石原さとみ主演人生最高の贈り物原作は何?岡田惠和の過去の名作は?

ドラマ

2021年1月4日に放送される新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」

テレビ東京のドラマで初主演を務めるのは、数々のドラマでちょっと癖のある女性を演じてきた石原さとみです。脇を固めるのは、日本を代表する俳優の一人寺尾聰や向井理といった豪華な俳優陣です。そして、そのドラマの脚本を担当したのがヒューマンドラマの名手として知られている岡田惠和という、最高のタッグで描かれた物語に注目せざるえませんね。

今回は、「人生最高の贈り物」という2021年の幕開けにふさわしい親子の絆を書き下ろした脚本家・岡田惠和について詳しくご紹介していきます

石原さとみ主演人生最高の贈り物あらすじネタバレは?出演キャスト?脚本は?
2021年1月4日20時~、主演・石原さとみで家族の絆を描いた新春ドラマスペシャル「人生最高の贈り物」がテレビ東京にて放送されます。 1年の始まりとして新年に放送されるのは、こんな時代だからこそ家族でご覧いただきたい「家族の絆」を描い...
スポンサーリンク

人生最高の贈り物原作は何

今回のストーリーに原作は存在するのかと調べて見たところ、今回の物語は岡田惠和のオリジナルストーリーの様です。
今回、プロデューサーとして参加している八木康夫プロデューサーと放送する予定がないまま作成した脚本で岡田惠和自身が、”どんな作品が観たいか””どんな作品が作りたいのか”という事を念頭において制作した結果が、感動の親子愛を描いたストーリーへと繋がったみたいです。

放送予定がないにもかかわらず作り上げた脚本が、このタイミングでスペシャルドラマとして放送される事には、なにか意味がある事なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

岡田惠和の過去の名作は?

過去から今に至るまで、数々の名作を生み出してきた岡田惠和。
ここでは、そんな岡田惠和の名作をいくつかご紹介していきます。

【ドラマ編】
・イグアナの娘
1996年に菅野美穂主演で放送されたドラマ「イグアナの娘」。
周りからは人間の女の子として見えるのに、自分には自信の姿がイグアナにしか見えないというファンタジー要素たっぷりのドラマです。

親子の絆は関係内容に思えるタイトルですが、娘を愛せない母親と母から愛されない事に苦悩する娘の関係が描かれていて、親子の絆に視点を置いた見ごたえたっぷりのストーリーになっています。

・ビーチボーイズ
1997年に放送され反町隆史と竹野内豊がダブル主演を務めた「ビーチボーイズ」。
出会うはずのない正反対の男2人が、海の見える民宿に転がり込んだことから始まるストーリー。

目が離せないストーリー展開と反町隆史・竹野内豊のイケメンぶりや広末涼子のキュートなルックスも相まって、大ヒットしました。月9には珍しい男同士の友情を描いたストーリーは、放送終了後も総集編やスペシャル版が放送されるほどの大人気ドラマとなりました。

・朝の連続ドラマの数々
国民的ドラマといえば、朝の連続テレビ小説。
岡田惠和は、今までに「ちゅらさん」「おひさま」「ひよっこ」などの脚本を担当しています。どれも、人気を博した大人気ドラマとなりそのストーリーは老若男女に愛され続けるドラマとなっています。

【映画編】

・いま、会いにゆきます
2004年に竹内結子と中村獅童の共演で映画化された作品です。原作が同名の恋愛小説という事もあり、公開される前からその期待は大きいものがありました。しかし、その期待に応えるように映画は大ヒットし、その後キャストをかえてドラマでの放送も開始されています。

一人息子と夫を残して亡くなってしまった女性が2人の前に突然現れるというストーリーで、その親子愛や夫婦愛、家族愛が詰め込まれた物語は映画館で号泣する人が続出したという話題作となりました。

・8年越しの花嫁 奇跡の実話
2017年に佐藤健、土屋太鳳のダブル主演で公開された映画です。実話を元にした本作は、ノンフィクション書籍「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」を原作とした物語です。

結婚式を間近に控えた麻衣が突然難病が襲い、6年間眠り続けたにも関わらずその麻衣を支えながら待ち続けた尚志の姿が描かれています。
その年のアカデミー賞では、優秀主演男優賞、優秀主演女優賞、優秀助演女優賞、優秀音楽賞を受賞し、多くの感動のを与えた名作になっています。

全てをご紹介するのが難しい程多くの作品を手がけている岡田惠和ですが、その作品のどのタイトルを見ても”見たことがある””聞いたことがある”名作ばかりでした。
今回放送される「人生最高の贈り物」のように、新しく生み出される作品にも注目しながら過去の名作達も一緒に楽しみたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

脚本家として多くの名作を生み出してきた岡田惠和。振り返ってみると彼が今まで担当してきたストーリーは、家族の絆や仲間との絆など、胸に刺さるヒューマンストーリーばかりですね。その違和感のない自然なストーリーは、私たちの心に入り込み忘れられない作品になっているように感じます。
今回放送される新春スペシャルドラマも、親と子の絆を描いたストーリーのようですので、ぜひ岡田惠和のつくりだす世界観を家族で堪能してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました