モコミ第2話ロケ地?萌子美がイヤホン拾った歩道橋、観とラーメン食べた飲食店は?

ドラマ

小芝風花さんが、彼女にしか見えない“モノ”の感情を読み取ることができる不思議な女性・清水萌子美を演じているドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」。

初回放送での萌子美の様子は、汚れを知らないピュアな心そのもの。でも、その様子は周囲、特に母・千華子には風変わりと取られてしまっているようです。

でも、そこに現れた祖父・観が気持ちを理解してくれたことで、萌子美の心にも変化が起こるようです。どんな出来事が起こったのか、第2話のストーリーを見ていきましょう。

スポンサーリンク

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第2話公式あらすじ予告

 清水萌子美(小芝風花)は同居を始めた祖父・須田観(橋爪功)にずっと気になっていることを相談。萌子美の母・千華子(富田靖子)は自分の父親とはいえ、わだかまりのある観に萌子美が頼るのを見て複雑な気持ちになる。
千華子はさらに、萌子美の言った「窓が泣いている」という言葉が引っかかっていた。千華子は萌子美が幼い頃から、他の子とは違う言動を見せるたび心配を募らせてきたのだ。
萌子美が観に打ち明けたのは、勤める工場の窓のことだった。窓が泣くのを見たくないという萌子美の気持ちを観はあっさりと受け止め、「俺に任せろ」と孫を安心させる。
萌子美は通勤の行き帰りに、兄・俊祐(工藤阿須加)が父方の祖父から引き継いだ花屋に立ち寄るのを楽しみにしていた。この花屋で花たちとの会話をするのは、学校を休みがちだった小学生の頃から萌子美にとって心安らぐ時間だった。萌子美は俊祐が初めて仕入れたというバラを見て、顔を曇らせる。あまり長くもたないことに気づき、そのことを兄に告げるが…。
ある夜のこと。萌子美は家族に工場でのアルバイトを辞め、以前からやってみたいことに挑戦したいと伝える。しかし千華子は、人と接するのが苦手な萌子美にはいまの仕事が合っていると、娘の話を聞こうとしなかった。萌子美の父・伸寛(田辺誠一)はふたりのやりとりを聞いて、複雑な表情を浮かべる。実は伸寛にも家族に話があって…。

<引用>モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 公式

スポンサーリンク

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第2話ロケ地

味の素スタジアムから飛田給駅方面に向かう歩道橋 東京都調布市飛田給1-34

萌子美がフードデリバリーの男性が落したイヤホンを拾った場所

喫茶JOY 東京都台東区浅草3-37-6

萌子美と観がラーメンを食べていたお店

スポンサーリンク

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第2話撮影協力一覧(エンドロール)

株式会社 ふじ花園 株式会社 河坂製作所 映画のまち調布・調布市

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第2話の感想

今回のお話、萌子美の苦しい気持ちが十分なほど伝わってきましたね。

千華子は萌子美の気持ちを全く理解していなかったようです。萌子美の訴えを子どもの戯言と決めつけ、その発言と向かい合ってこなかったという印象を持ちました。

更に、学校に行かない=間違ったこととして、その姿を隠し、やりたいことがあっても、「コミュニケーションができないあなたには無理」と頭から否定。仕事をやめる自由すらも与えられていないようでした。

それだから萌子美は余計に内向的になっているようでした。以前見かけたフードデリバリーの青年が落としたイヤホンも、千華子の言葉が過り、渡すことができませんでした。

対して、観は萌子美の気持ちを受け止めてくれました。窓が泣くのを見たくないからバイトに行きたくないと言えば、俊祐と掃除に向かい、夕飯を一緒に食べた際には、“ラーメンには箸”と決めなくていいと諭してくれました。

その言葉に背中を押され、萌子美はバイトをやめると決意したのですね。そして、相手が自分を避けていたのではなく、自分が壁を作っていただけということにも気づきました。

こうして自分の殻を破り、千華子にも思いをぶつけた萌子美。俊祐のお店で働けることになり、一歩前進ですね。あの渡せなかったイヤホンも、渡せるときがやってくるのでしょうか。

でも、そこに舞い込んできた新たな問題。萌子美の件で打ち明けるタイミングを逃していた伸寛、実は事務所をたたんでいたようです。清水家は一体どうなってしまうのでしょうか。第3話も楽しみですね。

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 第3話予告


清水萌子美(小芝風花)は念願が叶い、兄・俊祐(工藤阿須加)が経営する花屋で働き始める。しかし、なれない作業が多くて失敗ばかり。1人で店の留守番を頼まれた際も、イヤホンを拾った青年(加藤清史郎)を見かけてつい追いかけ、予約の花を受け取りに来た客の対応が出来ず、迷惑をかけてしまう。
俊祐はバイトの依田涼音(水沢エレナ)から、従業員を増やすなら時給を上げてほしいと不満を言われる。それでも、萌子美が自分から初めてやりたいと言い出したことだけに、兄としてその思いを大切にしたかった。一方、母・千華子(富田靖子)は人とコミュニケーションを取るのが苦手な萌子美に客商売が務まるとは思えず、工場のアルバイトに戻ることを内心望んでいた。
そんな千華子と夫・伸寛(田辺誠一)の間には微妙な空気が漂ったままだった。千華子は伸寛が相談もなしに経営する税理士事務所を閉め、自宅でのリモートワークに切り替えたことを納得していなかったのだ。伸寛が家にいるようになったのを境に、千華子は夫の昼食を作らないようになる。千華子の父で最近娘一家と同居を始めた須田観(橋爪功)は、千華子のふるまいにあきれてしまう。
萌子美は涼音からフラワーアレンジメントのやり方を教わる。常識にとらわれることなく、花が望んだところに配置する萌子美だが、涼音はアレンジメントのルールに従い、手直し。伝えたい思いはあるものの、それを言葉にできない萌子美だった。その矢先、萌子美は配達で手がいっぱいの俊祐や涼音の代わりに、1人で店の戸締りをすることに。閉店の準備をしていると、新規の客が至急フラワーアレンジメントをしてほしいと頼んでくる。店にはほとんど花が残っておらず、萌子美はどうすべきか悩むが…。

<引用>モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ 公式

モコミ第1話ロケ地萌子美アルバイトする工場、俊祐が営む清水生花店は?
これまで意欲的かつ刺激的な作風でお送りしてきたテレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」枠。この枠で2021年1月期にお送りするのは、初のヒューマン作品となる「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」です。 脚本を手掛けるのは、「僕の生きる道」シリー...

コメント

タイトルとURLをコピーしました