映画名も無き世界のエンドロールあらすじネタバレは?原作は?ラストはどうなる?

映画

映画、名も無き世界のエンドロールは、2021年1月29日に公開される予定になっている岩田剛典さんと新田真剣佑さんの初共演作です。

名もなき世界のエンドロールのあらすじはどのようなもので、原作とどのような関連性があるのでしょうか。またラストはどのようになるのでしょうか。

この記事では、名もなき世界のエンドロールのあらすじネタバレを紹介するとともに、原作との関係やラストがどうなるのかについてまとめていきます。

スポンサーリンク

名も無き世界のエンドロールあらすじネタバレは?

キダとマコト。ヨッチは複雑な環境で育ち、3人で支え合いながら平穏な毎日を過ごしてきました。しかし、20歳の時にヨッチが2人の前からいなくなってしまいます。

そんな2人の前に政治家令嬢でトップモデルのリサが現れ、マコトは彼女に強い興味を抱きますが、まったく相手にされません。キダはあきらめるよう忠告しますが、マコトは仕事を辞めて忽然と姿を消してしまいます。

そして裏社会に入り込んでいたキダは、リサに合うように金をためていたマコトと再会します。マコトの執念と、その理由を知ったキダは、お互いにそれぞれの世界で力を蓄えていきます。そしてクリスマスイブに、マコトは城田の協力でリサにプロポーズしようとしますが、そこには大きな計画がありました。

ヨッチが亡くなったのは10年前。その日を境にして、マコトと城田の人生は大きく変化しました。幼い頃から一緒にいた三人はなるべくして三角関係になりました。

肝心のヨッチはというと、マコトも城田も大好きで、どちらか一人に決めることができませんでした。そこで、ヨッチは先に告白してくれたほうと付き合おうと決意します。ヨッチに告白したのはマコトの方が先でした。

本当はどっちも大好きで、城田の気持ちにこたえられないのが辛いこと。顔を歪めて泣きじゃくるヨッチに、城田は穏やかに言いました。

「マコトなら、俺よりきっと、ヨッチを幸せにする」

高校を卒業した城田とマコトは同じところに勤めました。しかし、城田もマコトも生活に不満はなく、むしろ幸せに暮らしていました。マコトはヨッチとの結婚を決意します。本来の『プロポーズ大作戦』は、そんな可愛らしくて幸せな計画でした。

『プロポーズ大作戦』は実行されませんでした。ヨッチが車にひかれて、そのままこの世を去ってしまったからです。憎んでも憎みきれない犯人は、10年経った今でも見つかっていません。

スポンサーリンク

原作は?ラストはどうなる?

『名も無き世界のエンドロール』は、 第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫さんによる小説が原作となっています。

ラストはこのようになります。

10年後。マコトと城田はプロポーズに見せかけて、ヨッチをひき逃げした犯人であるリサにその犯した罪を突きつけます。

人生最高の瞬間から一転、過去の罪を暴かれ突きつけられる。怒り狂ったリサは、マコトの計算通りの反応を示しました。つまり、逆ギレです。

リサが無免許運転でひき逃げした過去は、この瞬間、リアルタイムで大勢の人間に見聞きされました。その罪を父親の権力でもみ消したことも、です。復讐というのなら、すでに復讐は十分に成功しています。しかし、マコトの目的は復讐ではありませんでした。

リサの父親による徹底的な証拠隠滅は、人々の記憶からもヨッチを消し去ってしまいました。あろうことか、リサですらヨッチのことを今この瞬間まで忘れていたくらいです。マコトの目的はリサへの復讐ではなく、失われてしまったヨッチの存在を取り戻すことにありました。

金と権力の力は絶大です。リサがボタンを一押しするだけで屈強なボディーガードが飛んできて、あっという間にマコトを組み敷いてしまいます。きっと大画面に映し出された暴露映像もなかったことにされてしまうのでしょう。

ボディーガードに組み敷かれることも、リサの父親が事後に再びもみ消しを図ろうとすることも、マコトにはちゃんと読めていました。

ここまでも、ここからも、マコトの『プロポーズ大作戦』は一切の狂いなく完遂されます。あらためて確認しておくと、マコトの目的は「ヨッチの存在を消さないこと」です。

マコトがリミッターを外したスタンガンでボディーガードを倒すと、リサの顔に初めて恐怖と怯えの色が浮かびました。リサはその場から逃げ出そうとしますが、いつのまにか小指に結ばれていた糸のせいで動くことができません。 糸のもう片方はマコトの上着に仕込んだ手榴弾に、つながっていました。 糸が引っ張られたことで、手榴弾から起爆用のリングが引っこ抜け爆発します。

予定されていた『プロポーズ大作戦』の終わりを見届けると、城田はホテルに背を向けて歩き出しました。

スポンサーリンク

まとめ

名も無き世界のエンドロールは、幼い頃から親しく、愛することになった女性のために仕掛けたドッキリを、今度は憎んでも憎みきれないその女性を殺した犯人に仕掛けるという最後は壮大なスケールに至る復讐劇を描いたものです。

最後の最後まで緻密に計画された作戦の成り行きを見守る映画の観客は一瞬たりともスクリーンから目が離せないこととなるでしょう。いずれにせよ、公開が待ち遠しい素晴らしい作品であることは間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました