NHKBSドラマうつ病九段あらすじネタバレは?原作は何?

ドラマ

2020年12月20日(日)よる9時から、BSプレミアムで特集ドラマ「うつ病九段」を放送することが分かりました。内容は、藤井聡太ブームに沸く将棋界で“うつ病”と闘った棋士のドキュメンタリーです。

先崎学九段は、2017年7月、対局中に“うつ病”を発症し、約1年間、壮絶な闘病生活を送りました。本ドラマ「うつ病九段」は、先崎学九段が、“うつ病”と闘ったドキュメンタリードラマです。

先崎学九段は、1970年6月22日生まれ、青森県出身のプロ棋士です。青森県に生まれ、父親の転勤のために北海道に移り、小学校低学年は札幌市で暮らしました。1979年に「よい子日本一決定戦小学生低学年の部」で優勝し、小学五年で奨励会に入会しました。

奨励会に入会する前から小学校を卒業するまで、米長邦夫永世棋聖の内弟子になり、住み込んで修業しました。小学生で2級になり、「天才先崎」と言われました。1987年10月19日(17歳)付けでプロ入りしました。2014年に九段になりました。

先崎学九段の兄の先崎章さんは、東京医科歯科大学医学部を卒業した精神科医です。先崎章さんは、1961年生まれ、青森県出身の精神科医です。先崎章さんは、先崎学九段の発病した2017年には、東京福祉大学社会福祉学部教授を務めていました。

スポンサーリンク

ドラマうつ病九段あらすじネタバレは?

先崎学九段の闘病生活を、リハビリをかねて自身で書いたノンフィクションで、今までに漫画「うつ病九段」として、河井克夫が絵を描いています。ウエブサイト「文春オンライン」で配信され、文芸春秋より2020年4月24日に刊行されています。NHK-FM「FMシアター」でラジオドラマになり、2019年7月13日に放送されました。

ドラマうつ病九段のあらすじ

2017年7月に先崎学九段が対局中に、突然思考停止になります。そのころ先学学九段は、将棋棋士30年を迎えて、将棋連盟の広報として多忙な毎日を送っていました。精神科医の兄・章は、「うつ病」と診断して入院を勧めます。

将棋界の不祥事対応や映画監修も担当していて、激務による“うつ病”の発症だと言われました。入院すると、担当医に、長期療養と当面の将棋禁止を命じられます。先崎学九段の妻・穂坂繭は、プロ囲碁棋士で、同じプロとして先崎学九段を必死に助けます。

先崎学九段の娘・先崎春香を含む家族や将棋界を巻き込んだ、壮絶な闘病生活を経て、復帰するまでの経験をドラマにしました。
先崎学九段の妻・穂坂繭(ほさか まゆ)は、1969年10月20日生まれ、兵庫県出身の囲碁のプロ棋士(三段)です。

2020年12月20日(日)よる9時から放送される「うち病九段」に出演者は、
先崎学 - 安田顕 -九段のプロ棋士
先崎繭 - 内田有紀 -先崎学の妻 プロの囲碁棋士
先崎春香― 南沙良  -    娘 高校の吹奏楽部に所属
先崎章 - 高橋克実 -    兄 精神科医
羽生善治― 土屋伸之(ナイツ)
藤井聡太― 鈴木福
他です。

安田顕(やすだ けん)は、1973年12月8日生まれ、北海道室蘭市出身の俳優、タレントです。北海学園大学経営学部を卒業しました。1993年に芸能プロダクションCREATIVE OFFICE CUEに加入し、タレント活動を始めました。最近の映画では、2020年11月13日公開の「ホテルローヤル」に出演しました。

内田有紀は、1975年11月16日生まれ、東京都中央区日本橋出身、バーニングプロダクション所属の女優、歌手、モデル、タレントです。元夫が吉岡秀隆です(202年に「北の國から」で共演して結婚し、2005年に離婚しました)。最近のドラマでは、2020年10月4日放送のテレビ朝日「ドクターY~外科医・加地秀樹」に出演しました。

南沙良(みなみ さら)は、2002年6月11日生まれ、神奈川県出身で、レプロエンタテインメント所属の女優です。2014年に、第19回nicolaモデルオーディションでグランプリを受賞し、nicola専属モデルになりました。2017年に映画「幼な子われらに生まれ」で女優デビューしました。2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に出演します。

高橋克実は、1961年4月1日生まれ、新潟県三条市の出身で、シス・カンパニー所属の俳優、タレントです。1987年に劇団離風霊船に入団しました。1987年に映画「ウエルター」で映画デビューし、1993年にNHKドラマ「トーキョー国盗り物語」でドラマ初出演しました。2021年1月9日放送予定のNHK「おもいでぼろぼろ」に出演します。

土屋伸之(ナイツ)は、1978年10月12日生まれ、千葉県舟橋市出身で、マセキ芸能社所属のお笑い芸人です。2000年に、塙宣之と漫才コンビ「ナイツ」を結成しました。

鈴木福は、2004年6月17日生まれ、東京都出身で、ATプロダクション所属の俳優、歌手です。2006年、1歳のときに、NHK教育「いないいないばあつ!」に出演し、芸能界デビューしました。最近のドラマでは、2020年7月23日放送のNHK総合「不要不急の銀河」に出演しました。

スポンサーリンク

うつ病九段原作は何?

ドラマ「うつ病九段」の原作は、先崎学著「うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間」です。文芸春秋から、単行本が、2018年7月13日に、文春文庫が2020年7月8日に発売されています。原作をもとに、河井克夫が作画した漫画は、2020年4月24日に発売されています。

うつ病回復末期に、先崎学九段が、リハビリのために書いた手記で、うつ病に苦しんでいる人に勇気を与える本です。読者の感想文の中に、「先崎学棋士のうつ病体験記、淡々と書かれていて、それがまたリアル、うつ病と言っても1人1人症状は違うのだろうけど、かなり参考になります」というのがありました。

河井克夫は、1969年生まれ、愛知県豊橋市出身の漫画家、イラストレーターです。立教大学文学部日本文学科卒業です。1995年11月、月刊漫画ガロ、1995年12月号の「ピエール」でデビューしました。

先崎学著「うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間」
配信サービス「U-NEXT」で配信されています。「U-NEXT」31日間お試し無料です。U-NEXTの解約など詳細はこちらをクリック
スポンサーリンク

まとめ

プロ棋士の先崎学九段が、うつ病を治すために過ごした、闘病生活を思い出して、リハビリのために書いた手記をベースにしたテレビドラマを紹介しました。

うつ病から回復された、先崎学九段の今後の活躍を祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました