水谷果穂出身経歴プロフィールは?本業は何、家族や彼氏の噂は?

女性芸能人

水谷果穂さんは女優、歌手とマルチに活躍する研音所属のアーティストです。デビュー当時からテレビ番組やドラマに数多く出演し、CDデビューをするなど多忙なスケジュールをこなしてきました。

高校を卒業してからは芸能活動に専念しており、さらに勢いが増している水谷さんですが、プライベートではどんな様子なのでしょう。

水谷さんの隣を独り占めしている男性の存在はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

水谷果穂 出身経歴プロフィールは?

水谷果穂さんは1997年11月3日千葉で生まれ、静岡県出身。
163㎝のB型、趣味は読書と料理。
2012年にオーディションを受け研音に所属することになりました。
この当時はまだ中学2、3年生だったと思われますが、学業と両立する為に月に一度だけのレッスンにとどまります。
そんな1年間の下積みを経て、2013年4月にテレビCMデビューを果たしました。
徐々に仕事が増えていくと、静岡から新幹線を使い1時間半かけて現場に通っていたんだとか。
そもそもは、水谷さんのおばあさんが彼女には内緒でオーディションに応募してしまったこで芸能界入りをしたのです。
最終的にオーディションを受けると決めたのは水谷さん自身かもしれませんが、まだ子供と言える年齢の彼女には不自由な生活だったのではないでしょうか。
この仕事に対する向き合い方は大人でも中々真似できない誠実さで、大変好感が持てるエピソードですね。

そして2021年現在は23歳になり、芸能活動歴は約8年となりました。

2013年 大原学園テレビCM「飛びたい気持ち」編
同上7月 テレビドラマ「リアル脱出ゲーム 密室美少女」 女優デビュー
2015年 ファースト写真集『水谷 果穂』発売
2017年 短編映画『明日、アリゼの浜辺で』 主演
主題歌『青い涙』で歌手デビュー

この他にもバラエティ番組『スカッとジャパン』やお天気キャスターをつとめ、2019年にはNHKの朝ドラ『なつぞら』にも出演しています。

水谷果穂 ✕【100質】

こちらの100の質問に答える動画インタビューにて、尊敬する人は「竹野内豊」と答えていました。
竹野内豊さんと言えば、国内外の映画で活躍する世界が知る大スター。
また、目標とする女優は綾瀬はるかさんと公言しており、彼女が常に高い意識を持ってメディアに臨んでいることがうかがえます。
その他の質問にも個性的な回答を披露し独創性を感じました。
可愛いだけでは生き残れない芸能界、これだけ活躍できる人はやはり何か違うもがありますね。
ちなみにとっておきの自慢話は『月に土地を持っていること』と驚きの回答も出ました(笑)

スポンサーリンク

水谷果穂 本業は女優、歌手?家族や彼氏の噂は?

デビュー曲『青い涙』リリース後にワンマンライブを開催し、2018年には大阪城ホールで行われた音楽イベントにも参加。
2019年にファーストアルバム『深呼吸』を発売し、こちらには新曲が10曲も収録されています。
透き通るような歌声は天使のようだとファンからは絶賛されていて、22歳の誕生日には2年ぶりのワンマンライブを行いました。
このように歌手としての活動も注目されていますが、水谷さんはどちらに重きを置いているのでしょうか?
これはあくまで推測ですが、所属事務のスタンスの方が優先されるかと。
研音は所属タレントを歌手・俳優共に『アーティスト』と呼び、歌手のみに限り『ミュージシャン』と呼びます。
同じ事務所に所属する反町隆史さんも過去に歌手デビューをしていることから、歌手と俳優を両立したマルチタレントの育成を目指していると思われます。
このことから、水谷果穂さんは女優と歌手、どちらも本業と言えるでしょう。
実際にそれだけの需要があることが、水谷さんの大きな強みになっているのは間違いありません。

そんな多忙な水谷さんですが、彼女を支える存在が気になりますね。
静岡県にはお父さん・お母さん・妹が2人、そしておばあさんがお住まいのようです。
妹さんではなく水谷さんをオーディションに応募したおばあさんは、なかなかの心眼をお持ちで。
ご家族の支えはもちろんのことですが、より近くで寄り添っている存在がいるのではと睨みましたが、現在そのような情報はありませんでした。
恋人や仲の良い男性がいるのではと思いましたが、今はひたすら仕事に打ち込みたいのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

デビューから現在に至るまで、目まぐるしい活躍をしてきた水谷果穂さんでしたが、彼女が目指すところはもっと上にありそうです。
野心をむき出しにというより、目の前のことに精一杯取り組む姿が好感を呼び、ファンに見守られてきた水谷さん。
勢い衰えることなく駆け抜けてきた8年間に、成長の爪痕がうかがえることで今後への期待も膨らみますね。
これからも、ファンと共に歩む姿勢を忘れずにいて欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました