バベル九朔8話市川のお店レコイチ、双見実家のレストランロケ地、感想?

ドラマ

日本テレビ系「シンドラ」第13弾として放送中のドラマ「バベル九朔」。深夜ドラマとは思えないほど、高度なCG技術にも毎回感心させられます。

満大と共に3階にあるとされる扉を探し続けていたカラス女。自らの意思なのか、事故なのか、禁断の言葉をつぶやきバベルの世界へと取り込まれてしまいました。

そこには、唯一満大が救い出すことのできなかった健の姿もあるようです。バベルの内側で、一体何が繰り広げられるのでしょうか。8話のストーリーをご紹介してきます。

スポンサーリンク

バベル九朔 第8話あらすじ?


千加子ママ(佐津川愛美)が現実に戻ってきて一週間。満大(菊池風磨)は脚本を執筆しながら、このビルで唯一、“バベル”から帰って来れなかった健(髙地優吾)のことを考えていた。健を救えなかった時にできた手の傷は、未だに治る気配がない。

一方、最も古い3階のテナント「画廊 九朔」で出会った“大九朔”に唆され、満大の目の前で「ここにいる」と口にし、消えたカラス女(青野楓)。その目的は、“バベル”の中心部にある「タネ」を破壊し、この偽りの世界を消滅させること。しかし、彼女がたどり着いたのは、四方が見えない壁に囲まれた異空間。なんと、そこには同じように“バベル”に取り込まれたはずの健の姿が!「現実に戻るなら、一緒に連れてって!」と助けを求める健だが、カラス女でさえも現実への戻り方はわからないと言う。

ついに明かされていく“バベル”がつくられた理由、そして“九朔家”の秘密…。
はたして、健とカラス女は、現実に戻ることができるのか。
そして、現実世界で1人、脚本を書き続ける満大の夢は叶うのか。

<引用>バベル九朔 公式

スポンサーリンク

バベル九朔 第8話に登場したロケ地・撮影場所は?

※今回は、過去のストーリーの回想として登場した、既出のロケ地情報のご紹介となります。

ココナッツディスク吉祥寺店  武蔵野市吉祥寺本町2-22-4

市川のお店「レコイチ」の内観(4話で登場)

公式HP:

| COCONUTS DISK KICHIJOJI

山王小路飲食店街 シェイピット大森横の路地 東京都大田区山王2-2-17付近

市川が襲われていた場所(4話で登場)

レストラン西堀 東京都品川区南大井3-1-1 1F

双見の父が営む実家のレストラン(5話で登場)

公式HP:

レストラン西堀 | RESTAURANT Nishibori
創業1966年の肉料理&洋食店。直系の肉屋より仕入れた厳選素材を使用しております。店内はベビーカーも入れるゆったり空間となっておりますので、小さなお子様もご一緒にゆっくりとお食事いただけます。

スポンサーリンク

バベル九朔 第8話撮影協力(エンドロール)は?

浜住研株式会社 デイ・ナイト株式会社 買い取りショップ お金のなる喜
レストラン西堀 合同会社ハーミットクラブ ココナッツディスク吉祥寺店
大森駅山王小路飲食店組合

バベル九朔 第8話の感想

バベルの内部で再会した健。もの凄い容姿でしたが、あの出来事からどれくらいの時間が流れていたのでしょうか。未だ癒えない満大の手の傷からして、それほど時が過ぎていないようですよね。

健を相手に、カラス女の口から語られるバベルの真実。カラスの声がバベルの世界へと誘っているのかと思っていましたが、カラス女からの警告だったのですね。以前の記事で、ビルに出没するネズミも関係アリと予想していたのですが、こちらがバベルの世界へと誘う者でした。

そして、バベルが作られた目的。病気の娘を生き長らえさせるためだったのですね。しかも、
そためにバベルにターゲットを導いているのは、九朔家の血を引く満大だという話も出てきました。健の言うとおり、これまで四条らを助け出してきた満大がそんなことをするはずがないですよね。

でも、勝の居所も未だ謎のままですし、蜜村が「昔も同じようなことがあった」ということは、何かしらの関係があるのは事実のような気もします。

また、満大が過去を回想しながら執筆する姿が、その内容をセリフにして届けているような雰囲気を感じました。全ては満大の作品の中の話だったという結末もあるのかもしれませんね。

最後に舞い込んだ脚本家デビューの話から、予告では、満大自信がバベルの世界へと誘われてしまっているようでした。健が切り裂いてできた光も謎のままですし、続きが気になります。

バベル九朔 第9話 予告


テレビ局のプロデューサー・山下(竹井亮介)から「脚本を書いてみないか」と声をかけられた満大(菊池風磨)。突然舞い降りたチャンスに、テナントさんたちもお祝いムード。「SNACKハンター」で、いつものごとくパーティーを開くことに。そこに、山下から電話が…。
親友・健(髙地優吾)のためにも脚本家としての成功を誓い、必死に執筆をする満大だが、その実態は、満大が書いたプロットを別の脚本家が利用するという屈辱。満大は脚本家という自分の夢に絶望してしまう。

しかし、目を覚ますと山下から「満大の書いた脚本のおかげで視聴率が好調だ」と聞かされる。手元の雑誌には「人気脚本家 九朔満大インタビュー」の文字。ふと、ここがバベルだと気づいた満大は、なんでも自分の思い通りにできるのをいいことに、父・勝(上地雄輔)に会うことを思いつく。そして願い通りに現れた勝と、失った17年間を埋めるように親子水入らずの楽しい時間を過ごす満大。

さらに「2人でまた映画をつくれることになったぞ」と健も勢いよく現れる。
嬉しくてたまらない満大は、健とともに自分たちの“映画制作発表記者会見”に臨むことになったのだが。勝の様子がおかしくなり…。
満大は現実に帰る選択をすることができるのか。それとも…。

“バベル九朔”のクライマックスが、今、はじまるー

<引用>バベル九朔 公式

バベル九朔見逃し動画を無料で見る

バベル九朔」は
日本テレビの動画配信サービス「Hulu」
第一話から最新話までフル動画で配信。見逃しても大丈夫!
今すぐ 無料おためし
「Hulu」は、2週間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし
ボタン一つの簡単解約可能。
バベル九朔実写化あらすじ原作とドラマの違いは?結末か?
万城目学さんの自伝的小説である『バベル九朔』が実写ドラマ化されることが発表されました。万城目学さんといえばこれまでに『鴨川ホルモー』や『鹿男あをによし』や『プリンセス・トヨトミ』など、数々の作品をヒットさせてきた売れっ子の小説家です。 ...
バベル九朔1話九朔満大が管理するビル、周辺の街並みロケ地、感想?
日本テレビが月曜深夜に送るドラマ「シンドラ」。2020年10月期スタートの第13弾作品は「バベル九朔(きゅうさく)」です。 原作は、万城目学さんの同名小説。執筆活動と共に務める雑居ビルの管理人業が、作品をよりリアルのものにしてくれてい...
バベル九朔2話満大目覚めた地下、満大飛んだ景色ロケ地、感想?
10月19日より放送中、菊池風磨さん(Sexy Zone)主演のドラマ「バベル九朔」。マンションの管理人としてやってきたビルで起こる奇妙な出来事を描いた作品です。 その奇妙な世界を描くために用いられたCG技術のクオリティーの高さが、作...
バベル九朔3話満大撮影していた河川敷、彼女との待ち合わせ場所ロケ地、感想?
日本テレビ系「シンドラ」枠で放送中のドラマ「バベル九朔」。マンションの管理人としてやってきた満大のもとで起こる奇妙な出来事。異世界と現実とを行き来できる満大が、その奇妙な運命に導かれるように異世界への迷い人の救出に挑みます。 前回、住...
バベル九朔4話市川の店レコイチ、ケガした飲食店街ロケ地、感想?
Sexy Zoneの菊池風磨さんが主演を務めるドラマ「バベル九朔」。夢を諦めようとしたその時に誘われるバベルの世界。 3話にして旧知の仲である相棒・健をバベルの世界に取り込まれてしまった満大。現実に戻って知らされたのは、満大以外の記憶...
バベル九朔5話双見実家洋食店、満大掃除していたビルロケ地、感想?
日本テレビ系「シンドラ」枠で放送中のドラマ。物語の舞台となっているビルには、その世界観を体感するために、多くのファンが訪れているようです。 前回、自身の夢を諦め、バベルの世界への扉が開いてしまったのは住人・市川。相棒・健を失った悲しみ...
バベル九朔6話満大管理するバベル玖朔ビルヂング、地下フロアロケ地、感想?
毎週月曜日の深夜に放送中のドラマ「バベル九朔」。主演のSexyZoneの菊池風磨さんがマンションの管理人として、ビルの地下にある部屋から通じる異世界と現実を行き来する物語。 謎に包まれた異世界“バベル”の中で、失踪していた 父と再会を...
バベル九朔7話千加子見送るビルの前、満大目覚めた地下フロアロケ地、感想?
回を重ねるごとに謎が深まっていくドラマ「バベル九朔」。エンディングで映し出される絵コンテからも、この作品のクオリティの高さが実感できます。 第6話でバベルの世界へと迷い込んでしまった千加子ママ。バベルの世界に誘われたその訳は、お金か子...

コメント

タイトルとURLをコピーしました