干物グラドル吉野七宝実 釣りや魚にはまるきっかけは?出身経歴家族、彼氏の噂は?

女性芸能人

2019年、突如Twitterにアップされた干物だらけのバスルーム写真。そこに映るのは、もはや全裸にしか見えない際どい水着姿の美女が。

この人物こそが『干物グラドル・吉野七宝実』で、なんと干物を水着に見立てたギリギリ過ぎる自撮りで世間をザワつかせました。

30歳を目前にしているとは思えないボディラインを披露し、自身で釣り上げた魚の干物を身に纏う吉野さん。

「三度の飯と、酒が好き」というキャッチフレーズをお持ちだったりと、気になることが多すぎる吉野七宝実さんに迫って行きましょう!

スポンサーリンク

干物グラドル吉野七宝実 釣りや魚にはまるきっかけは?

吉野さんが釣りにはまったきっかけは、初めて行ったカツオ釣りだったそうです。

この頃はフリーランスに転向した時期で、プライベートに割ける時間が増えたことから何気なく挑戦してみたのが釣りなんだとか。

この時、初めての海釣りにも関わらず見事カツオを釣り上げた吉野さんは、そのカツオの美味しさに魅了されてすっかり釣りにはまってしまったようです。

船舶免許も取得し、実際に操舵する場面も。

こんなにも釣りに魅了されたのは、きっと自身で釣り上げた達成感と充実感が最高のスパイスとなったのでしょう。

そして、もともと料理好きだったこともあり魚を長期保存する為に自宅で干物を作り始め、『グラビア×干物』という新しいジャンルを生み出しました。

マグロの皮をなめして『マグロスーツ』を作ったり、かなりの料理上手(笑)吉野さんが出演するVR作品『バーチャルダイブ 干物な彼女 吉野七宝実』も好評です。釣りに関する仕事も増え『釣り好き24時』というYouTube番組に出演しており、巨大な魚と水着姿で添い寝するなど、身体を張ったロケスタイルがウケているようです。

今では釣り好きのファン、グラドルのファンとハッキリ二分化していると話していました。

フリーランスだからこそ実現した『干物水着』ですが、今後新たな挑戦者が現れるでしょうか?非常に楽しみであります(笑)

スポンサーリンク

吉野七宝実 出身経歴家族、彼氏の噂は?

千葉県出身で、短大在学中からモデルとして活動していた吉野さん。当初はスポーツ女子として売り出しており、ボルダリング専門誌の表紙をかざるなどしていました。

競輪専門チャンネルでキャンペーンユニットに選出され、スピーチーズの一員として活動していたこともあります。

他にもガールズおむすびカフェ『ガルむす』で勤務したり、オタ芸ユニット『WKAS』を結成し中国・上海で動画配信を行っていたこともあり、チャレンジ精神旺盛でアグレッシブさがうかがえます。

スターレイプロダクションに所属していましたが、今はフリーランスに転向。グラドルの枠にとらわれない自由な発想がウケてブレイク中。

トーク番組ではかざらない性格が炸裂し、かなりぶっちゃけた話が聞けちゃったりします。

家族は兄が2人と弟が1人の4人兄弟。『実家はいいのう』とツイートした自撮りに猫が写っていました。釣った魚をお裾分けしたり、ご実家にはよく行かれるようですね。ご両親や兄弟の写真は見つかりませんでしたが、家族仲の良さが伝わってきます。

そして、気になる男性関係について!

彼氏の存在を匂わせるツイートを発見しました。これは、まさか!?と思わず飛びつきましたが、吉野さんのお茶目なフェイクツイートでした。

改めて確認していくと、吉野さんは現在独身。

残念ながらこれくらいしか情報がありませんでした。

妙齢のこんなにも美しい女性を世の男性が放っておくはずがないのですが、過去にも現在にも話題になった恋人情報は発見できず。

フリーランスになり今は仕事が優先なのかも、と思いましたが世の男性陣に朗報です!唯一見つけたインタビュー記事では好きなタイプは筋肉質な人、男性に食べさせたい手料理は筑前煮とありました。

恋愛に興味がないというわけではなさそうです。

さらに『恋愛は駆け引きを楽しみたいタイプかも。男性を泳がせてます(笑)』と余裕なコメントがあったので、もしや密かに楽しんでいる恋の駆け引きがあるのではと思っています。

ちなみに、釣りに関して口を出されるのは嫌いなようなので、釣り関係者の可能性は低いのかなっとよんでいます。

スポンサーリンク

まとめ

衝撃の干物グラビアで世にその名を知らしめた吉野七宝実さんはいかがでしたか。

彼氏や恋愛についての情報がまったく掴めませんでしたが、1月21日放送の『アウトデラックス』に出演されるので、マツコさんが聞き出してくれるかも。

釣りやグラビアのお仕事だけでなく、TV出演も増えてきているので吉野さんを目にする機会が増えること間違いなし!

『干物カレンダー』を製作中という話もあり、自宅に干物グラドルカレンダーが飾られる日がやってくるのではと期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました