メン・イン・ブラック日本語版吹替声優はだれ?配信サービスどこで観れる?

映画

メン・イン・ブラックは、1997年に公開されたアメリカ映画で、監督がバリー・ソネンフェルド、プロⅮデューサーがスチーブン・スピルバーグでした。出演者はトミー・リー・ジョーンズ(エージェントK)、ウイル・スミス(役ジェームズ・エドワーズ/エージェントJ)です。メン・イン・ブラックは、「メン・イン・ブラック」(1997年)、「メン・イン・ブラック2」(2006年)、「メン・イン・ブラック3」(2012年)とスピン作品の「メン・イン・ブラック・インターナショナル」(2019年)の4本があります。

バリー・ソネンフェルド監督は、1953年4月1日生まれ、ニューヨーク市出身の映画監督で、1991年に映画「アダムス・ファミリー」で映画監督としてデビューしました。「メン・イン・ブラック」(1997年)、「メン・イン・ブラック2」(2006年)、「メン・イン・ブラック3」(2012年)の監督を務めました。

原作はローウエル・カニンガムのコミック「The Men ㏌ Black」(1990年)が元になっていて、内容はアメリカの都市伝説で、地球に住むエイリアンを監視する秘密機関・MIBの活動を紹介する映画です。エージェントk(トミー・リー・ジョーンズ)はMIBのベテランエージェント、エージェントJ(ウイル・スミス)は、ニューヨーク市警で捜査中にMIBにスカウトされたエージェントです。

2019年6月14日に公開された「メン・イン・ブラック:インターナショナル」は、7年ぶりに製作されたシリーズ初のスピン作品です。製作総指揮は、スティーブン・スピルバーグ、監督はF・ゲイリー・グレイでした。

出演者が、エージェントH(クリス・ヘムズワース)、エージェントM(テッサ・トンプソン)に変わりました。出演者を変えたことについて、F・ゲイリー・グレイ監督は、「ウィルとトミーに対するファンの深い愛情についてはよく理解しています。私たちは彼らの”代わり”を生み出そうとしているのではなく、彼らに新しいチームを加えようとしているのです。」と言っています。

F・ゲイリー・グレイ監督は、1969年7月17日生まれ、ニューヨーク市出身の映画監督です。ロサンゼルスで育ち、1995年に「Friday」で映画監督デビューしました。「ミニミニ大作戦」(2003年)、「ワイルド・スピードICE BREAK」(2017年)などの監督をしました。

スポンサーリンク

メン・イン・ブラック日本語版吹替声優はだれ?

メン・イン・ブラック・インターナショナル日本語版は、吹替声優に、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斉藤司、「ココリコ」の遠藤章造、「次長課長」の河本準一などを起用したことで話題になりました。

エージェントH(クリス・ヘムズワース)は、声優・杉田智和)が吹き替えました。
杉田智和(すぎた ともかず)は、1980年10月11日生まれ、埼玉県比企郡嵐山町出身、株式会社AGRS代表取締役です。高校在学中に日本ナレーション演技研究所主催声優スプリングスクールでミューラス&アニメージュ賞を受賞し、芸能事務所・ミューラスに所属しました。17歳のときに、「仮面ライダー」プレゼント告知ナレーションで声優デビューしました。

エージェントM(テッサ・トンプソン)は、今田美桜(いまだ みお)が吹き替えました。
今田美桜は、1997年3月5日生まれ、福岡市出身、株式会社コンテンツ3所属の女優、グラビアアイドル、タレントです。高校2年生で福岡市天神でスカウトされ、福岡のモデル事務所・株式会社CGEに所属しました。2015年、高校3年で福岡ローカルのTV番組「GeeBee」(テレビ西日本)で初レギュラー出演しました。2016年8月に上京し、現在の株式会社コンテンツ3に所属しました。2021年公開予定の映画「東京リベンジャーズ」に出演しています。

お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斉藤司は、エイリアンのポーニイ(クメイル・ナンジアニ(声))の吹き替えをしています。ポーニーは、新たなキャラクタです。つぶらな瞳のミニミニエイリアンで人気があります。斉藤司は、映画の中で、エージェントHおよびエージェントMと軽快な掛け合いをしています。

斉藤司は、1979年2月15日生まれ、横浜市出身、吉本興業所属のお笑いタレントです。日本大学商学部商学科卒業し、NSC東京校10期です。大学を卒業し、楽天のアルバイトを経て、25歳でNSCに入学しました。2004年にたかしと「トレンディエンジェル」を結成し、2015年M-1グランプリ王者になりました。

「ココリコ」の遠藤章造は、ナサール(ケイヴァン・ノヴァク)の吹き替えをしています。
遠藤章造は、1971年7月13日生まれ、大阪府豊中市服部出身、吉本興業所属のお笑いタレントです。「ココリコ」の相方・田中直樹とは小学校時代からの同級生です。豊中四中で、遠藤が投手、田中が捕手のバッテリーでした。

遠藤直樹は高校卒業後、高松市で事務機器の営業をしていましたが退職し、お笑い芸人を目指して、田中と上京しました。吉本興業のオーディションに合格し、吉本興業東京本社からデビューしました。遠藤は、2002年にタレント千秋と結婚し、2007年12月28日に離婚しました。2015年12月25日に、一般人女性(関根勤の元マネージャー)と再婚しました。

「次長課長」の河本準一は、パサム(ケイヴァン・ノヴァク(声))の吹き替えをしています。
河本準一は、1975年4月7日生まれ、名古屋市緑区生れ、岡山県津山市、岡山市北区育ち、吉本興業所属のお笑いタレントです。NSC大阪校13期です。相方の井上聡(いのうえ さとし)とは、中学時代に野球部で知り合いました。18歳で河本準一と井上聡は、NSC大阪校に入学しました。1994年に井上、山下正人と3人で「次長課長社長」を結成し、山下の脱退によりコンビ名を「次長課長」に変更しました。

スポンサーリンク

配信サービスどこで観れる?

映画「メン・イン・ブラック」シリーズは、1997年から2019年までに4作品が公開されています。3作目までは、トミー・リー・ジョーンズとウイル・スミスのコンビでしたが、4作目はクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンのコンビニ変わりました。

メン・イン・ブラックを配信している動画配信サービスには、U-NEXTFOD、Paravi、music.jp、dTV、NETFLIX、AMAZON prime videoなどがあります。30日間無料お試しとか特典でもらえるポイントを利用すれば、無料でみることができます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斉藤司が、エイリアンのポーニイの吹き替えをしている、メン・イン・ブラック日本語版の吹替声優、映画「メン・イン・ブラック」シリーズの配信サービスについて調査しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました