2020M-1決勝進出は?敗者復活には誰がいる?優勝濃厚コンビは?

芸人

2020年12月2日に、2020年M-1グランプリの準決勝が行われ、9組の決勝進出者が発表されました。決勝戦は、12月20日に行われます。

2020M-1グランプリ誰が制する?準決勝進出はどのコンビ?実力者ぞろいか?
年に一度の漫才師決定戦「M-1グランプリ」が2020年も開催されます。 今年は過去最多となる5081組がエントリーしており、実力派コンビが多いと言われていました。 実は現在テレビに出演している芸人の中心とも言われている「お笑い第...
2020年M-1グランプリ注目芸人は?今回でラストイヤーの芸人は?
2020年も気づけば、残り数ヶ月で終わってしまいます。時の流れは本当に早くて、あっという間のことですよね!そんな中、年末が近づくにつれて、お笑い芸人たちは毎年この時期になると、ソワソワしだします。 理由は、M-1グランプリです。吉本興...

決勝進出は
・アキナ
・マヂカルラブリー
・見取り図
・錦鯉
・ニューヨーク
・おいでやすこが
・オズワルド
・東京ホテイソン
・ウエストランド
の9組です。

M-1グランプリは、2001年から2010年まで行われ、2010年に終了しましたが、2015年に復活した漫才のコンクールです。2010年までは、結成10年以内のコンビが対象でしたが、2015年からは結成15年以内に延長されています。

2020年M-1は、7月2日に開催が発表され、過去最多の5081組がエントリーしました。1回戦、2回戦、準々決勝、準決勝が行われ、決勝進出者が決定しました。決勝は、12月20日にテレビ朝日系で放送されます。

スポンサーリンク

2020M-1決勝進出は?敗者復活には誰がいる?

2020M-1決勝進出のアキナ、マヂカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランドの9組について調べました。

・アキナ(吉本興業)
アキナは、NSC大阪校25期の秋山賢太(1983年6月24日生まれ、兵庫県猪名川町出身、ツッコミ担当)と山名文和(1980年7月3日生まれ、滋賀県東近江市出身、ボケ担当)が、2012年にコンビ結成しました。アキナは、2016年に決勝進出(5位)したことがあります。

・マヂカルラブリー(吉本興業)
マヂカルラブリーは、野田クリスタル(本名:野田光、1986年11月28日生まれ、横浜市出身、ボケ・ネタ作成担当)と村上(本名:愛知県新城市出身、ツッコミ担当)が、2007年にコンビを結成しました。マヂカルラブリーは、2017年に決勝進出(10位)したことがあります。

・見取り図(吉本興業)
見取り図は、NSC大阪校29期の盛山晋太郎(1986年1月9日生まれ、大阪府堺市出身、ツッコミ担当)とリリー(本名:清水将企、1984年6月2日生まれ、岡山県和気町出身、ボケ担当)が、2016年にコンビを結成しました。M-1決勝進出は、2018年(9位)と2019年(5位)の2回あります。

・錦鯉(ソニー・ミュージックアーティスツ)
錦鯉は、長谷川雅紀(1971年7月30日生まれ、札幌市出身、ボケ担当)と渡辺隆(1987年4月15日生まれ、東京都出身、ツッコミ担当)が、2012年にコンビを結成しました。M-1決勝は、今回が初めてで、M-1史上最年長の決勝進出者になりました。

・ニューヨーク(吉本興業 東京本部)
ニューヨークは、NSC東京校15期の嶋佐和也(1986年5月14日生まれ、山梨県富士吉田市出身、ボケ(ネタによってはツッコミ))と屋敷裕政(1986年3月1日生まれ、三重県熊野市出身、ツッコミ(ネタによってはボケ))が、2010年にコンビを結成しました。M-1は、決勝進出を2019年(10位)にしています。

・おいでやすこが(吉本興業 東京)
おいでやすこがは、NSC大阪校23期のおいでやす小田(1978年7月25日生まれ、京都市出身、ツッコミ担当)とNSC東京校7期のこがけん(1979年2月14日生まれ、福岡県久留米市出身、ボケ担当)が、2019年にコンビを結成しました。ピン芸人同士のユニットとして、2020年に大会史上初めてM-1グランプリの決勝に進出しました。

・オズワルド(吉本興業 東京本社)
オズワルドは、NSC東京校17期の畠中悠(1987年12月7日生まれ、函館市出身、ボケ担当)と伊藤俊介(1989年8月8日生まれ、千葉市出身、ツッコミ担当)が、2014年にコンビを結成しました。M-1は、2019年に決勝(7位)に進出しました。

・東京ホテイソン(グループカンパニー)
東京ホテイソンは、たける(1995年3月24日生まれ、岡山県高梁市出身、ツッコミ担当)とショ―ゴ(1994年2月1日生まれ、東京都出身、ボケ・ネタ作り担当)が、2014年にコンビを結成しました。SNSのお笑い芸人の相方募集の掲示板で知り合いました。

・ウエストランド(タイタン)
ウエストランドは、河本太(1984年1月25日生まれ、岡山県津山市出身、ボケ担当)と井口浩之(1983年5月6日生まれ、岡山県津山市出身、つっこみ・ネタ作り担当)が、2008年にコンビを結成しました。二人とも津山市出身で、津山市立津山西中学校、岡山県立津山商業高等学校の同級生です。

敗者復活戦は、キュウ、ダイタク、カぺポスター、ロングコートダディ、コウテイ、日本の社長、タイムキーパー、ゆにばーす、滝音、学天即、からし蓮根、ランジャタイ、インディアンス、祇園、金属バット、ぺこぱの16組が出場します。敗者復活戦は、視聴者の投票により決勝に進出するコンビが決まります。

スポンサーリンク

優勝濃厚コンビは?

2020M-1グランプリは、去年まで和牛のような本命が存在しないので、優勝を予想するのが難しいです。

去年までに、M-1で決勝に進出したことのあるコンビは、アキナ、マヂカルラブリー、見取り図、ニューヨーク、オズワルドの5組です。この5組の中では、見取り図が、2018年、2019年と連続して決勝に残っていて、実力があるので優勝の可能性があります。

決勝への初進出は、錦鯉、おいでやすこが、東京ホテイソン、ウエストランドの4組です。4組の中では、東京ホテイソンが、SNSのお笑い芸人の相方募集で知り合って、コンビを結成していて、ダークホースだと思います。

決勝進出したコンビは、いずれも実力があるので、当日の抽選による出場の順番によって、優勝するコンビが変わってくることが考えられます。全てのコンビに優勝の可能性があります。

敗者復活組にも、強力なコンビがいるので、敗者復活して優勝をするコンビが現れることも予想されます。

スポンサーリンク

まとめ

M-1によって、人生が変わるので、決勝に出場したコンビが、全力をかけて漫才をするので、M-1の決勝は見応えがあります。全てのコンビが、日頃の実力を発揮して、M-1で漫才をして欲しいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました