サマーウォーズあらすじネタバレは?出演声優はだれ?

映画

大きな反響を呼び、数々の賞にも輝いたサマーウォーズは、全国で公開され、大変な人気のある作品です。

サマーウォーズのあらすじネタバレはどのようなものなのでしょうか。また、サマーウォーズにはどのような声優が出演しているのでしょうか。

この記事では、サマーウォーズのあらすじネタバレをご紹介し、出演している声優についてもまとめていきます。最後までお読みいただけると幸いです。

映画「サマーウォーズ」は
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。
無料お試し!今すぐクリック!
「U-NEXT」は、31日間お試し無料です。
U-NEXTの解約など詳細はこちらをクリック
スポンサーリンク

サマーウォーズあらすじネタバレは?

長野県の上田の大きな家に室町時代からの名家である陣内家の人々は、当主である90歳のおばあちゃんの誕生日を祝福するために、集まります。

このおばあちゃんのひ孫である篠原夏希は大変な美少女です。しかし、おばあちゃんに婚約した人を連れてくると約束してしまったため、年下の今まで彼女のできたこともないパッとしない小磯健二をアルバイトで夏希の彼氏役を演じさせることにしました。健二は数学オリンピックの日本代表になりかけるほど数学が得意でした。

健二は上田に着くと、大変な親戚の多さにびっくりしてしまいますが、そのような健二の携帯に暗号が書いてあるメールが届きます。これを数学の問題であると思った健二は解いてしまいます。そうすると非常に堅牢なセキュリティで守られたOZ(オズ)が人工知能の乗っ取りに遭い、健二がその首謀者であるようにニュースが流れていました。

暗号とは、仮想空間OZのセキュリティであり、それを破るために健二にメールを送ったのは人工知能である「ラブマシーン」でした。OZはラブマシーンに乗っ取られてしまって現実世界は大混乱に陥ります。健二は、暗号を解くことによって知らず知らずのうちにテロリストを支援していたのでした。

開発したのは侘助という一族の人物であったので、責任をとるようにおばあちゃんは迫りますが、自分は関係ないとして侘助はその場を去ってしまいます。

おばあちゃんは亡くなってしまい、健二らはラブマシーンをやっつけるために準備に乗り出します。

ラブマシーンは小惑星探査機を核施設に落とそうとしますが、健二たちは花札でラブマシーンと勝負して、最悪の事態を回避しました。

しかし、ラブマシーンは今度は小惑星探査機を陣内家に落とそうとします。けれども、健二が数学の才能を活かしてそれを防ぎ、ラブマシーンは倒され、平穏な日々が戻ってきます。

あたたかい一族が見守る中、夏希と健二は恋に落ちていくのでした。

スポンサーリンク

出演声優はだれ?

ここからはサマーウォーズに出演している声優の方々についてまとめていきます。

主人公である小磯健二の吹き替えをしているのは、神木隆之介さんです。声優だけでなく、俳優業もされていて NHKの大河ドラマ『平清盛』で源義経役を演じています。 大河ドラマ『義経』で牛若丸を演じており、大河ドラマで作品を変えて、同じ人物の幼少期と成人期を演じました。

サマーウォーズのヒロインである篠原夏希の吹き替えをしているのは、桜庭ななみさんです。校内のアイドル的存在で健二があこがれている夏希は OZのユーザーであるにも拘らず、OZのことをまったく理解していないというコンピューターに疎い高校生ながらも、ここ一番に強く、3度目の一族とラブマシーンとの対決のキーパーソンになりました。

桜庭ななみさんは、俳優業もしており、 ヒロインを演じた映画『最後の忠臣蔵』では高い評価を受け、日本アカデミー賞新人俳優賞など、多数の賞を受賞し、 2019年に放送されたNHK連続テレビ小説『スカーレット』では戸田恵梨香さんが演じるヒロイン・喜美子の妹・直子役で出演しました。
おばあちゃんである栄の吹き替えをしているのは、富司純子さんです。栄は陣内家の当主であり非常に影響力のある人物です。 夏希が「自分の彼」と偽って連れてきた健二を一目で夏希にふさわしい男であると考え、夏希の婚約者に関する嘘がばれてしまった後にも健二に夏希のことを託しています。

栄が一族全員に花札を教えているという設定は、富司純子さんが主演した加藤泰監督の『緋牡丹博徒 花札勝負』へのオマージュであるといわれています。富司純子さんは言うまでもなく数々の作品に出演している大女優です。

このように、サマーウォーズの特徴として、俳優業もしている方が吹き替えを担当しています。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、サマーウォーズのあらすじネタバレと出演声優についてまとめてきました。

この映画は、小磯健二という、あまりさえない感じの数学が得意な高校生がラブマシーンという悪者を退治するというストーリーとなっています。その過程でいろいろな人間の感情の起伏が描かれていて、見る人をひきつけます。

仮想現実のような話でありながら、陣内一族の分離と結束というヒューマンドラマも描いています。機会と人間というデジタルとアナログの世界観を見事に融合することに成功した点が、この作品を非常に際立たせているのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました