書けないッ!?第1話ロケ地圭佑歩く夜道、スキンヘッド男銃撃シーンは?

ドラマ

週末の夜に気軽に視聴できるような作品というコンセプトのもと、テレビ朝日が2021年1月期より土曜の夜に新設した30分のドラマ枠「オシドラサタデー」。

その第1弾作品となる「書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」の放送がスタートしました。

脚本を務める福田靖さん自身の体験を重ね、完全オリジナルストーリーとして描くこの作品。主演を生田斗真さん、その妻役を吉瀬美智子が務めます。

今回は、1時間のスペシャル放送となった第1話、その内容と視聴後の感想をお送りします。

スポンサーリンク

書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~ 第1話公式あらすじ予告


売れない脚本家の吉丸圭佑(生田斗真)は、「香坂りり子」というペンネームで活躍中のベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬美智子)、娘の絵里花(山田杏奈)、息子の空(潤浩)と家族4人で平穏な日々を送っている。そう、圭佑は奈美の執筆をサポートするため、家事全般、子どもたちの世話を一手に担う脚本家兼主夫なのだ。
細々と執筆を続けながらも、どこかで「自分には大きな仕事なんてくるはずない…」と思い込んでいる圭佑に、ある日1本の電話が…。その電話の相手は、東西テレビのプロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)。なんと、圭佑にゴールデンタイム枠で放送する連続ドラマのメインライターを依頼したいというのだ!
翌日、さっそく東西テレビに向かった圭佑は、東海林、監督・角隆史(小池徹平)、アシスタントプロデューサー・松尾めぐみ(長井短)から、もともとメインライターに決まっていた有名脚本家がケガで降板することになったため、急きょ自分に白羽の矢が立ったことを聞かされる。さらに、ストーリーはおろか、企画内容、タイトルすら何も決まっていない状況にも関わらず、主演俳優だけは、すでにトップスターの八神隼人(岡田将生)に決定していると聞き、あ然とする圭佑…。そんな圭佑に、東海林は「時間がないから明日までに刑事ドラマでストーリー案を考えてきて!」と、いきなりのむちゃブリ!
突然の大抜てきに大喜びする奈美を横目に、大変なことになってしまったと頭を抱える圭佑――。奈美にお尻を叩かれ、なんとか階段下の執筆スペースに向かうが……何も思い浮かばないッ!
圭佑は忙しくなることで、愛する家族や娘・奈美のサポートができなくなるのではないか、と心配する義父母・篠田重幸(小野武彦)と芳恵(梅沢昌代)、そして絵里花目当てに毎日のようにやって来る空の家庭教師・仙川俊也(菊池風磨)らに見守られながら悪戦苦闘! しかも、どんどん追い詰められていく圭佑の前に、謎めいたスキンヘッドの男(浜野謙太)まで現れて…!?
のんびりと穏やかに暮らしていた圭佑の生活が一変、ドタバタの毎日が幕を開ける――!

<引用>書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~ 公式

スポンサーリンク

書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~ 第1話ロケ地

アトラス調布 東京都調布市富士見町3丁目21

原稿案が浮かばずに困った圭佑が家を出て歩いていた場所

調布市役所前 東京都調布市小島町2-35-1

圭佑の目の前に突如現れたスキンヘッドの男が女性を撃つ幻想から、ドラマの構想が浮かんだ場所

公式HP:

調布市ホームページ
東京都調布市の公式ホームページです。

スポンサーリンク

書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~ 第1話撮影協力一覧(エンドロール)

映画のまち 調布 京王電鉄株式会社 アトラス調布

書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~ 第1話の感想

生田さん演じる冒頭の圭佑の雰囲気、「俺の話は長い」でかつて生田さんが演じた満とどことなく似ているような気がしました。

そんな圭佑に突如として舞い込んできた、連ドラのメイン脚本家としての依頼。タイトルが「書けないッ!?」なので、すんなり書けるとは思っていませんでしたが、かなり苦戦していましたよね。

謎のスキンヘッド男が現れたことで閃いた「刑事ウルフ」のアイディア。徹夜で原稿を仕上げたにも関わらず、あっさりと却下されてしまったのは、さすがに気の毒でした。

その後の女子校教師案はOKが出たものの、2日で本にして欲しいとの無茶ぶり。しかも、途中で俳優からの設定追加依頼。脚本づくりは未知の世界ではありますが、今回の放送を見ただけでも、ひとつのドラマを仕上げることの大変さを見せつけられました。

それにしても、空の学校のイケメン先生の話。ドラマの中の話だと分かっていても、圭佑同様「マジで!?」と突っ込みたくなるようなものでしたね。

空の家庭教師・仙川役の菊池風磨さんのキャラクターも、嫌いじゃないです。空にも突っ込まれていましたが、全然勉強教えてないですよね。

奈美の支えもあって、ようやく脚本に着手できたのも束の間、第2話の脚本家らは若手脚本家が執筆に加わるようですね。圭佑、どうなってしまうのでしょうか。

気になる第2話は、1月23日よる11:30からの放送となります。お楽しみに。

書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~ 第2話予告


ゴールデンタイムの連続ドラマのメインライターに抜てきされた脚本家兼主夫・吉丸圭佑(生田斗真)は、『富豪教師』というタイトルで人気俳優・八神隼人(岡田将生)主演作の執筆を始める。第1話の締め切りまで時間がなく、追い詰められた圭佑は突然現れたスキンヘッドの男(浜野謙太)に失敗を予言されるという妄想に取りつかれ大パニック! そんな圭佑の姿を見た妻でベストセラー作家の妻・奈美(吉瀬美智子)は、口述筆記での手伝いを申し出る。

しかし、それを知った奈美の秘書・秦野ゆかり(野村麻純)は、小説執筆のさまたげになると猛抗議! また、家事を手伝うはめになった娘の絵里花(山田杏奈)や息子の空(潤浩)も不満タラタラ…。一方、吉丸家にやって来た空の家庭教師・仙川俊也(菊池風磨)は、夕飯作りを手伝いながら気になる絵里花とおしゃべりができて、ひとり有頂天…と、なんだかんだ言いながらもフォローしてくれた家族&仙川のおかげで、圭佑はなんとか第1稿を書き上げる。

完成した脚本を手にいざ東西テレビへ向かった圭佑だが、プロデューサー・東海林光夫(北村有起哉)、監督・角隆史(小池徹平)、アシスタントプロデューサー・松尾めぐみ(長井短)の「予想より面白い」という感想にホッとする間もなく、翌日締め切りという鬼のスケジュールで修正を指示されてしまう。さらに如月翔(小越勇輝)という将来有望な若手脚本家が第2話から執筆に加わると告げられて…?

なんだかモヤモヤした気持ちのまま帰宅した圭佑が、洗面台で顔を洗っていると、突然浴室からスキンヘッドの男が! 男はパニックになる圭佑の痛いところをようしゃなく突いてくる…。
心身共にギリギリの状態でようやく第1話の脚本は大詰め、ドラマの撮影に向けて動き出そうとしたその時! 八神の思いつきによって、圭佑は大きな修正を強いられることになり…?

<引用>書けないッ!?~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~ 公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました