは10歳だった望美(柴咲コウ)の心は、反抗期を経験し、思春期を迎えるほどに成長してきました。 それとともに、母・多恵(鈴木保奈美)や同級生・結人(坂口健太郎)との関係にも...
35歳の少女6話希美結人買い物した店愛美進次ハローワークロケ地は?
柴咲コウさんの演技が印象的な日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。目覚めたときには10歳の精神状態だった望美は、時の流れと共に成長を見せ、髪型や服装までも変化してきました。 結人の生きる道を選ぼうとすることを多恵に拒絶されてしまった...

コメント

タイトルとURLをコピーしました