SnowMan宮舘涼太の特殊能力は痛みの強さ?どんな痛み・辛さに耐えた、披露した番組は?

男性芸能人

SnowManは、2012年に結成された9人組のジャニーズのアイドルグループで、昨年2020年にデビューし、今大人気なグループですよね。

今回は、そんなSnowManの宮舘涼太さんについてまとめました。

宮舘涼太さんは、痛みに強いという特殊能力を持っているようなんですね。

痛みに強い特殊能力とはいったいどんな痛みに対してなのか、特殊能力を披露した番組について、また他の特技についても調べてみました。

スポンサーリンク

SnowMan宮舘涼太 特殊能力は痛みの強さ?他に特技、能力はある?

SnowManの宮舘涼太さんは、グループ内では、貴族といわれ、「だてさま」という愛称で親しまれています。性格は、ストイックでとても努力がだそうですが、たまに天然なところがかわいらしいとファンから評判です。

そんな宮舘涼太さんは、今痛みに強いキャラで、話題になっています。

宮舘涼太さん本人が「全く痛みを感じない男」と豪語しているようです。特殊能力で痛みを全く感じないとは、すごいですよね。どのくらいの痛みでは、痛いと感じないのか気になりますよね。

特殊能力の痛みの強さについて調べてみました。

宮舘涼太さんは、洗濯バサミで顔じゅう引っ張られても、痛くないそうで、無表情でいられるそうです。

普通の人なら1つつけるだけで痛いはずですから、相当な痛みに耐えられるのかなと思います。

また、宮舘涼太さんは、痛みに強いという能力以外にも、特技があるのか調べてみました。

宮舘涼太さんは、ジャニーズJr.時代にジャニーズJr.チャンネルで、「今夜のオカズ 宮舘を添えて」という、メンバーに料理を振る舞うという企画を持っているほどの料理の腕前があります。

宮舘涼太さんは、「料理上手なイメージのあるジャニーズランキング」でも堂々の1位に選ばれています。

それほど料理が得意なんですね。

他には、サーフィンやスケートボードも特技にあげています。

サーフィンは、ご両親の影響でやっているそうで、夏は暇さえあればサーフィンに行くんだそうです。

スポンサーリンク

SnowMan宮舘涼太 どんな痛み・辛さに耐えた?披露した番組は?

宮舘涼太さんが、痛みを全く感じないという特殊能力を披露した番組は、『有吉ジャポンⅡジロジロ有吉』、『有吉ゼミ』です。

2020年10月2日に放送された『有吉ジャポンⅡジロジロ有吉』で、痛みを全く感じない男として、宮舘涼太さんが登場しました。

そこで、体験した人みんなが飛び上がるほど痛がるミオドレ式UFOブラシを宮舘涼太さんが体験することになります。

ミオドレ式UFOブラシは、別名で悶絶サロンとも言われていますよね。

これなら痛がるのでは?と思っていましたが、全く痛くないということですました顔をしてマッサージを受けてました。

痛がらない出演者を見たことがないのでびっくりしました。

また、2020年10月12日に放送された『有吉ゼミ』で、宮舘涼太さんは、激辛チャレンジに挑みました。

宮舘涼太さんは、激辛でお馴染みのハバネロパウダーやキャロライナリーパーなどを使った「灼熱の地獄火山カレー」を食べました。

あばれる君が「剣山が舌の上を歩いてる感じ」だと絶叫する中、宮舘涼太さんは、余裕の表情でおいしいと食べ進めました。

しかし、トッピングの激辛青唐辛子を口に入れた途端に一変し、「痛みって世の中に存在したんすね」と涙を見せました。

痛みに強いと豪語する宮舘涼太さんが、涙を見せるほどってどんな辛さなのか気になりますね。

番組の最後には、あばれる君から「今後は痛みを感じるキャラでいいんですね?」と確認され、宮舘涼太さんは「はい!」と答えていました。

宮舘涼太さんは、あれほどみんなが痛がる悶絶サロンとも呼ばれるミオドレ式UFOブラシを全く痛がることなく終わりましたが、激辛チャレンジでは、涙を見せ、ネットでも話題になりましたね。

初めて痛さを感じたと話していましたが、まったく痛みを感じないわけではないということがわかりましたね。

しかし、一般の人よりは遥かに痛みに強いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

人気ジャニーズアイドルグループSnowManの宮舘涼太さんの痛みを感じないという特殊能力についてご紹介しました。

宮舘涼太さんは、バラエティ番組で痛覚がないことを試すために、ミオドレ式UFOブラシや激辛チャレンジに挑戦しました。

結果としては、全く痛みを感じないわけではないということがわかりましたが、あれだけ出演者のみなさんが絶叫するミオドレ式UFOブラシを痛がらないということは、一般の人よりも遥かに痛みに強いのだと思います。

痛みを感じないという特技を持っている人は、あまり聞かないので、バラエティ番組などでこれからも痛みに強いキャラとして、活躍するかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました