映画トキワ荘の青春出演キャストは?あらすじネタバレは?原作は何?

映画

近頃は複数人で会って話したり食事したりすることもなかなか躊躇われる世の中になってきましたね。そんな中1人で、なおかつ静かに楽しめる趣味として映画鑑賞に注目が集まっているそうです。しかし新作の撮影が遅れたり中止になったりしていることもあり、過去の作品を再度上映するという動きもあるようですよ。

今回ご紹介するのはそんなブームに乗ってデジタルリマスター版の上映が決定した映画『トキワ荘の青春』についてです。出演しているキャストやあらすじについて詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

出演キャストは?

映画『トキワ荘の青春』は1996年に公開された映画です。
若き日の著名な漫画家たちが住んでいたということで有名な豊島区に実在したアパート・トキワ荘で巻き起こる日々を描いた青春映画となっています。
今から20年以上前の作品ということもあり、現在ではひっぱりだこになっているような人気俳優さんたちも、駆け出しの若手俳優として多数出演されています。なんとこの映画が初の映画出演作品になった俳優さんもいらっしゃるようですよ。
では気になるメインキャストを見ていきましょう。

・寺田ヒロオ / 本木雅弘
・藤本弘(藤子・F・不二雄) / 阿部サダヲ
・安孫子素雄(藤子不二雄Ⓐ) / 鈴木卓爾
・石森章太郎 / さとうこうじ
・赤塚不二夫 / 大森嘉之
・森安直哉 / 古田新太
・鈴木伸一 / 生瀬勝久

主演の本木雅弘さんはアイドルグループ・シブがき隊の解散後、演技派の俳優さんとして大活躍されていることで有名ですよね。その高い演技力・表現力でこれまでに数々の映画賞を受賞しています。
特に本木さん主演の映画『おくりびと』は第81回アカデミー賞外国語映画賞だけでなく、第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞などを受賞したことで当時大変話題となりました。

阿部サダヲさんも今や日本映画界になくてはならない名俳優さんですよね。その独特な存在感にも関わらず、コミカルな役からシリアスな役まで見事に演じ、様々な映画に出演しており主演作品も多数あります。
個人的に筆者も阿部さん出演映画のファンですので多くの作品を見ていますが、同じコメディー路線であってもきちんと作品によってキャラクターを演じ分けている印象があります。
大ヒットした主演映画『舞妓Haaaan!!!』では第31回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。

古田新太さんは「劇団☆新感線」の看板役者としても有名な俳優さんですが、テレビドラマや映画にもかかせない名脇役でもあります。
その顔立ちからなのかアウトローな役どころが多いイメージの古田さんですが、新人漫画家役を演じたこの『トキワ荘の青春』がなんと映画出演2作目だったそうです。

『トキワ荘の青春』が映画初出演作品だったという生瀬勝久さんも、今や舞台・映画のみならずバラエティー番組等でも活躍を見せる名俳優さんとなっています。
その出演作品数はとてつもない数であり、近年のものだけに絞っても大ヒットドラマ『あなたの番です』や映画『コンフィデンスマンJP』シリーズ、映画『マスカレード・ホテル』などなど有名作品ばかりです。それだけではなく舞台作品にも数多く出演されていて、まさにひっぱりだこの俳優さんと言えるでしょう。

こんなに豪華なキャストの若かりし頃の姿が一度に見られるなんてとても貴重です!

スポンサーリンク

トキワ荘の青春あらすじネタバレは?原作は何?

映画『トキワ荘の青春』は先述でもご紹介させていただいた通り、東京都豊島区に実在した伝説のアパート「トキワ荘」を舞台にした若き漫画家たちの青春物語です。

物語の始まりは昭和40年代、トキワ荘には主人公の売れない漫画家・寺田ヒロオが住んでいました。そして他の部屋には漫画の神様として有名な手塚治虫も入居しており、彼は当時「ジャングル大帝レオ」などの人気漫画を抱えてとても忙しそうにしていました。

そんなある日、手塚治虫を慕って漫画家藤子不二雄の2人(我孫子素雄と藤本弘)がやって来ますが、ちょうど手塚治虫は引っ越してしまい、その空室に2人は入居することになりました。それを皮切りに少年漫画誌に投稿していた数々の漫画家の卵たちがトキワ荘に集まって来るようになります。
彼らは漫画へ対する情熱を持ちながらも皆貧乏で、兄貴的存在の寺田を頼るようになります。そうして寺田の部屋に集まって漫画談義をするうち、トキワ荘の面々で新漫画党を結成しました。

自分の作品を投稿する漫画家たちの登竜門とも言える少年画報が廃版になってしまうなどのハプニングはあったものの、トキワ荘の面々は諦めずに漫画を描き続けていました。
そしてそのうち、藤子不二雄を始め石森章太郎などの作品が人気となり、彼らの仕事がどんどん増えてゆきました。
そうして1人、また1人と忙しくなっていき、新漫画党の集会には参加できなくなり、やがては寺田自身にも仕事が舞い込み集会自体が開けなくなっていきます。
そんな中、赤塚不二夫は1人スランプに陥ってしまっていました。

寺田の仕事も始めは好調でしたが、次第に彼が描きたいものと担当編集者から求められるものの違いが大きくなり、思い悩んでいました。
そんな時、赤塚が寺田の元にやってきて漫画家を辞めるかどうかの相談をします。寺田は自身も大変な時であるにもかかわらず、赤塚の漫画に目を通しアドバイスをしてあげました。

その後、寺田の同期が夢を諦めてトキワ荘を去ったり、あの赤塚を含むトキワ荘の寺田以外の全員が連載を持つようになったことをきっかけに、寺田は自身の進退について考えるようになります。
ある日、赤塚の声かけでトキワ荘の面々が忙しい中、寺田の元へ集まりました。そしてみんなで寺田を励まそうと一昔前までのような時間を過ごします。
寺田は彼らと最後の時を楽しみ、後日ひっそりとトキワ荘から去っていく・・・という、まさに若者が夢を追いかけた青春の日々の物語となっています。

この映画のストーリーは監督の市川準さんが史実に基づきフィクションとして創り上げたものであり、原作となる小説等は特に無いそうです。
フィクションとはいえ、実在する場所・実在する人物が軸になっているのでとてもリアルに感じますよね。

スポンサーリンク

まとめ

映画『トキワ荘の青春』のメインキャストは主演の本木雅弘さん以外、当時無名に近かった自主映画・小劇団の俳優さんたちが起用されたわけですが、現在このメンバーを改めて見るととても豪華なキャスティングに思えます。
これはキャスティングをした方々に先見の明があっただけでなく、それだけ真剣に役柄に合った人物を有名・無名関係無く選考したということでしょう。
演技が好きで演技を勉強していた無名の若者たちが起用され、そして有名になっていく…というのが、どことなくこの映画のストーリーと重なるような気がします。どの有名漫画家さんも、どの有名俳優さんも、努力したからこその現在の結果であると思うと、なんだかパワーをもらえますね!
映画『トキワ荘の青春』デジタルリマスター版は2021年2月12日より順次公開予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました