映画AWAKEタイトルの意味とは?あらすじネタバレは?

映画

みなさんは、映画『AWAKE』をご存知でしょうか?

2020年12月25日より全国で公開している本作品は、プロ棋士対将棋AIソフトをコンセプトに開催がされた将棋エンタメイベントである”電王戦”。

ここで実際に行われた対局から着想を得て作られており、吉沢亮が演じる主人公の英一の将棋AIソフトの開発という夢を追いかけていく様が描かれた作品です。

そんな映画『AWAKE』について。そのストーリーのあらすじやネタバレについて、またタイトルの意味についても調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

WAKEタイトルの意味とは?

2020年12月25日から全国で公開がされている映画『AWAKE』

“将棋”という題材を中心に物語が展開されていく青春映画となっている本作品ですが、棋士という道を諦めることとなった吉沢亮が演じる主人公の英一が、コンピュータ将棋のプログラミングに惹かれていき、やがてかつて彼のライバルであった棋士と戦うことになるという内容になっています。

そんな映画『AWAKE』ですが、そのタイトルの”AWAKE”には、いったいどのような意味が込められているのでしょうか?

映画『AWAKE』のタイトルの意味には、どのような意図やメッセージが込められているのかについて、調べていきたいと思います!

まずは、”AWAKE”の意味について、調べていきましょう。”AWAKE”という単語には、”起こす”や”呼び起こす”、”目覚めさせる”、”眠りから起きる”、”覚醒”などといった複数の意味がありました。

複数の意味が存在していて、どの意味合いが正しいのかどうかについてはわかりませんでしたが、映画『AWAKE』の作中で登場する、主人公の英一が作った”AWAKE”というプログラム。

これは、プロの棋士になることを夢見ていた英一がライバルとの圧倒的な才能の差に挫折し、その夢を諦めることとなった後に没頭し、のめり込んでいくこととなる、コンピュータ将棋とプログラミング。

その二つに没頭した結果、英一はプログラムの”AWAKE”の開発に成功し、このプログラムの”AWAKE”がコンピュータ将棋の大会において、目覚ましいほどの活躍をみせていき、プログラムの”AWAKE”が物語の中心になってストーリーが展開されます。

このことから、あくまでも予想ではありますが、主人公の英一の将棋への実力・棋士としての才能がプログラムの”AWAKE”を通して、”覚醒する”というところから、本作品のタイトルが”AWAKE”とされたのではないかと予想することができますよね!

また、2015年に行われた将棋電王戦FINAL第5局、阿久津主税八段とAWAKEの対局。開始からわずか21手という異例のスピードでの決着となり、今でも語り継がれる激闘と呼ばれているこの対局ですが、この時に使われた将棋ソフトの名前が”AWAKE”であったことも、本作品のタイトルに関係あるでしょう。

スポンサーリンク

あらすじネタバレは?

さて、そんな映画『AWAKE』ですが、そのストーリーはどのような内容になっているのでしょう?本作品のストーリーのあらすじやネタバレについて、調べていきたいと思います。

主人公の清田英一は、父親からの影響で幼い頃から将棋に夢中で、プロの棋士になることを夢見ている大学生でした。そんな彼は、プロへの第一歩となる日本将棋連盟の棋士を養成をする組織で、日々棋士を目指して、12歳の頃から特訓の日々を過ごしていました。

そんなある時、彼はプロ入りがかかった大事な対局を迎えることになります。この対局で、英一は同世代のライバルである浅川陸に敗北し、そのあまりの才能の差に絶望してしまい、プロの棋士への夢を諦めてしまいます。

大好きだった将棋をやめ、普通の大学生になった英一でしたが、これまで将棋一筋で将棋しかしてこなったためか、周囲と打ち解けることができずにいました。将来の夢も失い、絶望していた彼でしたが、磯野という先輩学生によってコンピュータ将棋と出会うこととなります。

この出会いをきっかけに、磯野からの教えを請いつつ、プログラミングについて勉強を始め、自分だけの将棋ソフトを開発することを目指すことにしました。

それから数年の月日が経ち、英一は自分だけの将棋ソフトを開発することに成功していました。”AWAKE”と名付けられたそのプログラムは、コンピュータ将棋の大会で数々の実績を残し、大活躍していました。

そんな中、英一にある依頼が来ます。それは、プロと最強の人工知能将棋プログラムの対局の企画という電王戦に出場しないかという依頼でした。

あまり英一はこの話に乗り気ではなく、最初はその申し出を断るつもりでいましたが、対局することとなる相手の名前を聞いて、彼は考えを変えます。そう、その対極の相手とは、かつて英一にとってのライバルであった浅川陸だったのです。

陸は本番までに何度も”AWAKE”とのシミュレーションの対局を行いますが、毎回負けてしまっていました。その一方、英一はプログラムに一つの欠陥を発見しますが、対局日までに修正は間に合わず、そのまま対局の日を迎えることに。全国の将棋ファンが見守る中、世紀の対局が幕を開けるのでした。

スポンサーリンク

まとめ

今日は、2020年12月25日から公開がされている映画『AWAKE』について。そのストーリーのあらすじやネタバレについて、またタイトルの意味などについても調べてみました!

2015年の電王戦の話といえば、有名な話ですよね。その話を題材とした作品ということですから、とても面白いものになっているのではないでしょうか。

また、”AWAKE”という言葉が持つ”覚醒”という意味も、物語の内容にとてもあっていると感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました