映画すばらしき世界あらすじネタバレは?原作は何?モデルとなった話は?

映画

映画「ゆれる」「ディア・ドクター」などの作品で多くの映画賞を受賞した西川美和監督。

オリジナル脚本の作品ばかりを制作し発表してきた彼女が惚れ込み、初めての原作ものに挑戦した作品「すばらしき世界」が2021年2月11日に公開されます。

日本を代表する俳優の1人である役所広司さんを主演に迎え、仲賀太賀、長澤まさみ、橋爪功、キムラ緑子といった豪華キャストが集結した話題作です。今回は、この映画「すばらし世界」についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

映画すばらしき世界あらすじネタバレは?

舞台は北海道。

冬の旭川刑務所から1人の男が刑期を終え、刑務官に見送られながら出てきます。
三上正夫というその男は刑務所を出ると、静かな足取りで身元引受人である弁護士・庄司の元へと向かうのでした。

一方、そんな三上の存在に注目したのはTVプロデューサーの吉澤。吉澤は、前科者である三上が社会に復帰し、幼いころに生き別れた母親と感動の再会を果たすというストーリーを思い描き、ドキュメンタリー番組を制作しようと考えていたのです。

そんな吉澤からの依頼で三上に取材を行うことになった津乃田は、早速三上に近づくため

三上の”身分帳”に目を通し始めます。刑務所の受刑者たちが自身の経歴や生い立ちを事細かに記した”身分帳”には、三上が自分自身の過去を事細かにびっしりと書いていました。
そして、そこには人生の大半を刑務所で過ごしてきた三上の生い立ちや元殺人犯であるという真実が記されていたのです。

そんな”元殺人犯”という事実に少しばかりの恐怖を覚えた津乃田は、戸惑いながらも三上の元を訪れます。

しかし、そんな津乃田の前に現れたのは”元殺人犯”という雰囲気を感じさせない、人懐っこい性格の三上だったのでした。

そして”身分帳”に記されていた内容からは想像もつかなかった三上の姿に困惑しながらも、取材の申し入れをする津乃田。

そんな津乃田に三上は、取材を受ける代わりに消息不明の母親を探してほしいと伝え、ついに三上の新生活がスタートするのでした。

そのな、三上の姿を追い続ける津乃田。しかし、前科者である三上の職探しは思うように行かず、怒りの制御ができない三上は行く先々で声を荒げてしまいます。

そんな三上にプロデューサーの吉澤は「社会のレールから外れた人間が、壁にぶつかりながらも更生していく姿を全国放送で伝えたい」と訴えるのでした。
しかし、そんな三上に衝撃的な事件が起こってしまいます・・。

スポンサーリンク

原作は何?モデルとなった話は?

・原作は?
今回西川監督が、初めての原作ものに挑戦したという理由には、原作の小説「身分帳」に惚れ込んだからという事があげられます。
この「身分帳」は、作家・佐木隆三さんが1990年に発表したノンフィクション小説で、実在する元殺人犯をモデルに執筆されています。

・作家・佐木隆三さん
ノンフィクション作家として知られる佐木隆三さんは、1976年に実在する連続殺人鬼をモデルにした小説「復讐するは我にあり」で直木賞を受賞しその名を広めました。
この「復讐するは我にあり」は、1979年に俳優の緒形拳さん主演で映画化され、その年の映画賞を独占するほどの大ヒットとなっています。
その後も、実際に発生した事件をモデルに新しい小説を発表した佐木隆三さんの作品は、多くの作品が映画化されていますよ。

・映画「すばらしき世界」のモデルの人物は?
今回の映画「すばらしき世界」のモデルとされているのが、田村義明さんという男性です。
幼い頃に母と離れ孤児院で育った彼は、引き取られた家庭で上手くいかず12歳の時に少年院に収容されてからは、非行を繰り返し各地の少年院を転々としていたようです。
そして、暴力団の構成員となった彼は、出所しては刑務所に戻るという生活を繰り返しついに33歳の時に殺人事件を起こしてしまい懲役10年を言い渡されてしまいます。

そんな田村さんを佐木さんが小説にしたのには、田村さん自身が佐木さんに「自分の事を小説にしてほしい」と自身の”身分帳”を送ったことが始まりなようです。
すでにノンフィクション作家として知られていた佐木さんだったからこそ、自身の全てが記されている”身分帳”を送ったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ノンフィクション小説が原作の映画「すばらしき世界」は、一度社会のレールから外れてしまった人が生きていくにはとても生きにくい現代を、まっすぐ正直に描いた作品のように感じます。
しかしそんなストーリーであるにも関わらず「すばらしき世界」というタイトルで制作されたという意味に、西川美和監督の作品に対する思いも感じられる一作になっているのではないでしょうか。
豪華キャストが、集結し届ける映画「すばらしき世界」に注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました