おいでやすこが出身学歴経歴は?ピン芸人同士がコンビを組んだ理由は?

芸人

みなさん「おいでやすこが」という芸人さんをご存知でしょうか?

お笑いが好き、バラエティ番組をよく見る、そして2020年のM-1グランプリを見たという方はもちろん知っているかと思います。

今回はそんな現在話題沸騰中の二人について結成の経緯、これまでの経歴などのプロフィール等について知らない方はもちろん、知っている方に向けても改めてご紹介させていただきたいと思います。

404 NOT FOUND | コミックダイアリー
多くの情報を取り扱うマルチメディア
スポンサーリンク

おいでやすこが 出身学歴経歴は?

「おいでやすこが」は“おいでやす小田”さんと“こがけん”さんの二人によるコンビ芸人ではなく現時点ではユニットという位置づけです。ではそんなお二人について一人一人掘り下げていきたいと思います。

まず、“おいでやす小田”さんですが、生年月日は1978年7月25日、NSC大阪校23期生で同期には友近さんなどがおり芸歴的にはベテランの枠といえます。本名は小田芳裕(おだよしひろ)さんといい、出身地は芸名から察せられるとおり京都府です。ちなみに京都府文化観光大使に任命されているそうです。

最終学歴は高卒で、学校は「京都府立北稜高等学校」で、この高校のおいでやすさん以外の著名な卒業生は同じ芸人さんでチュートリアルのお二人、ミキのお二人もこちらの卒業生のようです。お笑い的にはかなり優秀な学校ですね。

大学にも進学していたようですが中退してしまったそうです。というのも大学の昼休みに思い立って衝動的にNSCのパンフレットを取りに行ったそうで、結果的にこれがきっかけで両親の反対を押し切り芸人になることと大学の中退を決意したそうです。このこともこうして現在の活躍を見ていると何か運命だったのかもしれませんね。

ここ最近は正直微妙なところですが、一応ピン芸人として2008年から今まで活動されているおいでやすさんですが、2001年から2008年までの間に二回コンビを組んでおり、コンビとして活動していたようです。またM-1も実は今回が初出場ではなく様々なピン芸人さんと組んでエントリーしていたようで、過去にはゆりやんレトリィバァさんともコンビを組んで出場されていたようです。

次に、“こがけん”さんですが、生年月日は1979年2月14日、NSCは東京7期生として入学し、同期には“もう中学生”さんなどがいます。本名は古賀憲太郎(こがけんたろう)さんといい、出身地は福岡県です。こがけんさんの最終学歴はなんと慶應義塾大学商学部です。めちゃくちゃ賢いんですね!

おいでやすさんもですがこがけんさんもR-1決勝進出者であり、歌ネタ王決定戦でも2020年大会では決勝に進出しています。ピン芸人として実に優秀な二人が組んでいるといえます。

スポンサーリンク

おいでやすこが ピン芸人同士がコンビを組んだ理由は?

ではそんなピン芸人として長らく活動されてきていたお二人がなぜコンビを組み現在ユニットとして活動されているのでしょうか。

一つの理由は、すでに上にも書きましたが、おいでやすさんは色々なピン芸人さんとコンビを組んでネタを披露するということをよくやっていました。というのもコンビ芸人さんも一人がR-1に出場することもありますから、賞レースに出ることでチャンスを広げるという目論見が元からあったわけです。

そして、その中でもこがけんさんと組んでやったネタのウケがよかったため、現在に至るというわけです。実際M-1の2019年大会にも「おいでやすこが」として出場されていたようで、結果は3回戦まで進出していたそうです。

つまり、おいでやすさん的には今まで組んできたピン芸人のうちの一人、「おいでやすこが」も今までピン芸人同士で組んできた数あるユニットの中の一つといった感じですね。

ただもう一つの理由として、M-1で披露したネタの冒頭、いわゆる掴みの部分でも言っていましたが、R-1に年齢制限が設けられてしまい、おいでやすさんもこがけんさんも出場資格を失ってしまったという言ってしまえば大事件があったわけです。

こうした経緯があったため打ち込むもの、目標を失ってしまったため新たな目標として本格的にM-1、そして二人組としての活動に重きを置くようになったというのが現在までの流れです。

そのため見出しに書いたコンビを組んだ理由としては特にこれといった明確な理由はなく、おいでやすさん的には今までもやってきていたことだといえます。ただ本格的に始動した理由としては大きな喪失感に襲われた者同士、そしてお互い実力者ですしネタもうまくいったというこれらの条件が揃ったからだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今のところあくまでもユニットでありコンビ芸人ではない「おいでやすこが」さん、これから正式にコンビとしてやっていくのか、またこれだけ注目を集めているお二人ですからこれから様々なバラエティ番組での活躍が予想されます。そういった意味でもこれからのお二人からは目が離せませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました