2021大河青天を衝けモデルになった人時代は?キャストは?役は何?

ドラマ

2021年のNHK大河ドラマは『青天を衝け』というタイトルで 2021年2月14日から放送予定で記念すべき60作目であります。新型コロナウィルスの影響で前作の放映が長引いたため、NHK大河ドラマとしては史上初めての2月に放送が始まります。

この記事では、『青天を衝け』は誰が主人公でどの時代のことなのか、ということやキャストについて説明していきます。

最後までお読みいただけると幸いです。

2021NHK大河青天を衝け出演キャストは?放送時期は例年通りに行われるのか?
だんだん年末らしい雰囲気になってきましたね。毎年この時期になりますと話題になるのが、翌年のNHK大河ドラマについてです。 NHKの大河ドラマは人気の俳優さん女優さんはもちろんのこと、これから有名になっていくであろう若手の演者さんたちの...
スポンサーリンク

2021大河青天を衝けモデルになった人時代は?

『青天を衝け』の主人公は、新一万円札の顔としても注目される「渋沢栄一」です。 渋沢栄一は江戸時代の1840年に生まれ、昭和の1931年にこの世を去りました。

渋沢栄一は江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(幕臣)に取り立てられ、明治政府では、大蔵少輔事務取扱となり、大蔵大輔・井上馨の下で財政政策を行いました。退官後は実業家に転じ、第一国立銀行や理化学研究所、東京証券取引所といった多種多様な会社の設立・経営に関わり、二松學舍第3代舎長(現・二松学舎大学)を務めた他、商法講習所(現・一橋大学)、大倉商業学校(現・東京経済大学)の設立にも尽力しました。

このように、渋沢栄一は、約500の企業を育て、約600の社会公共事業に関わり「日本資本主義の父」と呼ばれています。

晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補に2度選ばれています。

幕末から明治へという大きな転換期において時代に翻弄され挫折を繰り返しながらも、青天を衝つくかのように高い志を持って未来を切り開きました。

「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢栄一は、生涯青春の人でした。

表題「青天を衝け」は渋沢自身が詠んだ漢詩の一節「勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」(意:青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で手に唾して進む)から取られました。

大河ドラマ『青天を衝け』は、黒船を率いたペリーが来航し、日本が鎖国政策を維持するか、開国するかという選択を迫られた時代から始まります。

血洗島村にも、時を移さず江戸の動揺は伝わります。従兄・尾高惇忠のもとで水戸学を学ぶ栄一や親友の喜作は「ぺるりをやっつけろ」「日本を守れ」と盛り上がります。栄一たちの道場には真田範之助ら攘夷派の志士も集まり始め、穏やかな生活を送っていた村にも時代の荒波が押し寄せてきます。家業にいそしんでいた渋沢栄一も「この国のことをもっと知りたい」という思いが次第に強くなっていきます。

スポンサーリンク

キャストは?役は何?

ここからは2021年の大河ドラマ『青天を衝け』のキャストについて述べていきます。
主人公である渋沢栄一を演じるのは吉沢亮さんです。

吉沢亮さんは、 自分にとって最大の挑戦であり、実力のある方々と作っていく『青天を衝け』は大変楽しみ。まわりの人の幸せにいつも気を配っていた渋沢栄一のように、見ている人を含めて、この作品にたずさわった人みんなに幸せが来るような、素晴らしい大河ドラマになれば、と主役への意気込みを語っています。。

栄一の父である渋沢市郎右衛門を演じるのは、小林薫さんで、 収録を重ねながら学んでいきたいと話していました。

栄一の母の渋沢ゑいを演じるのは、 和久井映見さん。 栄一の姉である渋沢なかを演じるのは、これが大河ドラマ初出演である村川絵梨さんです。 栄一の妹の渋沢ていは、これもまた大河ドラマ初出演である藤野涼子さんが選ばれました。

和久井映見さんは、「大勢の皆様の思いが重なってできあがる大河ドラマ。どうぞよろしくお願い申し上げます。」、村川絵梨さんは、「 なかを創造して、見てくださる皆さんにほっとしてもらえる家族を作っていけたらと思っています。」、藤野涼子さんは、「私なりしっかり、渋沢栄一の歩んだ道をたどっていきたいです。」と語っていました。

その他、栄一の従兄である渋沢喜作は高良健吾さんが、同じく従兄である尾高惇忠(新五郎)は田辺誠一さんが 、尾高長七郎は 満島真之介さんが演じます。

また、 栄一の従妹で、のちの妻である尾高千代は、橋本愛さんが演じることになりました。

その他の歴史上の重要人物としては、水戸藩主の徳川斉昭に竹中直人さん、15代将軍の徳川慶喜には草彅剛さん、12代将軍の徳川家慶には吉幾三さん、13代将軍の徳川家定には渡辺大知さんが、そして家定の正室である篤姫には上白石萌音さんが抜擢されました。

この他にも実力派のキャストがそろい『青天を衝け』を盛り上げていきます。

スポンサーリンク

まとめ

冒頭にも述べましたが、節目となるNHK大河ドラマの第60作は、新一万円札の顔になる渋沢栄一を主人公とする「青天を衝け」です。時代の転換点となった黒船来航の時代から激動の幕末を経て、明治という近代国家が成立していく時代の中で経済界において活躍したのが渋沢栄一です。

吉沢亮さん演じる渋沢栄一がどのような活躍を見せてくれるのか、豪華キャストがどのようにドラマを盛り上げてくれるのかは、放送が始まってからの楽しみではありますが、この大河ドラマは期待大です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました