にじいろカルテ第1話ロケ地真空母のラーメン店、雨宿りする公園、赴任した虹ノ村診療所?

ドラマ

数々のヒットドラマを生み出した岡田惠和さんが新たに脚本を手掛けるのは、2021年1月期にテレビ朝日系で放送されるドラマ「にじいろカルテ」です。

難病を発症したことにより、救命医の道を絶たれることとなった紅野真空が、山奥の小さな村に移り住み、そこで医師としての再スタートを切るというところから始まるストーリー。

主演は、このドラマが初の医師役という高畑充希さん。そんな高畑さんが、「『明日も頑張るか!』という気持ちになれるドラマ」と語るこの作品。先ずは第1話の内容からご紹介していきます。

スポンサーリンク

にじいろカルテ 第1話公式あらすじ予告


鬱蒼とした森を抜け、怪しげなバスに乗り、山奥にぽつんと佇む虹ノ村診療所にやってきた、1人の医師・紅野真空(高畑充希)。東京の大病院の救命救急の現場からやってきた彼女には“ある秘密”があったー。
降り立った村のバス停で迎えを待っていると、まるで座敷童のような少女が真空に手招きをしていた。導かれるように、村唯一の食堂「にじいろ商店」の中へ入ると、そこにはまるで妖怪のように個性豊かな虹ノ村の村人たちが大集合していて…?
やがて案内された診療所で、「本業は農家だ」と豪語するツナギにグラサン姿のヘンテコ外科医・浅黄朔(井浦新)と、超絶優秀ながらすぐキレる若き前髪ぱっつん看護師の蒼山太陽(北村匠海)と、真空は一つ屋根の下で暮らすことになるのだが…?

たとえ、望んでいた人生と違っても。
愛する人の顔を忘れてしまっても。
医者も、患者も、人間だからー。

人生、雨あり虹あり。
全然スーパーじゃないドクターたちが織り成す、笑って泣けるチーム医療成長譚が幕をあけるー!

<引用>にじいろカルテ 公式

スポンサーリンク

にじいろカルテ 第1話ロケ地

らーめん虎テツ 東京都羽村市小作台1-5-12 松永ビル 1F

真空の母が営むラーメン店

HP「食べログ」:

らーめん つけめん 虎テツ (小作/ラーメン)
★★★☆☆3.37 ■予算(夜):~¥999

上今泉第一児童遊園 神奈川県海老名市上今泉4-949-41

雨宿りをする真空が霧ヶ谷と出会った公園

山の目 神奈川県相模原市緑区名倉

虹ノ村に向かうバスの中から見えた山にある2つの目

尾県郷土資料館 山梨県都留市小形山1565-1

真空が着任した虹ノ村診療所 兼 真空の住まい外観

公式HP:

尾県郷土資料館|都留市
尾県郷土資料館開館のお知らせ令和3年1月16日より開館いたします。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、令和2年12月末から臨時休館していましたが、感染症対策を徹底したうえで、令和3年1月16日(土曜日)より開館いたします。ご来館の際はマスクの着用と、手指の消毒にご協力をお願いい...

スポンサーリンク

にじいろカルテ 第1話撮影協力一覧(エンドロール)

尾県郷土資料館 都留市・都留市教育委員会 秋山富岡地区 上野原市
農業法人 藤野倶楽部 青野原野呂ロッジキャンプ場 相模原市 自治会法人葛原
葛原神社 さがみはらフィルムコミッション らーめん虎テツ
海老名シティプロモーション

にじいろカルテ 第1話の感想

真空が東京で生き生きと働くシーンから、いきなりの発症シーンには驚かされましたが、「多発性筋炎」という病気について無知であったため、最後に告白されたほどの難病だとは想像すらできませんでした。

ラーメン店を訪れたシーンからすると、おそらく母親には告げていないようでしたが、これも、奨学金返済の心配もしていたので、余計な心配をかけたくないだけと思っていました。

そんなときやってきた、虹ノ村との運命のような出会い。視聴を終えて振り返ると、村民からの熱烈な歓迎を受けながらも、不安でいっぱいだったのかもしれないですね。

着任早々、歓迎会の最中の事故対応、そして急患。命を救った後の真空の涙ながらの告白には、こちらも涙が溢れてきました。

発症し、勤務先では「患者となった医師は必要ない」と言われたのに、ここでは「最強だ」と受け入れてもらえた。真空にとって医師としての居場所を見つけた瞬間だったのではないでしょうか。

緊急事態に、村民一人ひとりができる“何か”を探して助け合う姿も、素晴らしく、岡田作品らしさを感じました。

また、第1話の中では、雪乃のセリフに「らしい」ばかりつくことが気になりました。姿が見えなくなった時の晴信の慌てぶりも普通ではなかったのですよね。HPの相関図によると認知症を患っているようなので、今後の病状が気になるところですね。

にじいろカルテ 第2話公式予告


「わたし、嘘をついていましたー。」
ついに秘密を告白した内科医・真空(高畑充希)だが、“医者で患者、最強じゃん?”という
温かい言葉と共に、改めて、虹ノ村診療所での日々がスタートする。

翌朝、虹ノ村診療所には衝撃の大行列がズラリ!?待望の内科医の登場に、お年寄りたちは大はしゃぎ。孫についての悩みや、畑で獲れた冬瓜のプレゼントなど、診察に関係ないことまで、熱心にじっくり向き合い、寄り添う真空。往診先で出会った一人暮らしのおばあちゃん、佐和子(水野久美)からも、スマホを買ったが話す相手がいないと相談され「いつでも話し相手になる」と申し出てしまい、さっそくかかってきた電話にも丁寧に対応する始末。

期待に応えたい、と張り切る真空だが、その要領の悪さに、患者の待ち時間は増える一方…朔(井浦新)と太陽(北村匠海)の心配は募って行く。

連日の診療所の大行列に、真空自身の体調も密かに悪化してゆくが、仲間に頼ることができずにいる真空。そんなある日、ある患者の“優しい嘘”を見逃してしまう…!

まさかの診断ミス、救えるはずの命が危機に…!?
人の絆を大切にしたいだけ。なのに仲間を想う心はすれ違う――。
果たして、3人は消えゆく命を救い、チームになることができるのか…?

<引用>にじいろカルテ 公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました