サイレント・トーキョーあらすじネタバレは?原作は何どんな結末?

映画

みなさんは、『サイレント・トーキョー』という作品をご存知でしょうか?

2020年12月4日からの公開が予定されている映画『サイレント・トーキョー』は、ドラマ『アンフェア』シリーズで知られている秦建日子が、2016年に発表した小説を実写映画化した作品です。

そんな『サイレント・トーキョー』について。そのストーリーのあらすじやネタバレ、また原作となった小説の結末がどのようなものになっているのかについて、調べていきたいと思います!

サイレント・トーキョーの動画を無料で観る方法/DVDレンタルをしないで完全無料視聴‼
<引用>東映映画チャンネル サイレント・トーキョーを無料で観る方法 「サイレント・トーキョー」は 動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。 今すぐ無料おためし 「U-NEXT」は31日間お試し無料で...
スポンサーリンク

サイレント・トーキョーあらすじネタバレは?

さて、2020年12月4日から公開される映画『サイレント・トーキョー』。作中には沢山の登場人物がおり、それぞれの登場人物に物語があります。そんな登場人物を演じる俳優も、とても豪華な俳優たちが名前を連ねています。

連続爆破テロの容疑者である朝比奈仁という役を、佐藤浩市が演じていたり、買い物をしていた途中に爆弾テロ事件に巻き込まれ、犯人に仕立て上げられてしまう主婦の山口アイコ役を、石田ゆり子が務めています。

その他にも、連続爆弾テロ事件を追う刑事の世田志乃夫を西島秀俊が務め、その相棒となる新人刑事の泉大輝役を勝地涼が演じています。

また、広瀬アリスが興味本位で事件現場に向かう会社員の高梨真奈美役を演じており、事件現場付近で不審な行動を取るIT企業家の須永基樹という人物を中村倫也が演じていて、豪華な俳優たちが勢揃いしていますよね!

そんなそれぞれの登場人物にストーリーがある『サイレント・トーキョー』。ではそのストーリーの内容は、いったいどのような内容のものになっているのでしょうか?そのストーリーのあらすじやネタバレについて、調べていきたいと思います!

12月24日、クリスマス・イブの東京。

家族と過ごす人や友人たちと過ごす人、恋人と一緒に過ごす人。様々な人々が大事な人との温かな時間を過ごし、東京には幸せなクリスマスの日常が広がっていました。

しかし、連続爆破テロの容疑者である朝比奈仁によって、その幸せに満ち溢れている空間は壊されてしまうこととなります。”俺が計画を立てた”という言葉に端を発せられ、それまで幸せだと思われた日常は、非日常へと一変。

一本の電話がテレビ局に入り、恵比寿に爆弾を仕掛けたという犯行声明が出される中、刑事の世田志乃夫は新人刑事の泉大輝とともに、犯人の行方を追うこととなります。
マスコミや警察は、すぐに現場に向かいますが、爆弾が見つからないまま、刻一刻と、爆破予告の時間のタイムリミットが迫ってきています。

そんな中、クリスマスで沸き立っている群衆は事件の物珍しさもあって、続々と犯行現場である渋谷のスクランブル交差点に押し寄せてくるのでした。

スポンサーリンク

原作は何?どんな結末?

さて、そのような内容のあらすじになっている『サイレント・トーキョー』。

本作品は、秦建日子によって描かれた長編小説『And so this is Xmas』、これを元に制作された作品です。

ジョン・レノン&オノ・ヨーコの楽曲『Happy X-mas (War Is Over)』にインスパイアを受けて、執筆がされた作品のようで、2019年12月3日に『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』という題名に変わり、文庫版が出版され、2016年には舞台化もされています。

最新作「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。「U-NEXT」31日間お試し無料です。U-NEXTの解約など詳細はこちらをクリック

では、そんな原作となった小説『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』の結末は、どのような内容になっているのでしょう?調べていきたいと思います。

朝比奈仁がシェフとして働いていたレストランのKIRAKU。この店の東京タワーがよく見える場所に、朝比奈仁は座っていました。その足元には爆弾が入っていると思われる黒いボストンバッグがあります。

朝比奈仁の目の前には、困惑した表情の女性、山口アイコが座っていました。警告の言葉と同時に、KIRAKUに飛び込んできた世田志乃夫が率いる警官隊に、一斉に銃口を向けられた朝比奈仁。

しかし、彼の表情に焦りの色はなく、山口アイコを人質に堂々と店を出て、車に乗せてレインボーブリッジまで走り出します。

そして、電話で須永基樹に爆弾の解除パスワードを伝えると、山口アイコを乗せたまま、車ごと海に飛び込んでいき、そのまま心中してしまいます。このようにして、事件は一件落着。

しかし、実は朝比奈仁は犯人ではなく、真犯人は別にいました。真犯人は、朝比奈仁に人質として囚われていた山口アイコでした。

山口アイコは戦争が原因で、夫を亡くしていました。それも戦地で亡くなったわけではなく、戦場で多くの部下を失ってしまった彼女の夫は心を病んでしまい、自ら命を絶ったという悲しいものでした。

そんな中、日本の首相の戦争に関する発言を聞いたことにより、怒りを覚えたことが一連の事件を起こした動機でした。

そして、山口アイコは実は生き残っており、彼女の送ったメールの内容で、物語は終わります。その内容は、爆弾がまだ東京のどこかに、いくつも仕掛けられているという内容なのでした。

スポンサーリンク

まとめ

今日は、秦建日子によって描かれた長編小説を映画化した作品、『サイレント・トーキョー』について。

そのストーリーのあらすじやネタバレについて、また原作となった小説の結末について、調べてみました!

原作となっている小説『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』は、最後まで目が離せない展開になっていて、面白い作品ですよね。

また、映画作品に出演している俳優たちはとても豪華で、見応えのある作品になること間違いなさそうだと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました