土屋太鳳哀愁しんでれらあらすじネタバレは?原作は何?結末はどうなる?

映画

2021年2月5日に土屋太鳳さんと田中圭さんが共演する「哀愁しんでれら」が公開されます。

予告では2人の出会いがキッカケで徐々に幸せが崩れていくサスペンスミステリーな物語が写されていました。

今回の記事では
・哀愁しんでれらのあらすじネタバレ
・哀愁しんでれらの原作や結末
について紹介していきます。

主演の土屋太鳳さんはあまりにもサイコパスな役で3回もオファーを断ったと言われている作品です。

どのような内容なのかさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

哀愁しんでれらあらすじネタバレは?

哀愁しんでれらでは土屋太鳳さん演じる小春が田中圭さん演じる大悟との出会いが始まりとなっています。

小春は児童相談所に勤めていて平凡な生活を送っていました。

小春には交際していた男性もいます。

祖父と父親、妹と一緒に生活していた小春ですが突然祖父が倒れてしまうんです。

急いで祖父の元に向かうのですが病院に向かっている時に車で事故にあってしまいます。

しかも父親は飲酒運転の疑いでお巡りさんに連れて行かれるんですよ。

さらには実家が火事になってしまいます。

この時点で一気にどん底に落とされているのが分かりますね。

火事や父親が飲酒運転をしてしまったせいで、小春の実家が営んでいた車屋は廃業になってしまうのです。

そして心のよりどころにしていた彼氏は小春の同僚と浮気をしていて、小春は2人の姿を目撃してしまいます。

しかしある日の夜、踏切で倒れている大悟と出会います。

大悟には8歳の娘・ヒカリがいました。

子持ちという事を理解した上で小春は大悟に惹かれていき、大悟がプロポーズして2人は結婚します。

しかし新しい家族で生活していくうちに徐々に歪んだ顔が見え始めるのです。

一度何もかもを失い幸せになりたいと思う小春の強い願望がヒートアップしていき、良い母親、良い妻を求めるようになっていきます。

良い生活に憧れ過ぎた小春はいつの間にか自分を見失ってしまい恐ろしい女へと豹変してしまうのでした。

しかし小春が豹変したのは、どこか不自然な家族がいたからだと思われます。

サイコパスな要素が見えるヒカリや、娘に依存している大悟がいたからこそ小春はおかしくなってしまったのではないでしょうか?

一番危険に感じるのはヒカリです。

予告でも「この子、どこかおかしい」と思うようなシチュエーションがたくさん写っていましたし。

次は気になる原作や結末について解説していきます。

スポンサーリンク

原作は何?結末はどうなる?

哀愁しんでれらの原作はなくオリジナルだという事が分かっています。

秋吉理香子さん作の「哀愁しんでれら~もう一人のシンデレラ~」という文庫本が発売されていますが、こちらは映画から誕生したコラボ作品のようです。

そのため結末も明かされていませんでした。

現段階で明らかになっているのは福浦小春が結婚するという事です。

結婚相手は泉澤大悟で、彼のほうからプロポーズされ2人は結婚します。

しかし結婚したあとに福浦小春は凶悪な事件を引き起こしてしまうのです。

どのような事件なのかは詳細が出ていませんが、CMでは泉澤ヒカリが傲慢でワガママな様子が描かれていました。

お母さんを追い詰めるシーンや食事で注意されただけで「もう食べない」と言っているシーンが印象的です。

予告での流れを見ても、ごく普通の幸せな家族が何かを境に不幸になっている様子なので衝撃のラストが待っている事は間違いないですね。

それにても予告編では謎の多い映像が詰め合わせられています。

結末の予想としては
「ヒカリが友達を殺したのではないか」というところです。

予告を見る限りでは教室で飛び降りようとしている子に近寄っているシーンがあります。

そして、ヒカリが友達をつき落とすのを見たという証言もあり、母の小春は「自分の子がそんな事するわけないでしょう!」と叫んでいましたね。

ヒカルは見るからにミステリアスな部分があり、少々サイコパスな要素もうかがえます。

もしヒカリが友達をつき落としていなくても、落ちる寸前に何か話している可能性は高いですよね。

さらに子供のやった事なので、ふざけて押したら落ちてしまったという事も考えられますが、作品的にはミステリー物なのでうっかり落ちてしまったという流れはないように思えます。

また、大悟が「ヒカリの為ならなんでもできる」と言っているのも意味深ですよね。

しかもヒカリはお葬式なのに棺の上に座って本を読んでいましたし、親子揃って怪しい空気が漂っています。

前妻がいないのも病気や事故ではなく2人が何か関係しているようにも思えますよね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・哀愁しんでれらのあらすじネタバレ
・哀愁しんでれらの原作や結末
について紹介しました。

ごく平凡な生活をしていた人間でも周りの生活環境で豹変してしまう事があるんです。

現に小春は普通の生活をしていたのに、大悟と結婚してから人が変わったようになっていましたしね。

ヒカリが友達を教室の窓から突き落とした可能性は高いのですが、意外と父の大悟も怪しいです。

娘の為なら何でもやると言っていましたが、まさか殺人に関与していたらとんでもない事ですよね。

気になる結末は2月5日公開の映画でお楽しみ下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました