35歳の少女9話結人訪ねた教え子宅、勤務する小学校、多恵火葬場ロケ地は?

ドラマ

日本テレビ系で毎週土曜22時より放送中のドラマ「35歳の少女」。

第2章となり、明るかった望美の姿は一変。薄暗い部屋でグレーの衣装に身を包む、暗い印象の女性へと変わり、訪ねてきた進次や愛美、そして結人への態度も冷酷そのものでした。

そこに、昔の望美を取り戻させようとやってきた多恵。望美を窓から突き落すという行動に出た結果、自らが倒れてしまいました。

このまま多恵は目を覚ますことがないのでしょうか。望美はまた笑顔を取り戻すことができるのでしょうか。9話のストーリーと視聴後の感想をお届けします。

35歳の少女」は
日本テレビの動画配信サービス「Hulu」
第一話から最新話までフル動画で配信。見逃しても大丈夫!今すぐ 無料おためし
「Hulu」は、2週間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし
ボタン一つの簡単解約可能。
スポンサーリンク

35歳の少女 第9話 公式予告あらすじ


望美のぞみ(柴咲コウ)は多恵たえ(鈴木保奈美)が倒れたことに衝撃を受けつつも心を閉ざしたまま、危険な状態の母を愛美まなみ(橋本愛)と進次しんじ(田中哲司)に任せて病院を後にする。

そんな中、愛美は入院道具を取りに寄った時岡家で、多恵が倒れる前に日記に書かれた思い「望美が改心したら家族みんなですき焼きを食べたい」を知り、望美のマンションに説得に行く。しかし別人のように変わってしまった望美は聞く耳を持たず、結局言い争いになってしまう。

時岡家を訪ねた結人ゆうと(坂口健太郎)は、進次から多恵が倒れたことを聞く。多恵を望美の元に行かせたことに責任を感じながらも今の自分のままでは望美に何を言っても届かないと感じる結人……。学校では不登校になった生徒をどうすることもできず、さらに実家に行くと寝たきりの父親の容態が急変していた……!

一方進次は、自分の今の家族のことを何とかしようと決意。止める加奈かな(富田靖子)を振り切り、達也たつや(竜星涼)が引きこもる部屋に突入する!

そしてたった一人、自分の幸せだけを考えて生きる決意をした望美は、なぜか再び10歳の自分が現れる夢を見ていた。多恵が倒れたことを機にそれぞれの歪んでしまった時計の針が動き始める、果たして、凍り付いた望美の心に届く言葉はあるのか……!?

<引用>35歳の少女 公式

スポンサーリンク

35歳の少女 第9話に登場したロケ地・撮影場所は?

旧小見野小学校 川島町大字谷中99番地

結人が勤務する小学校(第8話で掲載のロケ地と同じです)

公式HP:

廃校となった小学校(校舎・体育館・グラウンド)を利用できます/ 川島町
住む人に快適を 訪れる人に活力を 笑顔で人がつながるまち かわじま

グリーンホール西永福 東京都杉並区浜田山1-33-19

結人が訪ねて行った欠席している児童の自宅

日本テレビ 生田スタジオ 神奈川県横浜市都筑区早渕2丁目4-1

多恵の火葬が行われていた「青葉すみれセレモニー」

スポンサーリンク

35歳の少女 第9話撮影協力一覧(エンドロール)は?

エス・プランニング 埼玉県川島町 比企フィルムコミッション MM不動産
株式会社エクセリ

35歳の少女 第9話の感想

奇跡が起きると信じ、25年の時を経て望美が奇跡的に目覚めてからは、一人前に育てあげなければと必死になり、時に厳しく接してきた多恵。やはり、無理していたのですね。望美は残された録音から、その想いを知り、また元の望美に戻りつつあるようでした。

愛美も、多恵の看病をしながら、自分が抱えていた想いを曝け出すことができたのですね。そして、ケアの苦労を知ることで、少し見る目が変わったように見えました。

進次もとうとう加奈と達也に想いをぶつけましたね。こうして開かれた達也の部屋の扉。壁に描かれた「人生とは」の文字。Tシャツの「生きる」という言葉。多恵が倒れたことで、進次も大切なものに気づかされたのですね。

奇跡的に目覚めた多恵。最期に病床で語った3人への想いは、涙なしには聞けないセリフばかりでした。「やっとあんたたちより先に死ねる」。このセリフは、我が娘の成長を見届けた母の安堵そのものでしたね。

結人のクラスの気になる児童、やはりイジメが関係しているのでしょうか。一度は拒絶した父の死に対しても、何もできなかった自分を責めていましたね。

多恵の入院、そして死を通じ、それぞれが自分たちの問題と向き合い、本当の目標や想いに気づかされた、そんな回だったように思います。次回はついに最終話。それぞれが選んだ未来がどうなっていくのか、しっかりと見届けたいと思います。

35歳の少女 第10話 公式予告あらすじ


望美のぞみ(柴咲コウ)は多恵たえ(鈴木保奈美)を亡くした喪失感に沈みながらも、両親が残した家に愛美まなみ(橋本愛)と共に住むことを決める。一方で結人ゆうと(坂口健太郎)との再会を望むが、中途半端な自分のまま連絡する勇気が持てずにいた。

今村家では家族として再生を始めた3人が食卓を囲んでいた。進次しんじ(田中哲司)と達也たつや(竜星涼)はそれぞれある決意を胸に抱いているがまだ言い出せずにいた。

デザイナーとして就職先を見つけられない愛美は相沢あいざわ(細田善彦)と遭遇。藤子ふじこ(大友花恋)と破局したことを知った愛美は、新しい会社で一緒に営業をしないかという誘いに心揺れる……。そんな中家に帰ると、母を死なせてしまった罪悪感と虚無感から放心している望美を見て、愛美は姉を元気付けようと結人に電話するが、二人は頑なに会うことを拒む。

教え子がいじめを苦に転校を決めたことに悩む結人は自分にできることはないのかと無力感を感じていた。生徒の家に行き、助けになろうと必死に説得する結人であったが、生徒は部屋から出てくることはなかった……。翌日、結人は退職願を手に最後の授業に臨む……!

それぞれが自分の生き方を模索する中、望美の元にある結婚式の招待が舞い込み、そこで結人との再会を果たすことになる・・・壮絶な人間ドラマの最後の幕が上がる。

<引用>35歳の少女 公式

35歳の少女」は
日本テレビの動画配信サービス「Hulu」
第一話から最新話までフル動画で配信。見逃しても大丈夫!今すぐ 無料おためし
「Hulu」は、2週間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし
ボタン一つの簡単解約可能。

関連記事は、こちら ↓   ↓   ↓

35歳の少女原作モデルは韓国ドラマ?漫画大人スキップか?
こんにちは。 今回は、ドラマ「35歳の少女」の原作は韓国ドラマじゃないのかな?それとも漫画大人スキップ?という疑問に答えます。 ドラマ「35歳の少女」の設定はとても独特で10才の時に自転車事故に遭ってしまい25年間も眠り続け、な...
35歳の少女自転車事故の10歳役の子役はだれ?過去作品は?
【撮れたて映像解禁🎉】 まだご覧になっていない方々に✨ クランクイン🎬ほやほやの映像をお届けです🎉 そして☺️ついに📱L...
35歳の少女第1話望美事故した坂道結人と訪れた図書館ロケ地感想?
柴咲コウさんが5年ぶりに民放ドラマの主演を務める「35歳の少女」が10月10日に初回放送を迎えました。 脚本を手掛けているのは、5年前「〇〇妻」で柴咲コウさんとタッグを組んだ遊川和彦さん。湯川さんの作り出すオリジナルストーリーは、どの...
35歳の少女2話望美と結人デートしたショッピングモール、レストランロケ地は?
10月10日より放送中の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。事故によって25年間眠ったままだった、身体は35歳、心は10歳という女性(少女)を柴咲コウさんが演じています。 無自覚なままに大人の女性になっていた望美。自分の知っている...
35歳の少女3話望美の塾、代行業パーティー会場、手紙書いたカフェロケ地は?
柴咲コウさん主演の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。柴咲コウさん演じる10歳の望美の姿が素晴らしいと話題を集めています。 結人と共に過ごし、小学校の同級生との再会を経て時の流れを実感した望美は、成長することを決意しました。望美の...
35歳の少女4話望美中学校、多恵と訪れたカフェ洋服店ロケ地は?
日本テレビ系で好評放送中の土曜ドラマ「35歳の少女」。回を重ねるごとに心が成長していく望美。それを演じる柴咲コウさんの表現力が素晴らしく、本当にその年齢の少女を見ているかのように感じます。 望美の成長に大きな影響を与えている同級生・結...
35歳の少女5話結人墓参りした墓地望美と歩いた並木道ロケ地は?
日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。長い眠りから目覚めたときは10歳だった望美(柴咲コウ)の心は、反抗期を経験し、思春期を迎えるほどに成長してきました。 それとともに、母・多恵(鈴木保奈美)や同級生・結人(坂口健太郎)との関係にも...
35歳の少女6話希美結人買い物した店愛美進次ハローワークロケ地は?
柴咲コウさんの演技が印象的な日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。目覚めたときには10歳の精神状態だった望美は、時の流れと共に成長を見せ、髪型や服装までも変化してきました。 結人の生きる道を選ぼうとすることを多恵に拒絶されてしまった...
35歳の少女7話愛美就活デザイン事務所婚活パーティー結人実家ロケ地は?
日本テレビ系で毎週土曜日に放送中、柴咲コウさん主演のドラマ「35歳の少女」。11月21日放送の第7話で第1章完結を迎えました。 結人との生活の中で、身も心も35歳を迎えようとしていた望美。自分の置かれた現状を受け入れた生活を始めようと...
35歳の少女8話結婚式場、結人勤務する小学校、愛美代行業待合せたカフェロケ地は?
第7話の放送で第1章完結となった、柴咲コウさん主演の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。 結人と暮らすため多恵の元を離れ、アナウンサーへの夢もあきらめ、心身共に35歳の女性となった望美。焦りの感情が周囲を巻き込み、ついには結人の元...

コメント

タイトルとURLをコピーしました