THE W(ザ ダブリュー)2020マンネリか?つまらない面白くないのか?2020の優勝者はだれ?

芸人

芸人さんがネタで競う賞レースは様々ありますが、中でも主要なもの、注目度の高いものといえばM-1グランプリ、キングオブコント、R-1ぐらんぷりでしょう。そんな中最近それらに仲間入りを果たしつつあるように見えるのが女芸人のナンバーワンを決定するというコンセプトの「THE W」ではないでしょうか。
今年も大会が行われることが決定しており、決勝戦は12月14日に生放送されます。
そんな大会「THE W」について今回ここでは書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

THE W(ザ ダブリュー)2020 マンネリか?つまらない?面白くないのか?

近年、特に昨年の優勝者である3時のヒロインの大ブレイクを受けてようやくその注目度を増してきたように感じる「THE W」ですが、やはり前述した三つの大会に比べるとその注目度や話題性は劣るように見受けられます。もちろん2017年に始まったばかりで大会の歴史が浅いので仕方がないことだとは思いますが、一部からは否定的な声まで上がっているそうです。どうしてなのでしょうか。その理由も少し考えてみましょう。

一つにはそもそも女芸人限定というコンセプトが今一つ腑に落ちないということが考えられます。大会の開催が決定された当時にも少し話題になりましたが、女性限定というくくりで出場者がふるいにかけられある程度競争の率が下がっているにもかかわらず優勝賞金がM-1と同じ1000万というのはやや不公平な気もします。もちろんM-1には性別の限定はありませんし、過去に女性コンビが決勝まで進出したこともあることを考えるとなおさらではないでしょうか。

もう一つは大会の基準です。参加条件は女性であることですが、ネタはピンでもコンビでも、コントでも漫才でもいいという賞レースとしては判断基準が難しいような気もします。ピンのコントとコンビの漫才を一概にどちらが面白いかと比べられるのか疑問が残るように思われます。まためちゃくちゃ失礼な話ですが、それを審査する審査員やMCの方々も上の三つの大会に比べると格落ち感は否めない気がします。

その他にはターゲット層がよくわからないというのもある気がします。例えばお笑い好きの方やおもしろいネタが見たいという方は多くいるかと思いますが、女芸人(のネタ)だけが見たいという方は圧倒的に少ないと思います。

これらの理由などから世間一般的に「THE W」の人気が今一つ伸び悩んでいるのではないかと個人的に思います。

スポンサーリンク

THE W(ザ ダブリュー)2020 優勝者はだれだ?

さて、上では大会に対してやや批判的とも取れる書き方をしましたが、出場している芸人さんのレベルはかなり高いものであると思います。ここは勘違いしてはいけない点です。一昔前では「女のネタは笑えない」なんて言われていた時代もあったようですが、当然女芸人でも面白い人はたくさんいますし女性にしか書けない、できないようネタもあります。

そこで次に今回2020年大会の決勝進出者の優勝予想みたいなものをしてみようかと思います。
今大会の決勝進出者は、TEAM BANANA、オダウエダ、にぼしいわし、紅しょうが、ターリーターキー、Aマッソ、ゆりやんレトリィバァ、吉住、はなしょー、ぼる塾の10組です。
個人的に注目しているのはAマッソ、ゆりやんレトリィバァ、吉住、はなしょー、ぼる塾でしょうか。

まずAマッソですが、簡単にいうと世界観が強めといいますか、いわゆるトガったネタをするイメージがあるコンビです。二人とも大阪出身で、関西弁のしゃべくり漫才が面白く、少々毒もあるところがあまり適切な表現かはわかりませんが男の芸人にも負けていないと思います。

ゆりやんレトリィバァは言うまでもないと思いますが、発想がすごいですよね。第一回大会で優勝している実績もありますし、史上初の二連覇を果たしてほしいと応援しています。

吉住はまさしく女性ならでは、といったネタをするイメージがあるピン芸人です。「次に来る」といわれてたりもする比較的注目度のある芸人さんなので期待です。

はなしょーはコントの面白さといいますか構成の良さ、またその演技力の高さなども評判の若手女性コンビです。「THE W」には今回で3回目ともなる実力者なので要注目です。

最後のぼる塾ですが、最近ではバラエティ番組でもよく見かけるようになった人気者ですが、キャラクターだけでなく、それを活かしてネタもちゃんと面白いイメージがあります。今大人気の第七世代の中の一組なので、勢いに乗って優勝も十分にあり得ると思っています。

以上で挙げた5組の中から優勝者が出るのではないかなと勝手に予想してみます。個人的な本命というか、獲ってほしいと思うのはAマッソですかねー。

ただ矛盾するようですが、逆に自分が知らないもう5組の方からダークホース的に優勝者が出る方が楽しみですし嬉しい気もします。

スポンサーリンク

まとめ

色々と予想しましたが、もちろん結果はわかりませんし、ぼんやりとした印象を語っただけなので説得力も何もないとは思います。
でもだからこそ本番楽しみですし見る価値があるのだと思います。12月14日はぜひテレビをつけてその結果を見届けてみてはいかがでしょうか。

 

放送やニュースを見た、聞いた方は、結果はもうご存知ですね。

THE W(ザ ダブリュー)2020 優勝者は、「吉住」でした。

ピン芸人としては、ゆりやんレトリィバァに続いて、2人目なんですね。おめでとうございました!

 

「女芸人No.1決定戦 THE W(ダブリュー)」は
日本テレビの動画配信サービス「Hulu」
フル動画で配信されています。
今すぐ 無料おためし
「Hulu」は、2週間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし
ボタン一つの簡単解約可能。

コメント

タイトルとURLをコピーしました