映画銀魂 THE FINAL入場者特典が鬼滅の刃か?前売り券の発売はいつ?

映画

空知英秋による漫画「銀魂」の最新映画「銀魂 THE FINAL」が2021年1月8日に公開されます。単行本ではすでに最終回を迎えており終了したと思われていた「銀魂」ですが、原作のラストストーリーを元に今回劇場版として制作されました。

笑いあり涙ありの銀魂ならではのストーリーは、初めて「銀魂」作品を見る人にもわかりやすい内容になっているようです。

しかし、今回注目されているのはその入場者特典です。今回は、その入場特典も含めて、映画「銀魂 THE FINAL」についてご紹介していきます。

銀魂は
動画配信サービス「Hulu」で配信されています。
今すぐクリック14日間無料お試し!
「Hulu」は、2週間お試し無料です。無料期間中の解約は違約金なし。
ボタン一つの簡単解約可「Hulu」の解約などの詳細はこちら!
スポンサーリンク

映画銀魂 THE FINAL入場者特典が鬼滅の刃か?

・入場者プレゼント
2006年からアニメ放送を開始している「銀魂」。
入場者プレゼントには、そんなアニメ放送の中からファンたちが選んだ名エピソードを、フィルム風シールにした全30種類が配られることが決定しています。
9月15日から約1カ月間開催された「アニメ銀魂 名エピソード総選挙」で選ばれた、1位から25位のエピソードと今作の映画のシーン5種がおさめられ、コレクションとして集めたくなること間違いなしですね。
ちなみに1位は、第326話の「さらば真選組」だったようですよ。
他にも「アニメ銀魂 名エピソード総選挙」特設サイトでは、投票の結果が公開されていますのでそちらもぜひチェックしてみてくださいね。

・鬼滅の刃?
そして、今回大注目されている入場者特典プレゼントが「鬼滅の刃」とのコラボレーションアイテムです。
現在、社会現象を起こしているアニメ「鬼滅の刃」は、公開中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』も絶好調のアニメ作品です。
そして映画『銀魂 THE FINAL』では入場者特典プレゼントの歴代名エピソードシールとは別に、週ごとに変わるプレゼントが用意されているのですが、その第1週目の特典として、銀魂の原作者である空知英秋が描きおろした「炭次郎と柱のイラストカード」が決定しました。

・「銀魂」と「鬼滅の刃」の関係
もともと「銀魂」は、時事ネタをや他作品のパロディーをアニメの中に取り込むことで注目されていて、見る人を飽きさせないストーリー作りで知られています。
「銀魂」も「鬼滅の刃」も週刊少年ジャンプでの人気作品なだけあり、そのコラボレーションの実現と、個性あふれる原作者・空知英秋がどんな風に「鬼滅の刃」のキャラクター達を描くのかに注目が集まっています。
まだ第1週目の特典のみの発表となっていますので、今後の続報にも目が離せません。

スポンサーリンク

前売り券の発売はいつ?

今回、映画『銀魂 THE FINAL』の前売り券として特典付きのムビチケカードが発売されています。
・第1弾(10/16~)
第1弾として発表され10/16~発売が開始されているのが、原作者・空知英秋が描き下ろしたビジュアルクリアファイル付きのムビチケです。
今回の映画は、「銀魂」の原作のラストを元にして制作されたという事で、そのクリアファイルには「バイバイ、銀さん。」という言葉と共に主人公・坂田銀時を中心とした人気キャラクター達が勢ぞろいで楽しい雰囲気を描いた豪華なイラストになっています。

・第2弾(11/13~)
第2弾として発表されたのが、映画のビジュアルが描かれたクリアファイル付きのムビチケです。
こちらは、映画の雰囲気が伝わってくるようなデザインで、全体的に黒っぽく戦闘シーンを彷彿させる仕上がりになっています。
また、クリアファイルの裏には「俺の護りたかったもんは、魂にあるー。」と書かれていて、第一弾のクリアファイルとは一味違うグッズとして、喜ばれそうなイラストになっていますよ。

・アニメイト・ゲーマーズ限定(12/11~)
11月6日~予約が開始され12/11~販売が開始されている、アニメイト・ゲーマーズ限定の前売り券。
こちらは、限定Tシャツとムビチケがセットになっている前売り券で、Tシャツには今作の映画ロゴがプリントされています。
販売期間が、2021年の1月7日という映画公開前日までとなっていますので早めのチェックが必要です。

どれも、なくなり次第終了の非売品ということなので、なるべく早めにムビチケをゲットして、映画公開に備えておきたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

「最後のバカ騒ぎ」と描かれているだけあって、今回が映画館で鑑賞できるのは最後になるかもしれない「銀魂」。
入場特典である「鬼滅の刃」とのコラボレーションアイテムをゲットするために映画館に足を運ぶ方もいるかもしれない、そんな”便乗商法”ともいわれる手法は今までたくさんの視聴者に笑いと涙を届けてくれた「銀魂」だからこそ許される事なのかもしれません。
共に週刊少年ジャンプを盛りあげた同志として協力し合いながら、映画業界・アニメ業界をもっと盛り上げていってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました