映画樹海村あらすじネタバレは?原作は何?結末はどうなる?

映画

富士の樹海を舞台に繰り広げられる「犬鳴村」に続く「実録!恐怖の村シリーズ」第2弾の映画が樹海村であり、2021年2月5日に公開されます。

この映画樹海村のあらすじネタバレはどのようになっているのでしょうか。また、原作となっているのは何なのでしょうか。さらに、結末はどのようになるのでしょうか。

この記事では、映画樹海村のあらすじネタバレを紹介するとともに、原作は何をもとにしているのかということ、結末はどうなるのかということについてまとめていきます。

スポンサーリンク

映画樹海村あらすじネタバレは?

絶対に入ってはいけないといわれている富士の樹海を舞台にして恐怖のドラマが繰り広げられます。しかし、映画樹海村の詳しいあらすじは明らかになっていません。

公開されている予告映像によれば、暗闇の中に「コトリバコ」と呼ばれている青白い箱がボーっとした感じで映し出されています。この箱を発見してしまった主人公の姉妹が、恐ろしい恐怖体験に巻き込まれていくという設定になっているようです。しかし、コトリバコが何を意味しているのかということは明らかにはなっていません。

ストーリーを判明している限りで説明しますと、先ほども述べましたように富士の樹海がテーマとなります。富士の樹海には呪いが封印されていたのです。それはとても恐ろしいもので、ずっと前から伝わってきたものでした。呪いというのは非常に広い面積を誇る樹海の中でもかなりの奥の方に封印されていました。

樹海ではずっと前から、たくさんの人々が行方不明になっていました。樹海の中で行方が分からなくなってしまった人の中には、自殺願望があった人もいれば、樹海の持つ呪いのパワーに引き寄せられてしまった人もいるということです。

この樹海で、主役である天沢響と天沢鳴姉妹の前にコトリバコと呼ばれる箱が出現してしまったのです。このことを契機として、タダでも恐ろしい富士の樹海に、さらなる恐怖がのしかかることになります。

樹海をめぐる呪いと主人公たちとコトリバコとの関係が物語の展開に大きな影響を与えていくようです。いったいどのような恐怖が待ち構えているのでしょうか。

福岡県の恐怖の伝説を舞台にした映画である犬鳴村の恐ろしさもすさまじいものであったのですが、前作を受けて、第2弾となる樹海村もそれを超えるような恐ろしさとなる感じです。いったいどのような恐怖を観客は味わうことになるのでしょうか。

多くの恐怖の映画をリリースしてきた清水崇監督の作品であるだけに、恐怖への期待はかなりのものとなっています。

スポンサーリンク

原作は何?結末はどうなる?

樹海村の原作となったのは、竹書房から2021年1月21日に発売された久田樹生さんが書いた「樹海村(小説版)」です。久田樹生さんは、徹底的に行う現地での取材をもとにして恐怖の伝説をルポルタージュ風に書くことを得意としている恐怖小説の申し子のような方です。 代表作に『「超」怖い話 怪怨』、『「超」怖い話ベストセレクション 怪業』、『怪談実話 刀剣奇譚』(竹書房文庫)などがあります。

平安時代に大噴火が起こり、その時の溶岩の上に形作られてきたのが富士の樹海です。さらに噴火を重ね、江戸時代の噴火においては、富士の近くに存在していた村々では、噴石や火山灰などによって破壊が進み、壊滅状態となってしまいました。

そのような噴火によって犠牲となった人々の怨念が渦巻いているところに、自殺する場所を求めてきたものの失敗して生き延びた人や死にきれなかった人々が暮らしている樹海村が存在しているというのが原作の舞台設定となっているようです。

ただし、この小説は2021年2月5日という映画の公開日からきわめて近い日に出版されているので、映画の内容を小説にしたものということもできて、厳密には原作といえるのかどうかは微妙なところとなっています。

映画樹海村の結末についてですが、あらすじも詳しくは明らかになっていないのでなかなか分からないところです。おそらくは、主人公の姉妹を中心にコトリバコの伝説や樹海にひそんでいる呪いの話や樹海で行方不明になった人々のことが語られていってストーリーが展開していくことになるのではないかと思われます。

前作である犬鳴村では恐ろしい衝撃の結末を迎えることになりました。そうでありますので、この系譜をつぐことになる「実録!恐怖の村シリーズ」である映画樹海村も幸せな穏やかな結末を迎えるということは考えにくいでしょう。おそらくは、戦慄のラストシーンということになるのではないでしょうか。

いずれにしても2020年2月5日の映画樹海村の公開が待たれるところです。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで恐怖の映画である樹海村についてあまり詳しい内容は明らかになっていませんが述べてきました。ここまでをまとめると以下のようになります。

・樹海村は、富士の樹海を中心として展開する恐怖映画であり、主人公の姉妹とコトリバコとの関係を中心として、身の毛もよだつような恐怖のストーリーが展開することになります
・樹海村は前作で第一弾であった犬鳴村がそうであったように非常に過酷な展開が予想されるので、ハッピーエンドは考えにくいです

いったいどのような恐怖が観客を待ち受けているのか恐ろしくも楽しみであります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました