映画ヤクザと家族 The Family主演キャストは?撮影ロケ地は?撮影時期は?

映画

2021年1月29日から、映画「ヤクザと家族 Family」が、公開されます。脚本・監督は、第43回日本アカデミー賞の主要3冠に輝いた「新聞記者」を監督した藤井道人監督です。

藤井道人監督は、1986年8月14日生まれ、東京都出身、BABEL LABEL・ヒラタオフィス所属の映画監督・脚本家です。日本大学芸術学部映画学科脚本コースの卒業です。大学在学中から脚本や監督を始めました。

藤井道人監督は、2014年5月24日公開の伊坂幸太郎原作の映画「オー!ファーザー」で長編映画デビューしました。2019年6月27日公開の「新聞記者」で、第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞、第62回ブルーリボン賞作品賞などを受賞しました。

映画 ヤクザと家族 The Family あらすじネタバレは?原作は何?ラストはどうなる?
皆さんは1月末に公開の話題の映画を知っていますか?その名前は『ヤクザと家族 The Family』なかなか迫力のある題名ですが、『MOTHER マザー』や日本アカデミー賞6冠達成した『新聞記者』を手がけたスタッフが再び集結した映画です。 ...
スポンサーリンク

ヤクザと家族主演キャストは?

ヤクザという生き方を選んだ男の、1999年、2005年、2015年の3つの時代にわたるヒューマンストーリーです。山本賢治(綾野剛)は、父親を覚せい剤で失い、自暴自棄で、その日暮らしを送っています。

山本は、地元のヤクザ柴咲組組長・柴咲博(舘ひろし)を救い、柴咲組長に気に入られます。山本と柴咲組長は、父子の契りを結び、山本はヤクザの世界で男をあげて行きます。

時代が流れ、家族ができます。暴対法が施行され、「反社」のレッテルが貼られます。ヤクザとして生きるのが難しい時代になります。山本は、刑務所に入ります。出所後、衰退した柴咲組に対立する因縁の敵と戦う中で、組織と家族の間で揺れ動き、家族を失う危機に追い込まれます。

男は、暴対法による逆風の中で、組の存続を選ぶか家族を選ぶか、大きな岐路に立たされます。“最後のヤクザ”ともいえる男の半生を、自暴自棄の少年時代の1999年、ヤクザとして男をあげた2005年、足を洗い家族と生きようとする2015年の3つの時代にわたった物語です。

キャストは、綾野剛と舘ひろしが、組員と組長を演じて初共演します。他に、尾野真千子、市原隼人、駿河太郎等が出演しています。

綾野剛は、1982年1月26日生まれ、岐阜県岐阜市出身、トライストーン・エンタテインメント所属の俳優です。2000年3月、高校卒業し、上京して、2003年「仮面ライダー555」で俳優デビューしました。2009年、三池崇史監督「クローズZEROⅡ」に出演しました。2016年「日本で一番悪い奴ら」で、第40回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。

舘ひろしは、1950年3月31日生まれ、名古屋市中区出身の俳優です。千葉工業大学工学部建築学科中退です。実家は開業医の「舘医院」で、弟も「舘ハートクリニック」を開業しています。東映社長・岡田茂に誘われ、1976年松田優作主演の「暴力教室」に出演しました。1983年に石原プロモーションに入社しました。「西部警察」シリーズ、「あぶない刑事」シリーズなどに出演しました。

尾野真千子は、1981年11月4日生まれ、奈良県吉野郡西吉野村(現:五條市)出身、TOM company所属の女優です。1996年、14歳で映画監督・河瀨直美の目に留まり、1997年の映画「萌の朱雀」(もえのすざく)で主演デビューしました。2000年、高校卒業後、女優活動を本格的に始めました。2017年公開の映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で第41回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞しました。

市原隼人は、1987年2月6日生まれ、神奈川県川崎市出身、スターダストプロモーション所属の俳優です。小学校5年生で」スカウトされ芸能界入りしました。2001年映画「リリイ・シュシュのすべて」で主演しました。2020年公開の映画「劇場版おいしい給食」に出演しました。

駿河太郎は、1978年6月5日生まれ、兵庫県西宮市出身、ステッカー所属の俳優・ミュージシャンです。父親が、笑福亭鶴瓶です。大阪芸術大学短期大学部卒業です。2011年NHK連続テレビ小説「カーネーション」で、ヒロイン・小原糸子(尾野真千子)の夫役を務めました。

スポンサーリンク

撮影ロケ地は?撮影時期は?

映画「ヤクザと家族 Family」は、2019年11月から12月にかけて、静岡県沼津市、富士市、裾野市などで撮影されました。主に沼津市の銀座通り商店街、富士市吉原商店街などで撮影されました。

登場人物が逃走しているシーンは、沼津市の銀座通り商店街の「うなよし」前で、2019年11月10日に撮影していたと報告されています。沼津市の仲見世商店街でも撮影されました。沼津市の銀座通り商店街と仲見世商店街は、沼津駅から徒歩2分で、繋がっています。商店街は、アーケードが撤去されて、撮影当時から変わっています。

富士市吉原商店街の「オモニ食堂」で、2019年11月に撮影が行われました。オモニ食堂は、映画のセットでした。吉原商店街は、吉原本町駅近くです。

スポンサーリンク

まとめ

映画「ヤクザと家族 Family」の監修、所作指導は、元山口組最高幹部で作家に転身した沖田臥竜が行っています。沖田臥竜は、1976年生まれ、兵庫県尼崎市出身、元山口組直系二次団体最高幹部の作家です。2016年10月に、アウトロー小説「生野が生んだスーパースター文政」を出版し、作家デビューしました。

映画「ヤクザと家族 Family」の主題歌は、King Gnuの常田大希の音楽集団millennium paradeの「FAMILIA」に決まりました。主題歌は、主演の綾野剛が脚本を読んで、藤井道人監督に提案したと言われています。藤井道人監督は「綾野剛さんが、脚本を読んで、イメージで常田さんの書く楽曲を主題歌にどうかなと提案してくれた」と言っています。綾野剛は「傑作、「FAMILIA」。恐ろしい曲が生まれた」と言っています。

最高の監督、出演者、主題歌などの揃った、素晴らしい作品だと思います。映画が、大ヒットすることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました