映画えんとつ町のプペル参加声優は?キンコン西野の出演は?主題歌は?

映画

大人も泣けると話題になり大ヒットした絵本「えんとつ町のプペル」が3Dアニメ
映画化され、12月25日より全国で公開されます。

原作者であるキングコングの西野亮廣さんが製作総指揮・脚本を手がけており、絵本の中では描かれていないえんとつ町の「本当の姿」が描き出されています。今回は映画「えんとつ町のプペル」に参加している豪華な声優陣や、主題歌についてまとめました。

スポンサーリンク

えんとつ町のプペル参加声優は?キンコン西野は出る?

煙突だらけで、空が厚い煙に覆われてしまった“えんとつ町”。町の人々は、青い空や星空を見たことがなく、その存在を信じていませんでした。

町で唯一“星”の存在を信じ、紙芝居で星について語っていたブルーノが一年前に突如姿を消し、ブルーノの息子・ルビッチは学校を辞めて煙突掃除の仕事をして家計を支えていました。

星の存在を信じ続けているルビッチでしたが、町の人々から嘘つき呼ばわりされ、孤独になってしまいました。

そんな彼に、ハロウィンの夜に奇跡が起きます。ゴミから生まれたゴミ人間のプペルが彼の前に現れ、除け者同士の2人は友達になります。

ある日、巨大なゴミの怪物が海から浮かび上がります。それは、ブルーノの紙芝居に出てきた実在しないはずの“船”でした。これを見たルビッチは、プペルとともに星を探しに行くことを決意。しかし、2人の前にこの町の治安を守る“異端審問官”が立ちはだかり、計画を阻止しようとします。

父を信じ、互いを信じあって町を飛び出した2人。えんとつ町に隠された驚きの真実とは!?

ゴミ人間・プペルを演じるのは俳優の窪田正孝さん。今年のNHK連続テレビ小説「エール」では主人公を好演。声優としては2018年に「モンスターストライクTHE MOVIE ソラノカナタ」で主人公の声を担当。今作が2度目の声優挑戦となります。

ブルーノの息子・ルビッチ役は、芦田愛菜さん。子役時代から演技力に定評のある女優さんですが、2013年には「パシフィック・リム」でハリウッドデビューも果たしています。声優としては過去に「怪盗グルー」シリーズや「海獣の子供」に出演しています。

町で唯一“星”の存在を信じた男・ブルーノを演じたのは落語家の立川志の輔さん。2007年に「歓喜の歌」で俳優デビューしており、同年に「ゲゲゲの鬼太郎」で声優デビューも果たしています。

この他、ルビッチを信じる母親・ローラ役を小池栄子さん、お喋りな鉱山泥棒のスコップをオリエンタルラジオ・藤森慎吾さん、えんとつ町を統括しているレター15世役を野間口徹さん、星を信じ続けるルビッチを笑い、いじめるアントニオを伊藤沙莉さん、えんとつ町の影の独裁者であるトシアキを宮根誠司さん、えんとつ掃除屋のスーさんをずん・飯尾和樹さん、アントニオの友人・デニス役をグローバルボーイズグループ・JO1の大平祥生さん、えんとつ掃除屋のアイパッチを山内圭哉さん、えんとつ掃除屋のボス・ダンを國村隼さんと、豪華なメンバーが集結。作品を盛り上げています。

また、注目されていた原作者で制作総指揮・脚本を務めているキングコングの西野亮廣さんは声優としての出演はなく、あくまで裏方に徹しているようですね。

スポンサーリンク

えんとつ町のプペル 主題歌は誰か?

この作品のオープニング主題歌を担当しているのは、日本を代表するロックバンド・L’Arc〜en〜Cielのボーカル、HYDEさん。HYDEさん主宰で毎年開催されるハロウィンイベント「HALLOWEEN PARTY」のテーマ曲「HALLOWEEN PARTY」をこの映画のためにアレンジ。子供達のコーラスを入れて「HALLO WEEN PARTY-プペルVer.-」として今作に起用されています。

西野さんは原作絵本制作の際に最初のシーンをこの曲に当てて描いたということで「オファーを快諾してくださって本当に嬉しかった」とコメント。

HYDEさん自身も元々えんとつ町のプペルのファンだったといい、「今回オファーをいただいて本当に嬉しかった」と語っています。

映画の題材にもなっている「煙で空が見えない町」をテーマに、ブラスが印象的なインダストリアルな編曲となっている他、世界観に合わせて歌詞も変更。楽曲は映画の脚本や絵コンテを見てアレンジしていったということで、特別バージョンの楽曲にも期待が高まります。

また、エンディング主題歌は西野さんが作詞作曲を手がけた「えんとつ町のプペル」。
歌唱しているのは歌手のロザリーナさん。西野さんが“誰にも似ていない特徴ある歌声”とその歌声を称賛。「世界観も声も映像にぴったり」と絶賛しています。

既にYouTubeにはロザリーナさんが歌う主題歌の一部が公開されてい他、この曲に合わせて振付師のakaneさんが振付したダンスバージョンのミュージックビデオが公開されています。

映画はアニメーション制作を圧倒的なクオリティと世界観で生み出しているSTUDIO4℃が映像を担当しています。主題歌2曲はどちらも世界観にマッチした仕上がりになっているといい、作品とともに期待が高まっています。

スポンサーリンク

まとめ

公開を目前に控え、様々な情報が続々と解禁になっています。公開記念のHMVでのキャンペーンや限定カバー版の絵本の発売、塗り絵コンテストなどの開催が発表されました。

また、「えんとつ町のプペル展ができるまで展」の開催も決定。映画ができるまでの過程や、未公開映像、写真、秘密のエピソードなどが詰め込まれており、全国6か所のHMV MUSEUMでこの冬に開催が決定しました。

映画と合わせて楽しみたいイベントばかりです。このほかの情報は、映画公式サイトや、ツイッター公式アカウントでも随時更新されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました